テーマ:庭園

浄土寺(広島県尾道市) その1 国宝のお寺

浄土寺 その1 国宝のお寺 <その2 その3 その4 参照> お寺の町尾道と言っても過言でないほど山手にお寺が連なる風景は 京都の東山界隈を彷彿とさせる。だが、尾道のお寺は瀬戸内海に面して 建っている位置上境内から明るい瀬戸内海を展望できる妙味がある。 尾道が好きなのもこの辺にある。 浄土寺はこうした寺々の中心的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城福寺 (福井県越前市) <名勝>庭園

1159年平治の乱で平清盛は源氏に勝利し、翌年13歳の源頼朝は捕まるが、 清盛の継母であり平忠盛の正室である池禅尼が清盛に、頼朝の助命を嘆願 し、頼朝は伊豆へ流罪となっている。 後に、源氏が平家を滅ぼした後も、頼朝は池禅尼の恩を忘れず、 池禅尼の実の子・頼盛を優遇し、池一族を優遇している。 その頼盛の子・保盛が1207年に平家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重森三玲のお寺庭園

重森三玲(1896~1975年)は日本有数の庭園家であり、日本庭園史の 研究家でもある。 重森氏が作庭した庭園は、力強い石組とモダンな苔の配置を特徴とする 枯山水庭園が多い。 特に、国指定名勝の東福寺本坊庭園はその代表作といえよう。 私が拝観したお寺の庭園を作庭年代順に見てみよう。 1939年 東福寺本坊庭園(京都市東山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺 (神奈川県鎌倉市) 臨済宗建長寺派大本山

神奈川県鎌倉市の北鎌倉にある建長寺は、1253年北条時頼が 中国僧蘭渓道隆を開山として迎え開創した日本で最初の本格的な 純粋禅の道場である。 日本で最初の禅道場は栄西禅師が1195年九州博多に開創した 聖福寺であるが、本格的な純粋禅道場は蘭渓道隆によって始まった。 蘭渓道隆は厳しい純粋禅を行い、その後京都建仁寺においても純粋禅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵林寺 (山梨県甲州市塩山) 武田信玄の菩提寺

山梨県甲州市塩山の恵林寺は、1330年鎌倉幕府の御家人であり甲斐牧庄領主・ 二階堂貞藤(道蘊)が夢窓国師(疎石)を招いて自宅を禅寺として開創したと 伝えられている。 1305年にも二階堂貞藤は牧庄に夢窓国師を招いて浄居寺を開創し、国師に深い 帰依をしている。 応仁の乱で荒廃したが、武田信玄は快川禅師を美濃から招いて寺領を与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白水阿弥陀堂<願成寺>(福島県いわき市) <国宝>白水阿弥陀堂

<国宝>白水阿弥陀堂は平安時代末期の1160年に、地元の豪族岩城則道の 夫人徳姫によって、則道の菩提を弔うために建立された。 阿弥陀堂の三方を池が囲み、背後には山が迫る浄土式庭園の様式は、 徳姫が奥州藤原清衡の娘であることも手伝って、平泉の毛越寺や無量光院 に倣ったといわれている。 <白水>は平泉の泉の上と下を分けて付けられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉川寺(山形県鶴岡市) <名勝>庭園

山形県鶴岡市の羽黒山(414m)の麓にある玉川寺は、1251年の開創と 伝えられる古刹で、1453年に再興されている。 その再興時に庭園の造成が始まり、1640年代に現在の姿に改修された といわれている。 庭園は蓬莱様式の池泉回遊式庭園で、四季折々の花が彩る。 <東北のお寺一覧>参照 (1)寺名:玉川寺(ぎょくせんじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗鏡寺 (兵庫県豊岡市出石町) 沢庵寺

宗鏡寺は、1392年頃但馬の守護で此隅山城主であった山名氏清が城の 麓(出石町宮内)に山名氏の菩提寺として開創したと伝えられている。 1569年秀吉によって落城し、宗鏡寺や塔頭も荒廃している。 1616年出石藩主・小出吉英が沢庵和尚を開山として迎え現在地に 宗鏡寺と塔頭を再興している。 沢庵和尚は1620年宗鏡寺に庵を結び入山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平等院 (京都府宇治市) 極楽浄土の再現

宇治は源氏物語<宇治十帖>の舞台として、2008年<源氏物語千年紀> の催しが行われたが、平安時代初期から貴族の別荘が営まれた地である。 9世紀末頃、光源氏のモデルといわれる源融の別荘が宇多天皇に渡り、 998年藤原道長の別荘<宇治殿>となった。 1027年道長が亡くなると、その子である藤原頼通は<末法思想>の末法元年 105…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹林寺 (高知県高知市) 四国八十八ヶ所霊場第31番

高知のシンボル的な五台山(146m)頂上付近に建つ竹林寺は 四国の名刹である。 四国霊場の札所であり、土佐の観光スポットでも賑わっている。 五台山からは高知市内や浦戸湾が一望でき、四国霊場の中でも随一の 眺望を持っている。 竹林寺は、724年聖武天皇の勅願により、行基が中国唐の五台山に 擬えて文殊菩薩を祀って開創したと伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円覚寺(神奈川県鎌倉市) 臨済宗円覚寺派大本山

神奈川県鎌倉市のJR北鎌倉駅前に総門のある円覚寺は、 1282年北条時宗が元寇の戦没者を弔うために、中国僧である 仏光国師無学祖元を開山に招いて開創された。 鎌倉時代末期~室町時代に設けられた鎌倉五山の第2位に 位置する円覚寺は、坐禅を通じて修行するお寺として現在も 活動している。 <鎌倉のお寺一覧>参照 (1)寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明月院(神奈川県鎌倉市) 

鎌倉市山ノ内にある明月院は寺伝によると1160年に明月庵として 開創され、1300年代後半に上杉憲方によって中興されている。 現在は、鎌倉観光スポットの一つに数えられ、アジサイの時期には 多くの観光客が訪れ、本堂の円窓から眺める庭園は人気がある。 境内にある<明月院やぐら>には上杉憲方墓と伝わる宝篋印塔があり、 鎌倉地域独特の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音院 (鳥取県鳥取市) <名勝>庭園

観音院の庭園は江戸時代初期を代表する国指定名勝の庭園で、書院からの 座観と庭園の築山上からの鑑賞が妙をなす。 鳥取藩主池田光仲が観音院を庇護し、1650年から10年近くかけて作庭したと いわれている。 観音院は、鳥取藩主池田光仲が岡山から鳥取への国替えにともなって 岡山の宣伝法印を随伴して1632年に開創した鳥取藩主の祈願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光明院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 

東福寺塔頭・光明院の庭園は、昭和時代の代表的な庭園家・重森三玲 の初期作品で、東福寺方丈庭園と同時期の造庭になる。 洲浜型の枯池に多数の石組を配した枯山水庭園である。 周囲に植生されたもみじと一面の苔が絶妙のハーモニーを奏でている。 <苔の虹寺>と呼ばれるのも肯ける気がする。 光明院は1391年に開創された東福寺の塔頭で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一華院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 

東福寺塔頭の一華院は1382年に開創されたと伝えられる。 秋の紅葉シーズンに公開され、お茶席も設けられる。 枯山水の庭園の真中に、一枝が横に長く伸びた依稀松と呼ばれる松が アクセントをつけ、額縁庭園を構成している。 <京都市東山区のお寺一覧>参照 (1)寺名:一華院(いっかいん) (2)住所:京都市東山区本町15-80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年紅葉 庭園の紅葉

お寺の庭園には枯山水と池泉式があるが、紅葉や桜をアクセントとして 取り入れた庭園が増えてきている。 手入れが行き届いた庭園などは紅葉の色も多彩になり、鮮やかさが 保たれているようだ。 一年を通した手入れが想像できる。 2013年紅葉探索の内からいくつかの庭園紅葉を見てみよう。 <南禅院(京都市左京区)>南禅寺塔頭 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺 (京都市東山区) 2013年紅葉

2013年11月23日訪問 紅葉見頃 豊臣秀吉とねねの菩提寺 積極的なお寺で、前衛アートを庭園で実施。 拝観料600円 <高台寺>参照 順路に従って                     祇園閣を望む                      前衛アート …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青蓮院 (京都市東山区) 2013年紅葉

2013年11月23日訪問 紅葉見頃 青蓮院の紅葉の葉は猛暑の影響か少し弱い。 クスノキは益々旺盛。 拝観料500円 ライトアップ実施中。 <青蓮院>参照 順路に従って                       クスノキ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南禅院 (京都市左京区) 2013年紅葉

2013年11月21日訪問 紅葉見頃 南禅院は南禅寺塔頭で、水路閣の側に建つ。 池泉回遊式庭園が見ものである。池には鴨が。 落ち着いた庭園で好みの庭園である。 例年の紅葉と変わらず。 入山料300円 <南禅院>参照 拝観順路に従って。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天授庵 (京都市左京区) 2013年紅葉

2013年11月21日訪問 紅葉見頃 南禅寺の塔頭で庭園が見ものである。 東庭:枯山水  南庭:池泉回遊式庭園 本堂内は拝観不可。順路に従っての拝観となる。 入山料400円 <天授庵>参照                     東庭から三門
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛輪寺 (滋賀県愛荘町) 2013年の紅葉

2013年11月16日訪問。見頃近し。 湖東三山(百済寺、金剛輪寺、西明寺)の一山で、紅葉の名所。 本堂が国宝で、庭園は国指定の名勝。 総門から本堂まで長い登りの参道が続く。 駐車場完備。入山料500円。 <金剛輪寺>参照。 駐車場から総門に入り、本坊・庭園を経て最奥の本堂まで歩く。              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天徳寺 (福井県若狭町) 若狭三十三観音霊場第9番 瓜割の滝

杉や檜が林立する<水の森>と呼ばれる天徳寺の境内奥に湧き出し、小さな 滝のように流れる名水<瓜割の滝>は、山あいの岩間から湧き出る清泉で、 1年中水温が変わらず、夏でも水につけておいた瓜が割れるほどの冷水である ことから、<瓜割の滝>と呼ばれたらしい。 日本名水100選にも選ばれており、瓜割名水公園なども整備されている。 名水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田寺 (滋賀県米原市) 長沢御坊

福田寺は、683年天武天皇の勅願により地元豪族・息長宿禰が施主となって 布施寺として開創したと伝えられている古刹である。 鎌倉時代末期に本願寺覚如上人が訪れ、当時の住職が上人に帰依して 浄土真宗に改宗している。 延徳年間(1489~92年)には蓮如上人が逗留し、湖北に浄土真宗を 広く浸透させている。 その後現在地に移転し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

専修寺(三重県津市) その2 真宗高田派本山

1225年親鸞聖人が関東一円の布教の途次、縁あって栃木県二宮町の 高田に専修念仏の根本道場を開いたのが高田派の始まりである。 その後、十代の真慧上人が東海地方の布教拠点として津市一身田に 寺院を建立し、1478年皇室の祈願所となった。 戦国時代には高田の専修寺が荒廃し、高田から一身田に住職を 始め、寺宝なども移されここ一身田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧大乗院 (奈良県奈良市) <名勝>庭園

興福寺の塔頭で、門跡寺院であった大乗院は1869年の廃仏毀釈によって 廃寺となったが、庭園は残され、1995年の発掘調査により2010年復元が 完了し、一般公開されている。 南都随一の庭園といわれ、国の名勝に指定されている。 大乗院は1087年に創建され、住職は摂関家などから出て門跡寺院と なった。室町時代に最盛期を迎え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝定寺 (島根県出雲市) ツツジと睡蓮の庭園

境内全体に数千株の多種類のツツジが植生され、本堂前の庭は 桃山形式の雄大な庭とし、ツツジが山裾に沿って展開している。 本堂裏の庭は二つの池を配し、一つは心字池、その背後には 睡蓮の池が配されている。 その背後にはツツジと木々が配され、奥行きのある庭園を作りだしている。 今回の訪問では、睡蓮の花を愛でることができた。 勝定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

康国寺 (島根県出雲市) 借景枯山水庭園

アメリカの庭園専門誌<Journal of Japanese Gardening>の2005年版で 第8位にランキングされた康国寺庭園は、旅伏山(たぶしさん412m)と 貯水池(錦鏡池)を借景に取り入れた枯山水の庭園で、松江藩主第7代 松平不昧の庭師・沢玄丹により1830年から3年半の歳月をかけて築かれた。 枯山水の白砂と池と山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医光寺 (島根県益田市) <名勝>雪舟庭園

1478年益田七尾城主・益田兼堯の招きで益田に入った雪舟は、翌年 万福寺と医光寺に庭園を作ったと伝えられている。 その庭園が雪舟庭園として国の名勝に指定されており、雪舟を偲ぶ 貴重な資料となっている。 池泉観賞式の石庭で、石の配置の妙が特色である。 医光寺の前身は、1363年に開創された崇観寺の塔頭で、天文年間 (153…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万福寺 (島根県益田市) <名勝>雪舟庭園

1478年頃、益田七尾城主15代・益田兼堯の招きにより益田に入った 画聖雪舟は翌年に万福寺と医光寺に庭園を築いたと伝えられている。 万福寺庭園は須弥山世界を象徴した石庭で、池と石の配置が絶妙な ハーモニーを奏でる名庭園といえるだろう。 雪舟は益田に逗留中に<益田兼堯像(画)>も残している。 万福寺は、平安時代に益田川河口付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more