アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「庭園」のブログ記事

みんなの「庭園」ブログ

タイトル 日 時
浄土寺(広島県尾道市) その1 国宝のお寺
浄土寺(広島県尾道市) その1 国宝のお寺 浄土寺 その1 国宝のお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/22 09:30
城福寺 (福井県越前市) <名勝>庭園
城福寺 (福井県越前市) <名勝>庭園 1159年平治の乱で平清盛は源氏に勝利し、翌年13歳の源頼朝は捕まるが、 清盛の継母であり平忠盛の正室である池禅尼が清盛に、頼朝の助命を嘆願 し、頼朝は伊豆へ流罪となっている。 後に、源氏が平家を滅ぼした後も、頼朝は池禅尼の恩を忘れず、 池禅尼の実の子・頼盛を優遇し、池一族を優遇している。 その頼盛の子・保盛が1207年に平家一族の菩提を弔うために 開創したのが城福寺である。 代々の住職は池氏である。 以後、池禅尼の関係から源氏の一族が城福寺を訪れることも多く あったといわれて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/19 09:27
重森三玲のお寺庭園
重森三玲のお寺庭園 重森三玲(1896〜1975年)は日本有数の庭園家であり、日本庭園史の 研究家でもある。 重森氏が作庭した庭園は、力強い石組とモダンな苔の配置を特徴とする 枯山水庭園が多い。 特に、国指定名勝の東福寺本坊庭園はその代表作といえよう。 私が拝観したお寺の庭園を作庭年代順に見てみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/21 15:44
建長寺 (神奈川県鎌倉市) 臨済宗建長寺派大本山
建長寺 (神奈川県鎌倉市) 臨済宗建長寺派大本山 神奈川県鎌倉市の北鎌倉にある建長寺は、1253年北条時頼が 中国僧蘭渓道隆を開山として迎え開創した日本で最初の本格的な 純粋禅の道場である。 日本で最初の禅道場は栄西禅師が1195年九州博多に開創した 聖福寺であるが、本格的な純粋禅道場は蘭渓道隆によって始まった。 蘭渓道隆は厳しい純粋禅を行い、その後京都建仁寺においても純粋禅 を始めている。 これ以降、純粋禅は広く普及していった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/26 08:40
恵林寺 (山梨県甲州市塩山) 武田信玄の菩提寺
恵林寺 (山梨県甲州市塩山) 武田信玄の菩提寺 山梨県甲州市塩山の恵林寺は、1330年鎌倉幕府の御家人であり甲斐牧庄領主・ 二階堂貞藤(道蘊)が夢窓国師(疎石)を招いて自宅を禅寺として開創したと 伝えられている。 1305年にも二階堂貞藤は牧庄に夢窓国師を招いて浄居寺を開創し、国師に深い 帰依をしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/15 09:40
白水阿弥陀堂<願成寺>(福島県いわき市) <国宝>白水阿弥陀堂
白水阿弥陀堂<願成寺>(福島県いわき市) <国宝>白水阿弥陀堂 <国宝>白水阿弥陀堂は平安時代末期の1160年に、地元の豪族岩城則道の 夫人徳姫によって、則道の菩提を弔うために建立された。 阿弥陀堂の三方を池が囲み、背後には山が迫る浄土式庭園の様式は、 徳姫が奥州藤原清衡の娘であることも手伝って、平泉の毛越寺や無量光院 に倣ったといわれている。 <白水>は平泉の泉の上と下を分けて付けられたと伝えられている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/02 15:58
玉川寺(山形県鶴岡市) <名勝>庭園
玉川寺(山形県鶴岡市) <名勝>庭園 山形県鶴岡市の羽黒山(414m)の麓にある玉川寺は、1251年の開創と 伝えられる古刹で、1453年に再興されている。 その再興時に庭園の造成が始まり、1640年代に現在の姿に改修された といわれている。 庭園は蓬莱様式の池泉回遊式庭園で、四季折々の花が彩る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/12 11:57
宗鏡寺 (兵庫県豊岡市出石町) 沢庵寺
宗鏡寺 (兵庫県豊岡市出石町) 沢庵寺 宗鏡寺は、1392年頃但馬の守護で此隅山城主であった山名氏清が城の 麓(出石町宮内)に山名氏の菩提寺として開創したと伝えられている。 1569年秀吉によって落城し、宗鏡寺や塔頭も荒廃している。 1616年出石藩主・小出吉英が沢庵和尚を開山として迎え現在地に 宗鏡寺と塔頭を再興している。 沢庵和尚は1620年宗鏡寺に庵を結び入山し、1629年江戸へ向う迄 宗鏡寺に隠棲している。 この間に庭園を作庭したといわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/02 09:12
平等院 (京都府宇治市) 極楽浄土の再現
平等院 (京都府宇治市) 極楽浄土の再現 宇治は源氏物語<宇治十帖>の舞台として、2008年<源氏物語千年紀> の催しが行われたが、平安時代初期から貴族の別荘が営まれた地である。 9世紀末頃、光源氏のモデルといわれる源融の別荘が宇多天皇に渡り、 998年藤原道長の別荘<宇治殿>となった。 1027年道長が亡くなると、その子である藤原頼通は<末法思想>の末法元年 1052年<極楽浄土の再現>を願い別荘をお寺とした。 1053年には阿弥陀堂<現在の鳳凰堂>を建立し、仏師定朝に造像させた 阿弥陀如来を本尊として祀り、浄土庭園を築... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/01 12:00
竹林寺 (高知県高知市) 四国八十八ヶ所霊場第31番
竹林寺 (高知県高知市) 四国八十八ヶ所霊場第31番 高知のシンボル的な五台山(146m)頂上付近に建つ竹林寺は 四国の名刹である。 四国霊場の札所であり、土佐の観光スポットでも賑わっている。 五台山からは高知市内や浦戸湾が一望でき、四国霊場の中でも随一の 眺望を持っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/19 09:45
円覚寺(神奈川県鎌倉市) 臨済宗円覚寺派大本山
円覚寺(神奈川県鎌倉市) 臨済宗円覚寺派大本山 神奈川県鎌倉市のJR北鎌倉駅前に総門のある円覚寺は、 1282年北条時宗が元寇の戦没者を弔うために、中国僧である 仏光国師無学祖元を開山に招いて開創された。 鎌倉時代末期〜室町時代に設けられた鎌倉五山の第2位に 位置する円覚寺は、坐禅を通じて修行するお寺として現在も 活動している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/08 16:54
明月院(神奈川県鎌倉市) 
明月院(神奈川県鎌倉市)  鎌倉市山ノ内にある明月院は寺伝によると1160年に明月庵として 開創され、1300年代後半に上杉憲方によって中興されている。 現在は、鎌倉観光スポットの一つに数えられ、アジサイの時期には 多くの観光客が訪れ、本堂の円窓から眺める庭園は人気がある。 境内にある<明月院やぐら>には上杉憲方墓と伝わる宝篋印塔があり、 鎌倉地域独特の洞穴墓である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/05 14:38
観音院 (鳥取県鳥取市) <名勝>庭園
観音院 (鳥取県鳥取市) <名勝>庭園 観音院の庭園は江戸時代初期を代表する国指定名勝の庭園で、書院からの 座観と庭園の築山上からの鑑賞が妙をなす。 鳥取藩主池田光仲が観音院を庇護し、1650年から10年近くかけて作庭したと いわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/16 14:08
光明院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 
光明院 (京都市東山区) 東福寺塔頭  東福寺塔頭・光明院の庭園は、昭和時代の代表的な庭園家・重森三玲 の初期作品で、東福寺方丈庭園と同時期の造庭になる。 洲浜型の枯池に多数の石組を配した枯山水庭園である。 周囲に植生されたもみじと一面の苔が絶妙のハーモニーを奏でている。 <苔の虹寺>と呼ばれるのも肯ける気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/16 10:20
一華院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 
一華院 (京都市東山区) 東福寺塔頭  東福寺塔頭の一華院は1382年に開創されたと伝えられる。 秋の紅葉シーズンに公開され、お茶席も設けられる。 枯山水の庭園の真中に、一枝が横に長く伸びた依稀松と呼ばれる松が アクセントをつけ、額縁庭園を構成している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/02 10:27
2013年紅葉 庭園の紅葉
2013年紅葉 庭園の紅葉 お寺の庭園には枯山水と池泉式があるが、紅葉や桜をアクセントとして 取り入れた庭園が増えてきている。 手入れが行き届いた庭園などは紅葉の色も多彩になり、鮮やかさが 保たれているようだ。 一年を通した手入れが想像できる。 2013年紅葉探索の内からいくつかの庭園紅葉を見てみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/03 10:17
高台寺 (京都市東山区) 2013年紅葉
高台寺 (京都市東山区) 2013年紅葉 2013年11月23日訪問 紅葉見頃 豊臣秀吉とねねの菩提寺 積極的なお寺で、前衛アートを庭園で実施。 拝観料600円 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/23 21:19
圓徳院 (京都市東山区) 2013年紅葉
圓徳院 (京都市東山区) 2013年紅葉 2013年11月23日訪問 紅葉見頃 高台寺の塔頭でねねの寺。 庭園が見もの。 拝観料400円 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/23 20:59
青蓮院 (京都市東山区) 2013年紅葉
青蓮院 (京都市東山区) 2013年紅葉 2013年11月23日訪問 紅葉見頃 青蓮院の紅葉の葉は猛暑の影響か少し弱い。 クスノキは益々旺盛。 拝観料500円 ライトアップ実施中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/23 20:20
南禅院 (京都市左京区) 2013年紅葉
南禅院 (京都市左京区) 2013年紅葉 2013年11月21日訪問 紅葉見頃 南禅院は南禅寺塔頭で、水路閣の側に建つ。 池泉回遊式庭園が見ものである。池には鴨が。 落ち着いた庭園で好みの庭園である。 例年の紅葉と変わらず。 入山料300円 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/22 09:23
天授庵 (京都市左京区) 2013年紅葉
天授庵 (京都市左京区) 2013年紅葉 2013年11月21日訪問 紅葉見頃 南禅寺の塔頭で庭園が見ものである。 東庭:枯山水  南庭:池泉回遊式庭園 本堂内は拝観不可。順路に従っての拝観となる。 入山料400円 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/21 20:55
金剛輪寺 (滋賀県愛荘町) 2013年の紅葉
金剛輪寺 (滋賀県愛荘町) 2013年の紅葉 2013年11月16日訪問。見頃近し。 湖東三山(百済寺、金剛輪寺、西明寺)の一山で、紅葉の名所。 本堂が国宝で、庭園は国指定の名勝。 総門から本堂まで長い登りの参道が続く。 駐車場完備。入山料500円。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 13:54
天徳寺 (福井県若狭町) 若狭三十三観音霊場第9番 瓜割の滝
天徳寺 (福井県若狭町) 若狭三十三観音霊場第9番 瓜割の滝 杉や檜が林立する<水の森>と呼ばれる天徳寺の境内奥に湧き出し、小さな 滝のように流れる名水<瓜割の滝>は、山あいの岩間から湧き出る清泉で、 1年中水温が変わらず、夏でも水につけておいた瓜が割れるほどの冷水である ことから、<瓜割の滝>と呼ばれたらしい。 日本名水100選にも選ばれており、瓜割名水公園なども整備されている。 名水を求める人、緑の中に浸る人、観音さんにお参りする人などと様々な 模様を描く天徳寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/10 08:58
福田寺 (滋賀県米原市) 長沢御坊
福田寺 (滋賀県米原市) 長沢御坊 福田寺は、683年天武天皇の勅願により地元豪族・息長宿禰が施主となって 布施寺として開創したと伝えられている古刹である。 鎌倉時代末期に本願寺覚如上人が訪れ、当時の住職が上人に帰依して 浄土真宗に改宗している。 延徳年間(1489〜92年)には蓮如上人が逗留し、湖北に浄土真宗を 広く浸透させている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/31 09:32
専修寺(三重県津市) その2 真宗高田派本山
専修寺(三重県津市) その2 真宗高田派本山 1225年親鸞聖人が関東一円の布教の途次、縁あって栃木県二宮町の 高田に専修念仏の根本道場を開いたのが高田派の始まりである。 その後、十代の真慧上人が東海地方の布教拠点として津市一身田に 寺院を建立し、1478年皇室の祈願所となった。 戦国時代には高田の専修寺が荒廃し、高田から一身田に住職を 始め、寺宝なども移されここ一身田の専修寺が本山となった。 栃木県高田の専修寺は本寺と呼び、津市一身田の専修寺を本山と 呼んでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 20:54
旧大乗院 (奈良県奈良市) <名勝>庭園
旧大乗院 (奈良県奈良市) <名勝>庭園 興福寺の塔頭で、門跡寺院であった大乗院は1869年の廃仏毀釈によって 廃寺となったが、庭園は残され、1995年の発掘調査により2010年復元が 完了し、一般公開されている。 南都随一の庭園といわれ、国の名勝に指定されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/20 16:29
勝定寺 (島根県出雲市) ツツジと睡蓮の庭園
勝定寺 (島根県出雲市) ツツジと睡蓮の庭園 境内全体に数千株の多種類のツツジが植生され、本堂前の庭は 桃山形式の雄大な庭とし、ツツジが山裾に沿って展開している。 本堂裏の庭は二つの池を配し、一つは心字池、その背後には 睡蓮の池が配されている。 その背後にはツツジと木々が配され、奥行きのある庭園を作りだしている。 今回の訪問では、睡蓮の花を愛でることができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/11 09:03
康国寺 (島根県出雲市) 借景枯山水庭園
康国寺 (島根県出雲市) 借景枯山水庭園 アメリカの庭園専門誌<Journal of Japanese Gardening>の2005年版で 第8位にランキングされた康国寺庭園は、旅伏山(たぶしさん412m)と 貯水池(錦鏡池)を借景に取り入れた枯山水の庭園で、松江藩主第7代 松平不昧の庭師・沢玄丹により1830年から3年半の歳月をかけて築かれた。 枯山水の白砂と池と山の木々が絶妙に調和し、日本庭園の真髄を 醸し出している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 08:59
医光寺 (島根県益田市) <名勝>雪舟庭園
医光寺 (島根県益田市) <名勝>雪舟庭園 1478年益田七尾城主・益田兼堯の招きで益田に入った雪舟は、翌年 万福寺と医光寺に庭園を作ったと伝えられている。 その庭園が雪舟庭園として国の名勝に指定されており、雪舟を偲ぶ 貴重な資料となっている。 池泉観賞式の石庭で、石の配置の妙が特色である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/04 14:13
万福寺 (島根県益田市) <名勝>雪舟庭園
万福寺 (島根県益田市) <名勝>雪舟庭園 1478年頃、益田七尾城主15代・益田兼堯の招きにより益田に入った 画聖雪舟は翌年に万福寺と医光寺に庭園を築いたと伝えられている。 万福寺庭園は須弥山世界を象徴した石庭で、池と石の配置が絶妙な ハーモニーを奏でる名庭園といえるだろう。 雪舟は益田に逗留中に<益田兼堯像(画)>も残している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 10:24
向嶽寺 (山梨県甲州市塩山) 臨済宗向嶽寺派大本山
向嶽寺 (山梨県甲州市塩山) 臨済宗向嶽寺派大本山 山梨県甲州市塩山の塩ノ山(555m)南麓に位置する向嶽寺は、1378年抜隊禅師 が市内竹森の地に草庵を結んだのが始まりとされている。 1380年甲斐守護・武田信成から現在の寺地を与えられて向嶽庵が 創建されている。以後、武田氏の庇護を受けて大いに栄えたといわれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/22 10:16
滋賀院門跡(滋賀県大津市) 延暦寺本坊
滋賀院門跡(滋賀県大津市) 延暦寺本坊 比叡山延暦寺の里坊(塔頭)54ヶ寺が連なる坂本の里の中心に位置する 滋賀院門跡は延暦寺の本坊(歴代住職の住まい)であり、天台宗の事務本拠地 でもある。 坂本には穴太(あのう)積み石垣の寺や屋敷が多くあり、お寺集団のイメージが 他とは少し異なる風景である。 中でも滋賀院門跡の石垣は立派な風格を持っていて城郭の匂いがする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/22 11:13
定勝寺 (長野県大桑村) 木曽路の名刹
定勝寺 (長野県大桑村) 木曽路の名刹 木曽路の須原宿にある名刹・定勝寺は、嘉慶年間(1387〜88年)に木曽家 11代木曽親豊によって木曽川畔に開創されたと伝えられている。 その後、木曽川の氾濫で何度となく倒壊・再建を繰り返したが、1598年 犬山城主・石川光吉によって現在地に再興されている。 その時の本堂が現在も残され重要文化財に指定されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/10 20:10
禅昌寺(岐阜県下呂市) 飛騨路の名刹
禅昌寺(岐阜県下呂市) 飛騨路の名刹 下呂温泉に近い、飛騨有数の名刹禅昌寺の起源については諸説が あるが、1528年地元萩原の城主・三木氏が廃寺となっていた円通寺を現在地に 再興し、禅昌寺としたのが通説であるが、 平安時代に恵心僧都が開いた寺が始まりとも伝承されている。 妙心寺派別格としてその寺格と飛騨路における名声は揺るがぬものが 感じられる。 また、豊かな文化財の宝庫でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/09 20:50
柴屋寺 (静岡県静岡市) <名勝>借景庭園
柴屋寺 (静岡県静岡市) <名勝>借景庭園 竹林と木々に囲まれ、天柱山と首陽山を借景とした枯山水と池泉の庭園は、 柴屋寺を開いた連歌師・宗長が自ら築いた庭園として昔から知られた名勝 となっている。 こじんまりとした堂宇の佇まいと庭園が絶妙に調和した庵は宗長が閑居 としたことが肯ける風景である。 また、本堂正面から境内越しに眺める丸子富士も、庭園と一体となった 借景を形造っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/14 09:50
臨済寺 (静岡県静岡市) 
臨済寺 (静岡県静岡市)  静岡市の賤機山(171m)山麓から山腹に沿って展開する臨済寺の境内は、 修行道場だけあって一部の隙もなく清掃が行き届き、これぞまさしく禅寺の 典型的な風景である。特に、大方丈(本堂)の前庭とそれに到る参道が禅寺を 語っており、写真や映像で紹介される風景である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/12 09:40
龍華寺 (静岡県静岡市清水区) 蘇鉄とサボテンの寺
龍華寺 (静岡県静岡市清水区) 蘇鉄とサボテンの寺 山門を潜ると目の前に鯉の泳ぐ池泉回遊式の庭園が広がり、まず心を 和ませてくれる。 庭園を回遊し、本堂前の境内に登ると一面の大蘇鉄とサボテンが目に 飛び込んでくる。蘇鉄は千年以上の樹齢といわれ、日本三大蘇鉄の一つに 数えられており、国の天然記念物に指定されている。 サボテンと共に中国上海の龍華寺から移植されたといわれている。 サボテンは推定樹齢300年といわれ、根元は木化している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/10 09:18
清水寺 (福岡県みやま市) <名勝>借景庭園
清水寺 (福岡県みやま市) <名勝>借景庭園 九州のお寺の庭園では一番見ごたえのある庭園が清水寺の 庭園ではないだろうか。 愛宕山を借景にした池泉回遊式の庭園で、紅葉は言うに及ばず 四季を通じて絶景を楽しめるだろう。 何度も足を運びたいお寺である。アクセスは少し不便だが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/03 10:47
清見寺 (静岡県静岡市) 雪舟ゆかりの寺
清見寺 (静岡県静岡市) 雪舟ゆかりの寺 伝雪舟筆<富士三保清見寺図>(永青文庫所蔵)は雪舟活躍時に近い室町時代に 原図を模写した古模本と考えられているが、この古模本から原図は雪舟が1481年 から東遊し清見寺に滞在し、それを元に描いたのであろうと推定されている。 この作品は<国宝>天橋立図に繋がる貴重な資料であり、その当時から三保の 松原と富士山・清見寺の名所的な存在が窺われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/28 09:58
両足院 (京都市東山区) 建仁寺塔頭
両足院 (京都市東山区) 建仁寺塔頭 京都市東山区祇園花街の南にある建仁寺塔頭・両足院の特別公開を機に 冬の探索を試みてみた。京都の冬にしては穏やかな陽が降り注ぐ日となり、 冬景色らしくない風景に出会った。 表門から玄関へのアプローチも禅寺らしく白砂と敷石の見事なコンビネーション を見せている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/17 09:30
頼久寺(岡山県高梁市) 小堀遠州の庭園
頼久寺(岡山県高梁市) 小堀遠州の庭園 難攻不落の山城といわれた<重文>備中松山城(高梁城)の代官(城主) となった小堀遠州(当時は政一)は城が荒れていたため、頼久寺に住し 天守閣の改修を行った。(1600〜1617年) 頼久寺の庭園はその時に小堀遠州によって作庭された。 小堀遠州作の庭と伝えられる庭は数多くあるが、真作の庭として 貴重な庭園である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/15 21:20
酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) その1
酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) その1 一休さん(一休宗純禅師)のお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/16 19:18
一休寺<酬恩庵>(京都府京田辺市) 晩秋の風景
一休寺<酬恩庵>(京都府京田辺市) 晩秋の風景 京都府京田辺市にある一休寺<正式名:酬恩庵>は一休禅師が晩年 住まわれていたお寺で、多くの建物が重要文化財に指定され、庭園も 名勝に指定されている。 禅寺の風景が境内一面に展開され、一休禅師を偲ぶにはこれほどの 場所はないだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/16 18:38
栖雲寺 (山梨県甲州市) 武田一族ゆかりの寺
栖雲寺 (山梨県甲州市) 武田一族ゆかりの寺 山梨県甲州市の天目山(1380m)中腹にある栖雲寺は、1326年中国・天目山の 普応国師のもとで修行・帰国した業海本浄が天目山に似た場所を求めて辿り着いた 木賊山を適地と考え1348年に開創されている。 木賊山はその後、天目山と呼ばれるようになった。 その後、甲斐武田氏の庇護を受けて栄え、兵庫県丹波市の高源寺を西天目、 栖雲寺を東天目と呼び臨済宗中峰派の道場として活動していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/15 09:58
東光寺 (山梨県甲府市) 甲府五山
東光寺 (山梨県甲府市) 甲府五山 山梨県甲府市の東光寺は、1121年甲斐源氏の祖・新羅三郎義光によって 興国院として開創されたのに始まると伝えられているが詳細は不詳である。 1268年鎌倉・建長寺の開山・蘭渓道隆によって再興され甲州禅文化の 中心として栄えたと言われている。 武田信玄の指定により甲府五山となり、武田氏の支援を受けたが、 武田氏の滅亡と同時に衰退している。 江戸時代1717年甲府藩主・柳沢氏の支援を受けて再興されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/24 09:39
旧平泉寺 (福井県勝山市) 平泉寺白山神社
旧平泉寺 (福井県勝山市) 平泉寺白山神社 福井県勝山市にある旧平泉寺は、717年泰澄大師によって開創され、 白山信仰の拠点として発展していった。 1084年には天台宗となり、越前における天台宗の拠点ともなった。 鎌倉時代末期から室町時代には大いに栄え、36堂宇・48神社・ 6000坊といわれる巨大な寺院集落を形成し、越前の宗教・文化・武力 の一大センターとなっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/27 09:59
瑞峯院 (京都市北区) 大徳寺塔頭 
瑞峯院 (京都市北区) 大徳寺塔頭  京都市北区にある大徳寺には別院2ヶ寺・塔頭22ヶ寺があり、その塔頭の 一つ瑞峯院は、1535年九州のキリシタン大名・大友宗麟によって開創され、 宗麟夫妻の菩提寺となっている。 大友宗麟は戦国時代の九州最強の大名として君臨したが、薩摩・島津義久 に敗れ豊臣秀吉の下では豊後一国の大名にまで衰退した。 1551年豊後へ布教のため来たフランシスコ・ザビエルに会ったのが契機と なり、1578年キリスト教の洗礼を受けている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/05 09:08
石像寺 (兵庫県丹波市) 現代の石庭
石像寺 (兵庫県丹波市) 現代の石庭 兵庫県丹波市市島町にある石像寺は、655年法道仙人による開創と 伝えられるが詳細は不明であるが、1648年曹洞宗寺院として透開本徹 によって再興されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/09 09:21
芬陀院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 雪舟の庭園
芬陀院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 雪舟の庭園 京都市東山区にある東福寺塔頭の芬陀院は、1321年頃関白一条内経が 定山祖禅を開山として開創された。 一条内経は政治的な面では弱かったが、歌人としては優れた才を示した と伝えられている。 また、定山祖禅は東福寺開山の円爾(聖一国師)の法孫で、東福寺27世で ある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/30 16:59
霊雲院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 
霊雲院 (京都市東山区) 東福寺塔頭  京都市東山区にある東福寺の塔頭霊雲院は、1390年東福寺 第80世の岐陽方秀禅師によって不二庵として開創された。 その庭園は江戸時代<都林泉名所図会>にも紹介される名所 であったが、明治時代以降荒れ果てたが、1970年重森三玲に よって復元された。 書院前庭園<九山八海の庭>の中央には、江戸時代初期に 熊本藩主細川氏から寄贈された<遺愛石>と名付けられた 須弥台と石船が置かれた枯山水庭園である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/29 09:14
黄梅院 (京都市北区) 大徳寺塔頭
京都市北区にある大徳寺には別院2ヶ寺・塔頭22ヶ寺があり、その 塔頭の一つ黄梅院は、1562年織田信長が初めて入洛した時秀吉に 命じて信長の父信秀の追善供養のために黄梅庵を建立させたことに 始まる。 1586年秀吉により本堂、1589年小早川隆景により庫裡などが 改修され、この時黄梅院と改名している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/05 09:26
天得院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 桔梗の庭園
京都市東山区にある東福寺の塔頭は25ヶ寺あり、その一つ天得院は 南北朝時代の正平年間(1346〜70年)に開創されたが、1614年 住職となった文英清韓は豊臣秀頼に請われて方広寺の鐘名の撰文を したが、銘文中の<国家安康君臣豊楽>の文字が徳川家を呪詛すると 徳川家康の怒りを招き、寺は取り壊され大阪の役へと発展したと 言われている。 1789年に再興され今日に至っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/03 09:07
平等院(京都府宇治市) その3 平等院の四季
平等院の四季 それは  4月初旬:桜 平等院周辺はさくらの名所  4〜5月:サツキ、ツツジ  5月:藤 平等院の藤はつとに有名  夏:緑と宇治川の涼 しかし暑い  11月下旬:紅葉 宇治川の対岸にある興聖寺(こうしょうじ)の紅葉は名所  冬:彩はないが、木の葉が少ないので伽藍の写真には好都合 <2008年2月10日の雪景色を追加> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/28 18:33
勧修寺 (京都市山科区) 四季の風景
京都市山科区にある勧修寺(かじゅうじ)は、900年醍醐天皇が 生母藤原胤子の菩提を弔うために、胤子の祖父宮道弥益の邸宅跡 に開創したお寺である。 南北朝時代に皇室から住職を迎えて以降門跡寺院として栄えたが、 1470年の応仁の乱により、近くにある醍醐寺などと共に焼失した。 江戸時代1682年になって皇室や徳川家などの支援を受けて再興され、 本堂・宸殿・書院などが再建され今日に至っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/10 08:28
即宗院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 薩摩島津家の菩提寺
京都市東山区の東福寺には25ヶ寺の塔頭があり、その一つ即宗院は 1387年薩摩の島津氏久が島津家の菩提寺として東福寺南部に 創建したのに始まり、1569年焼失したため1613年に現在地に 再建された。 幕末(1858年)西郷隆盛は即宗院に逗留し、清水寺の僧月照らと 幕政改革の謀議などを行っている。その後、月照・西郷は薩摩へ逃れたが、 月照は錦江湾に身を投じ西郷は奄美大島に潜居している。 1868年戊辰戦争後、即宗院に入り戦争で倒れた藩士524名の顕彰碑を 建てている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/03 09:33
龍吟庵 (京都市東山区) 東福寺塔頭 <国宝>方丈
京都市東山区にある東福寺には25ヶ寺の塔頭があり、その筆頭 龍吟庵は1291年東福寺第三世無関普門(大明国師)の住居として 開創された。 <国宝>方丈は1387年の建立で、現存する最古の方丈といわれている。 書院造に寝殿造の意匠が施された格調のある造りになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/08 09:32
雲龍院 (京都市東山区) 泉涌寺塔頭 庭園
京都市東山区にある皇室の香華寺として<御寺>と呼ばれて いる泉涌寺の塔頭は9ヶ寺あるが、その一つ雲龍院は1372年 後光厳法皇が菩提所として開創された由緒あるお寺である。 泉涌寺境内の最奥に位置し、静寂と寺格が溶け合った佇まいを 見せる。 庭園も整備され、心を癒してくれる雰囲気が漂っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/04 10:17
行基寺 (岐阜県海津市) 濃尾三河を借景とする庭園
岐阜県の最南端に位置する海津市の養老山地中腹にある行基寺から 濃尾平野とそこを流れる三河を180度の大パノララマで眺望できる 絶景の地である。 744年行基が開創したと伝わる行基寺は、1705年美濃高須藩主松平義行 が菩提寺として城郭風に再興し、濃尾平野を借景とする回廊式庭園もこの時 築造されたといわれている。 四季を通じて見ごたえのある庭園であるが、サツキの頃は一層心を癒し、 明日への活力を湧き起こさせてくれるであろう隠れたお寺である。 また、月見にはうってつけの眺望から<お月... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/20 11:19
孤篷庵 (京都市北区) 大徳寺塔頭 小堀遠州の菩提寺
京都市北区にある大徳寺には別院2ヶ寺塔頭22ヶ寺がり、 その塔頭の一つ孤篷庵は、1612年小堀遠州が江月宗玩(大徳寺156世) を開山に迎えて開創された。 1793年火災により焼失したが、小堀遠州を尊崇した松江藩主松平不昧に より再興されている。 松平不昧は大名茶人であり、名だたる茶器を収集し茶道の歴史で欠かせない 人物であった。 その茶器の中に朝鮮で造られた井戸茶碗(銘喜左衛門)があり、この茶碗に絡む 不幸な出来事から不昧没後、この茶碗が孤篷庵に寄進された。 井戸茶碗(銘喜左... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/15 19:17
聚光院 (京都市北区) 大徳寺塔頭 千利休の菩提寺
京都市北区にある大徳寺には塔頭22ヶ寺・別院2ヶ寺があり、塔頭聚光院は 室町幕府の戦国大名三好長慶の菩提を弔うため養子の義嗣が1566年 笑嶺宗訢(大徳寺107世)を開山に迎えて開創された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/04 08:40
真珠庵 (京都市北区) 一休禅師ゆかりの大徳寺塔頭
京都市北区にある大徳寺には別院2ヶ寺塔頭22ヶ寺があり、 大徳寺四派の一つ真珠派本庵の真珠庵は、1429〜41年の間に 一休禅師(1394〜1481)を開山に創建されたが、応仁の乱で 焼失し1491年堺の豪商尾和宗臨によって再興された。 真珠庵は文化財の宝庫であるが、<重文>方丈(本堂)の障壁画は 特に注目されている。 曽我蛇足(生没年不詳・室町時代)の<重文>花鳥図・真山水図・ 草山水図は真珠庵再興当時の蛇足の代表作である。 なお、蛇足は実在人物でなく曽我派の夫泉宗丈ではないか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/01 20:04
霊雲院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭
京都市右京区にある妙心寺の塔頭は46ヶ寺あり、妙心寺四派本庵の 一つ霊雲院は、細川氏の重臣で摂津守護代の薬師寺国長の妻清範尼 の援助のもと大休宗休が師である特芳禅傑を勧請開山として1526年 に開創された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/19 11:09
衡梅院(京都市右京区) 妙心寺塔頭
京都市右京区にある妙心寺には46ヶ寺の塔頭があり、その一つの 衡梅院は、1480年室町幕府の管領細川政元が妙心寺の中興開山と いわれる雪江宗深を開山として創建した。 雪江宗深は応仁の乱後、荒廃した妙心寺を再興し、<米銭納下帳> という帳簿を作成し財政面からの再建を図った。これが<妙心寺の算盤づら> と呼ばれる遠因になっている。 また、4人の弟子は妙心寺四派の祖となって妙心寺の興隆に寄与した。 この四派の祖と源となった雪江禅師を<四河一源>と呼んでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/16 17:01
大心院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭
京都市右京区にある妙心寺には46ヶ寺の塔頭があり、その一つ 大心院は1479年細川政元が妙心寺第10世景川宗隆を開山に迎えて、 相国寺の西に創建し、後に細川幽斎が妙心寺山内に移して再興した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/13 10:49
大法院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭
京都市右京区にある妙心寺の塔頭は46ヶ寺あり、その一つの 大法院は1612年信濃松代初代藩主真田信之の孫長姫によって、 信之の菩提を弔うために開創された。 真田信之は真田幸村の兄で、真田昌幸の長子であるが、昌幸・幸村 親子は豊臣家に、信之は徳川家について別れたが、信之の政治的手腕 で真田家は存続し、信濃松代藩の藩主として明治維新まで続いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/11 10:53
大雄院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭
京都市右京区にある妙心寺塔頭は46ヶ寺あり、 大雄院は1603年尾張藩家老石河光忠が父親の菩提を弔うために 開創され、歴代石河家の菩提寺となっている塔頭である。 住職の石河正久氏が研究開発した<蚕繭紙>は特に有名である。 通常は非公開であるが、特別公開時に趣のある庭園を拝観できる。   (1)寺名:大雄院(だいおういん) (2)住所:京都市右京区花園妙心寺町52 (3)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺塔頭 (4)開山:慧南玄譲 (5)開基:石河光忠  (6)開創:1603年 (... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/09 12:05
阿波国分寺(徳島県徳島市) 四国八十八ヶ所霊場第15番
徳島県徳島市国府町にある四国八十八ヶ所霊場第15番の阿波国分寺は、 741年聖武天皇の詔により、全国66ヶ国68ヶ寺の国分寺が設置され、 阿波国分寺も756年までには創建されていたといわれている。 その後、衰退再興を繰り返し、1741年に徳島藩主蜂須賀氏により 再建され、今日に至っている。 境内には、創建時の七重塔心礎が残されており、古を想起させてくれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/19 13:42
天授庵(京都市左京区) 南禅寺塔頭
京都市左京区の東山山麓に位置する南禅寺の塔頭天授庵は 1339年南禅寺の開山無関普門の塔所として開創され、その後 細川幽斎(1534〜1610年)によって再興され、幽斎の菩提寺と なっている。 <重文>方丈障壁画32面は長谷川等伯により1602年制作されて いる。残念ながら非公開になっている。 庭園は枯山水の方丈(本堂)前庭と池泉回遊式の書院南庭からなり、 新緑と紅葉は特に趣がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/04 21:27
永観堂 <禅林寺>(京都市左京区) 浄土宗西山禅林寺派総本山
京都市左京区の東山山麓にある永観堂はこの時期、境内全体が 朱を中心とした多彩な色で染まり、緑の残る東山と絶妙のコントラス を展開する。<秋はもみじの永観堂> 永観堂は通称名で、正式には浄土宗西山禅林寺派総本山の 禅林寺で853年に開創されている。 当初は真言宗であったが、12代住職・静遍上人が法然上人に帰依し、その後 浄土宗となっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/02 09:38
百済寺(滋賀県東近江市) 紅葉の風景
滋賀県東近江市にある紅葉の名所湖東三山(百済寺、金剛輪寺、西明寺) のひとつ百済寺に11月14日お参りしたが、紅葉には少し早かった。 陽当たりの良いところは紅葉していたが、本堂近くは未だしであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/27 14:08
曼殊院(京都市左京区) 天台五箇室門跡
曼殊院は京都市左京区一乗寺にある門跡寺院で、天台五箇室門跡の ひとつで、五筋の築地塀に囲まれた風格の漂うお寺である。 <天台五箇室門跡:三千院、青蓮院、曼殊院、妙法院、毘沙門堂> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/06 13:12
詩仙堂(京都市左京区) ししおどしの元祖
京都市左京区にある詩仙堂は、江戸時代初期の徳川家家臣であり、 文人である石川丈山(1583〜1672年)が1641年隠居のために 創建した山荘で、現在は詩仙堂丈山寺として曹洞宗の禅寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/02 17:17
浄瑠璃寺(京都府木津川市)
宝池を中心とした浄土式庭園の東(此岸)に薬師如来を本尊とする三重塔、 西(彼岸)に九体阿弥陀如来を本尊とする阿弥陀堂(本堂)とまさに浄土を 連想さす風景が浄瑠璃寺そのものである。 平等院(京都府宇治市)、白水阿弥陀堂(福島県いわき市)と浄土式庭園を代表する 浄瑠璃寺は文化的には奈良の影響が強いが、お寺の境内構想は平安そのものである。 また、平安時代京都に多く造られた九体阿弥陀像、阿弥陀堂の中で残るのは ここ浄瑠璃寺のみであり、平等院鳳凰堂と並んで平安を代表する宝である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/01 12:03
円光寺(京都市左京区) 徳川家康創建の寺
京都市左京区の一乗寺にある円光寺は、1601年徳川家康によって 京都伏見に学校として創建された。 その後、相国寺境内への移転を経て1667年現在地に再興された。 伏見時代には多くの書籍を刊行し、その時使用された木活字5万個が残って おり、出版文化史上貴重な資料である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/31 19:08
金福寺(京都市左京区) 芭蕉・蕪村ゆかりの寺
京都市左京区の一乗寺にある金福寺は芭蕉がよく訪れたお寺で、 その後蕪村などが俳諧の集いをこのお寺で行っている。 また、蕪村は芭蕉庵を再興し句を残しており、蕪村の墓もある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/31 15:31
鹿王院(京都市右京区) 嵐山を借景とする庭園
京都市右京区の鹿王院は臨済宗の禅寺で、1380年足利義満によって 開創された宝幢寺の塔頭として始まる。 応仁の乱で宝幢寺は廃絶し、鹿王院のみが残り宝幢寺を引き継いでおり、 多数の文化財を有している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/31 14:14
興聖寺(滋賀県高島市)
若狭小浜から京都へ魚介類(鯖が多かった)を運んだ街道<鯖街道>の中間に 位置する朽木の里にある興聖寺は、曹洞宗開祖道元禅師が1237年近江守護職 佐々木信綱の招請によって開創された禅寺である。 1729年当初開創された上柏村から現在の地にあった秀隣寺に移ってきて 今日にいたっている。 旧秀隣寺にあった庭園は、1528年足利12代将軍義春が乱を逃れて秀隣寺 に3年間滞在した時に作庭された借景式の池泉回遊庭園で、現在も興聖寺の風景 を生み出している。 なお、この庭園は旧秀隣寺庭園とし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/16 13:29
龍潭寺(静岡県浜松市) 浜名湖湖北五山 <名勝>庭園
龍潭寺は733年行基によって開創されたと伝えられており、当初は 地蔵寺と呼ばれたが、平安時代11世紀に井伊谷に根拠を構えた 井伊氏の始祖共保が1093年亡くなり葬られて自浄寺となった。 これ以降井伊氏の菩提寺になり、1500年代前半20代井伊直平の 帰依により黙宗禅師を開山として臨済宗になり、1560年龍潭寺と 改名した。 24代井伊直政は関ヶ原の勲功により、1600年近江の彦根に移り、 彦根の地に同じ名前の龍潭寺を開いている。 また、1602年直政没後清涼寺を近江の龍潭寺横に開... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/14 21:38
三室戸寺(京都府宇治市) その1 花の寺
三室戸寺は西国三十三所観音霊場第10番であると同時に花の寺としても 親しまれている。 5月は2万株のツツジ、千本のシャクナゲ 6月は1万株のアジサイ 7月はハス 秋は紅葉 それに木々に囲まれた新緑の境内 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/13 20:28
金剛輪寺(滋賀県愛荘町) 湖東三山
金剛輪寺は741年行基によって開創されたと伝えられているが、 800年代の中頃慈覚大師円仁によって再興され、多くの近江の寺院と 同様に天台宗となっている。 その後、織田信長の兵火により本坊などは罹災したが、山腹にある本堂・ 三重塔は兵火から免れた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/11 20:54
大福寺<浜名薬師>(静岡県浜松市) 浜名湖湖北五山 浜名納豆の元祖
大福寺は875年鳳来山に開創された幡教寺が始まりと伝えられているが、 1209年に現在地に移転に移転して大福寺とした。 中国の僧から伝来された大福寺納豆は浜名納豆の元祖で、江戸時代中期 から浜名納豆と呼ばれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/10 11:13
摩訶耶寺(静岡県浜松市) 浜名湖湖北五山 中世の庭園
摩訶耶寺の庭園は鎌倉時代1240年頃作庭といわれる中世を代表する 庭園と評価されている。<調査に基づき復元> 池の地割り・築山構造・石組の調和が精神的な世界を表現している。 広々とした庭園と借景の山並みが醸し出す風景は明るく雄大な気持ちを 湧き起こさせてくれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/09 22:36
教林坊(滋賀県近江八幡市安土町) 紅葉の庭園
教林坊は西国三十三所観音霊場第32番観音正寺の塔頭で、 観音正寺のある繖山(きぬがさやま)の麓にある庭園と紅葉の お寺で、最近観光客が多くなっている。 紅葉の時期にはライトアップも行われている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/02 17:26
金剛輪寺(滋賀県愛荘町) その2
湖東三山 紅葉の名所 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/01 21:00
三室戸寺(京都府宇治市) 2万株のツツジと1千本のシャクナゲ
年に2,3回は訪れる三室戸寺が年々変化していく風景を楽しみに すると同時に、どこまで花木を増やすのだろうと少々心配する気持ち もある。樹木に囲まれた西国三十三所観音霊場の風景が失われは しないかと。 緑と花木の鮮やかな色が織り混ざった風景を失わないで欲しいと 願いつつ、今日は境内の隅から隅まで歩いてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/01 20:07
称名寺(神奈川県横浜市) 浄土式庭園
称名寺は鎌倉幕府執権北条氏の一族である金沢北条氏の祖である北条実時 (1224〜1276年)が開創したお寺であるが、その時期は不詳である。 1258年実時が建てた持仏堂(阿弥陀堂)が起源と伝えられているが、 1267年下野薬師寺の審海を開山として真言律宗の寺となっている。 以後、金沢北条氏の菩提寺となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/30 17:02
真如堂<真正極楽寺>(京都市左京区) うなずきの弥陀
慈覚大師円仁が如来を彫って比叡山の修行者の本尊として祀ろうとすると 如来は三度首を振って拒否した。 そこで、<京の都に下って衆生を導き、特に女人を救ってください>と円仁が 言うと如来はうなずき、白毫をいれずに常行堂に安置したと伝承されている。 これから、阿弥陀如来立像は<うなずきの弥陀>と呼ばれている。 984年比叡山の戒算上人が、この<重文>本尊阿弥陀如来立像を 東三条院詮子の離宮に安置したのが、真如堂の始まりである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/24 10:43
円満院(滋賀県大津市) 大津絵美術館の寺
江戸時代初期、大津宿追分で絵師や画商が軒を連ねて売っていた 仏画などの民画(鬼の念仏、藤娘、座頭、槍持奴など)で、日本の 代表的な民画である。 芭蕉の<大津絵の筆のはじめは何仏>などにも読まれている。 この大津絵を収集し展示しているのが円満院の大津絵美術館である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/01 10:05
南宗寺(大阪府堺市) 千利休ゆかりの寺
南宗寺は河内飯盛城主の三好長慶が父元長の菩提を弔うために、1557年 大徳寺の大林宗套を開山に迎え現在の堺市宿院町付近に開創した。 1615年大阪夏の陣で堺市街ともども罹災し、当時の住職であった 沢庵宗彭によって現在地に移転再興され、江戸時代は堺の文人サロンと して堺の文化興隆に貢献した堺の名刹である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/30 21:13
神泉苑(京都市中京区) 平安京の禁苑
794年平安京遷都と同時に、大内裏の南に南北400m東西200m の禁苑(天皇のための庭園)神泉苑が設けられ、天皇や廷臣の宴遊 の場となった。 824年ここで祈雨の競争があり、東寺の空海が勝ったので神泉苑は 東寺の管轄となった。 その後、神泉苑では祈雨や御霊会などが頻繁に行われている。 869年には祇園社の御霊会が行われ、これが祇園祭の起源といわれている。 中世以降は衰退し、二条城構築に際して境内も縮小した。 源義経と静御前が出会った場所と伝えられている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/02 15:19
平等院(京都府宇治市) ハスの風景
1990年代阿字池を中心に庭園の発掘調査が行われた際に、約200年前の ハスの種子・約600年前の椿の種子が発見された。 ハスと椿の種子は宇治市植物公園で育てられ、どちらも見事に発芽し、 花を咲かせるまでになっている。 ハスは<平等院蓮>、椿は<室町椿>と呼ばれ開花時期には見事な花を 咲かせている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/26 14:55
玉鳳院(京都市右京区) 妙心寺の最初で由緒ある塔頭
花園法皇は、1337花園離宮を禅寺とし、1342年関山慧玄を迎えて 妙心寺とした。その時、慧玄に教えを乞うための禅宮を建立し玉鳳院 とした。 その後、慧玄に玉鳳院が付与され、1360年慧玄が亡くなった後、 慧玄の開山堂が建立された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/24 15:44
弘源寺、宝厳院(京都市右京区) 天龍寺塔頭
<弘源寺(こうげんじ)> 虎嘨の庭と呼ばれる嵐山を借景とした枯山水庭園は小さいながらも まとまりのある庭園である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/23 15:33
法金剛院(京都市右京区) 待賢門院と浄土式庭園
平安時代初期830年頃、貴族清原夏野の山荘がお寺になったのが法金剛院の 始まりと伝えられているが、実質的には1130年待賢門院が法金剛院として再興 したのがお寺の開創と考えられている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/23 11:04
高野山(和歌山県高野町) その8 宝善院、清浄心院
高野山金剛峯寺の塔頭(子院)で、52軒ある宿坊の二つである。 共に、創建の歴史は古く、弘法大師空海の開基と伝えられている。 奥の院に最も近い塔頭で、参道一の橋の手前に位置する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/19 10:43
高野山(和歌山県高野町) その5 福智院<高野山温泉の宿坊>
高野山で唯一の天然温泉<高野山温泉>のある宿坊で、高野山最大の 宿坊でもある。 高野山の中心から少し離れた所に位置するが、何かと評判のあるお寺である。 お寺というよりも宿坊として評判が高い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/15 12:46
高野山(和歌山県高野町) その4 普賢院、普門院
普賢院・普門院は高野山のほぼ中心に位置する金剛峯寺の塔頭(子院)で、 高野山にある宿坊52院の二つである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/15 11:48
高野山(和歌山県高野町) その2 金剛峯寺<高野山真言宗総本山> 世界遺産
明治時代までは、金剛峯寺は高野山全山の名前であったが、明治時代になって それまで青巌寺と呼ばれたお寺と興山寺を合併して金剛峯寺と改めた。 金剛峯寺は高野山真言宗の総本山として宗派の総元締めを行うと同時に、 高野山全体の統括・管理にあたっている。 境内全体が世界遺産に登録されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/13 20:56
龍潭寺(滋賀県彦根市) 彦根藩主井伊家ゆかりの寺
1600年関ヶ原の戦い後、井伊直政が佐和山城主となった時、 現在の静岡県浜松市にあるそれまでの井伊家菩提寺であった 龍潭寺の分寺を佐和山麓に創建された。 1602年以降は井伊家の菩提寺は隣にある清涼寺になったが、 井伊家の庇護を受けて栄えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/11 15:48
正法寺(京都府八幡市) 尾張徳川家ゆかりのお寺
1594年徳川家康が石清水八幡宮を詣でた折、正法寺住職志水宗清の 娘(お亀)を見染め側室とした。 この時、お亀には一人の息子がおり、夫は死別していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/07 14:25
西明寺(滋賀県甲良町) その1 深緑の風景
紅葉の名所湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)は紅葉の時期は 人人人〜で、お寺の伽藍・仏像や庭園をゆっくり拝観することもできないが、 この深緑の時期は人影もまばらでゆっくり拝観できるし、 緑のすばらしさを満喫できる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/05 15:20
西明寺(滋賀県甲良町) その2 紅葉の風景
紅葉の名所湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)のひとつ西明寺の 紅葉境内を歩いてみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/05 15:14
西明寺(滋賀県甲良町) その3 <国宝>本堂、三重塔
湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)は天台寺院ということもあって 織田信長の兵火に遭っているが、西明寺・金剛輪寺の本堂・三重塔は その難から逃れている。百済寺は全てが灰塵と帰している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/05 15:13
光悦寺(京都市北区) 本阿弥光悦の菩提寺
1615年徳川家康から与えられた鷹ヶ峯に、一族や工芸職人など法華宗徒と 共に移り住み芸術村を築いた。 家康は何故光悦にこの地を与えたのか。京の外れに移転させたのか。 興味のあるテーマではある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/04 17:53
正伝寺(京都市北区) 比叡山を借景とする庭園
京都で比叡山を借景にした庭園としては、修学院離宮、円通寺、正伝寺の 名前が浮かんでくる。 円通寺と正伝寺の庭園は、借景が比叡山であることが大前提の庭園である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/03 20:35
等持院(京都市北区) 足利尊氏の菩提寺
足利尊氏は1341年等持寺を創建し、2年後現在地に別院北等持寺を建てた。 尊氏死後、北等持寺を等持院とし、墓所となった。 応仁の乱で等持寺が焼失し、等持院が本寺となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/03 13:52
青岸寺(滋賀県米原市) <名勝>枯山水庭園
青岸寺は南北朝時代にバサラ大名と呼ばれた近江守護職の佐々木道誉 によって開創され、その後戦国時代に兵火によって灰塵に帰したが、 江戸時代の1650年彦根藩主井伊直澄により再興された。 庭園は1678年に再築されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/03 10:59
百済寺(滋賀県東近江市) 湖東三山
湖東三山(百済寺、金剛輪寺、西明寺)の最古刹百済寺は606年 聖徳太子の創建と伝わり、史料上の初見でも1089年と古く、寺名からも 百済からの渡来系氏族の氏寺ではないかと考えられている。 この湖東地区には百済からの渡来人が多く住んだ史実からも推定できる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/02 22:35
大通寺<長浜御坊>(滋賀県長浜市) 真宗大谷派長浜別院
長浜は1573年羽柴秀吉が築城して以後、1615年廃城になるまで 城下町として栄えたが、長浜城がなくなった後は長浜御坊が大いに 栄えると同時に長浜は門前町として形成されていった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/01 13:45
龍泉寺(大阪府富田林市) <名勝>浄土式庭園
本堂西側に広がる庭園は、南北朝時代以前の影響が残る浄土式庭園で、 大きな池には三つの島があり、スイレン・蓮・かきつばた・しょうぶ・アヤメ などが花を咲かせる。 自然がそのまま残る庭園の風景は、一見すると手入れが行き届かない 風景にも見えるが、周囲を廻ると自然を生かした庭園の本来持つ癒し空間を 造り出している。これこそ<自然庭園>である。 これに類した庭園は三重県津市の専修寺庭園がある。 <専修寺 その1>参照 また、この池は弘法大師空海が祈祷によって水を呼び、清水満々として 三... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/30 21:07
桂春院(京都市右京区) 侘び寂びの庭園
<茶づら>と呼ばれる大徳寺は、塔頭の多くが立派な茶室を持ち 茶の湯が盛んであったと思われるが、妙心寺は<算盤づら>と呼ばれ 茶の湯などが禁じられていたのか、室町以来の茶室などなく、 質素であったのだろう。 江戸時代になってその傾向は弱まっていったらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/14 17:23
退蔵院(京都市右京区) <名勝>枯山水庭園と現代庭園
妙心寺塔頭の退蔵院は通常公開の数少ない塔頭のひとつである。 なんといっても二つの庭園が見どころであり、一つは狩野元信の作庭と 伝わる枯山水庭園で襖絵の延長上に庭園を設計したといわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/14 14:52
妙心寺(京都市右京区) 臨済宗妙心寺派大本山
妙心寺は<算盤づら>といわれるほどに寺院運営に長け、臨済宗のお寺の 約60%に相当する3500ヶ寺余りの末寺を擁している。 室町時代には大徳寺とともに厳しい禅風を特色とする<林下(りんか)>で、 五山十刹にも入らない幕府非管制の寺であった。 一時は廃寺同然の状態に陥ったこともあるが、室町末期には細川家・豊臣家 などの庇護も受け繁栄の道を築いていった。   塔頭は、境内塔頭が37ヶ寺院、境外塔頭が9ヶ寺院を数える大禅寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/13 22:56
大覚寺(京都市右京区) 深緑の境内と大沢池
梅雨の合間快晴に恵まれた今日、緑が映える嵯峨の大覚寺に 急遽出かけてみた。今日は、伽藍をじっくり拝観させていただいた後、 大覚寺境内の一部である大沢池を一周し、緑の風景を堪能させてもらった。 大沢池のハスも1ヶ月後には華を咲かせることだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/13 17:41
龍安寺(京都市右京区) 龍安寺を隈なく歩いて
石庭以外にも龍安寺のすばらしさがいっぱいある。 隅から隅まで歩いて探索してみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/04 16:00
龍安寺(京都市右京区) 謎を秘める石庭
龍安寺の石庭を方丈の中からじっくり眺めてみたいという願望は 現在では不可能であり、拝観者の隙間を縫って縁側に座るのが やっとなだけに、石庭の秘められた謎を探索するのは滑稽に 写る。 作庭者・作庭時期・作庭意図など謎だらけの石庭だけに余計 関心が集まる。 以前仕事の関係で外国の人を案内したことがあるが、その人は じっくり身動きせず1時間余り座視していて、感動を覚えたことが ある。その後、この人は病の奥さんを伴って二人で来られ、奥さんに この庭をじっくり味わう機会を与えられたが、そ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/04 13:53
興臨院(京都市北区) 春・秋特別公開の大徳寺塔頭
興臨寺は大永年間(1521〜28年)に能登守護大名畠山義総(よしふさ)に よって開創された大徳寺塔頭である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/04 11:17
龍源院(京都市北区) 大徳寺古参の塔頭 四つの庭園
龍源院は1502年能登の畠山義元などによって開創された大徳寺でも 古い塔頭で、大徳寺南派の本庵(北派本庵は大仙院)である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/04 09:37
高桐院(京都市北区) 庭園がすばらしい大徳寺塔頭
高桐院は1602年細川忠興(三斎)が開創した大徳寺塔頭で、 細川家の菩提寺でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/03 21:50
竹林院(奈良県吉野町) 大和三庭園の一つ<群芳園>
大和三庭園と呼ばれる池泉回遊式庭園を擁した竹林院はお寺というよりも、 国際観光旅館として有名であり、昭和天皇・皇后陛下も宿泊された。 <大和三庭園:當麻寺中之坊、大和郡山の慈光院、吉野の竹林院> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/03 14:44
大徳寺(京都市北区) 臨済宗大徳寺派大本山
大徳寺が世界遺産に登録されていない不思議はいつまで続くのか。 噂では<古都京都の文化財>に追加登録の動きもあるとか。 境内の電線地中化も進行中であるし、非公開の部分も多いのが 現状であるが、それも公開の動きがあるのか。 文化財の宝庫である大徳寺には是非登録に積極的な活動を 願ってやまない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/29 16:40
大仙院、龍光院(京都市北区) 大徳寺塔頭
大仙院は1509年の創建で、大徳寺塔頭の中でも北派本庵として 尊重される名刹であり、非公開が多数を占める塔頭の中でも、 数少ない公開塔頭(ただし、撮影不可)である。 沢庵和尚が宮本武蔵に剣道の極意を教えた所として、前住職の 尾関宗園の法話などの名物和尚が輩出しているお寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/29 12:23
西本願寺<本願寺>(京都市下京区) 浄土真宗本願寺派本山 世界遺産
1262年親鸞聖人入滅の後、末娘の覚信尼が1272年現在の知恩院塔頭の 崇泰院付近に廟堂を設け、遺骨を安置したのが本願寺の発祥といわれる。 3代覚如が再建し専修寺と言っていたが、その後本願寺と改名した。 その後、寺基は転々としたが、1591年豊臣秀吉の寄進によって現在地に 再建された。 1602年本願寺は東西に分割され、西本願寺と真宗大谷派の東本願寺が 成立することになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/29 10:19
久安寺(大阪府池田市) 住職の努力で変貌する花の寺
725年開創と伝えられる古刹であるが、現在の住職(女性)がこつこつと 努力され、花木の植栽・庭園の整備など広大な境内が実に巧く変化に富み、 四季を通じて緑の木々と花の織りなすハーモニーが境内全体に漂っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/27 09:34
金閣寺<鹿苑寺>(京都市北区) 新緑と観光客の風景
金閣寺<正式名:鹿苑寺>については今更書くこともないであろうが、 3点ほど書いてみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/26 20:57
天龍寺(京都市右京区) 新緑の風景
世界遺産に登録されている天龍寺の最大の見所は、境内全体に配置されている 伽藍と曹源池を核とする庭園の見事な調和にあるのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/26 15:36
多田寺、萬徳寺、圓照寺(福井県小浜市) 多田薬師と<名勝>庭園
多田寺も萬徳寺も二度目の訪れであるが、今回は両寺とも伽藍の修理中で ゆっくり参拝できずに終わった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/09 20:20
西福寺(福井県敦賀市) <重文>伽藍と<名勝>庭園
西福寺の御影堂、阿弥陀堂、書院および庫裡が2008年4月に 国の重要文化財に指定されたばかりの風景を求めて訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/09 00:01
法華寺(奈良県奈良市) 奈良時代に光明皇后が開創した尼寺
藤原不比等亡き後、娘の光明皇后がその邸宅を引き継ぎ745年寺として開いた のが法華寺の始まりである。 747年には、東大寺が総国分寺であったのに対して法華寺は総国分尼寺となり、 東西に塔を持つ大寺院であったが、平安遷都後は少しずつ衰退していった。 一方、大和三門跡寺院(中宮寺、法華寺、円照寺)のひとつとしての寺格は続いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/05 16:57
南禅寺(京都市左京区) 新緑の風景と景物
南禅寺は禅宗の臨済宗南禅寺派の大本山で、1291年亀山法皇が自らの離宮を 禅寺としたのが始まりである。 室町時代には京都五山の<五山之上>に格付けされ、その当時の最も優れた 禅僧が住職に就き、五山文学の中心として栄えた。 伽藍は3回火災に見舞われ、現在の伽藍は桃山時代のものが最も古く、 法堂(本堂)は明治時代に再建されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/02 00:05
智積院(京都市東山区) その1 <名勝>庭園
智積院の庭園は桃山時代に始まり、江戸時代に拡充された池泉鑑賞式庭園で、 国指定の名勝となっている。 豊臣秀吉が愛児鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲寺の庭園が始まりとなり、 1615年豊臣没落と同時に、徳川家康が根来寺の塔頭智積院の住職にこの地 を与え京都の智積院が創建されると同時に庭園も拡充され、今日の庭園となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/24 20:53
東本願寺(京都市下京区) <名勝>渉成園(枳殻邸)
東本願寺の東500mほどに位置する渉成園は、周囲に生垣として枳殻(からたち)を植えた ことから枳殻邸(きこくてい)と呼ばれた。 1653年東本願寺13代宣如上人が退隠して、この地に隠居所を設け渉成園と名付けた のが始まりである。 この地は、平安時代に源氏物語の主人公・光源氏のモデルと言われる源融が 建てた六条河原院の跡地の一部である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/24 10:58
仁和寺(京都市右京区) その2 世界遺産 真言宗御室派総本山
仁和寺は886年光孝天皇の勅願で建立が開始されたが、天皇が 亡くなったのでそれを継がれた宇多天皇が888年に開創された。 宇多天皇はその後、出家され御室と名付けられた僧房に住んだことから 仁和寺は<御室御所>と呼ばれた。 代々の住職は皇室関係の人が努め明治時代まで存続したことから、 門跡寺院の筆頭として君臨した。 なお、金堂を始めとする伽藍は徳川家光の支援で再建されたものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/18 21:09
仁和寺(京都市右京区) その1 お寺の風景と御室桜
門跡寺院の筆頭であった仁和寺は、その風景が物語っている。 伽藍、庭園、桜とどれもが平安貴族好みになっていて、平安時代の 風景を表現する代表的な遺産として世界遺産に登録されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/18 14:35
専修寺(三重県津市) その1 お寺の風景と安楽庵の庭
高田本山と呼ばれる専修寺(せんじゅじ)は、真宗10派のひとつ高田派の 本山であり、三重県で最も大きなお寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/16 16:02
正法寺(京都市西京区) 石庭と桜
京都西山の大原野界隈は竹林が多く、春の時期には道端で 筍が売られている風景にあちこちで出会う。 そんな大原野の一角にある正法寺は借景式の石庭で人気があり、 梅、桜、新緑、紅葉と四季を通じて拝観者がみられる。 また、春日不動信仰も篤く、新年や節分には厄除け祈願に お参りされる人も多い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/13 16:45
知恩院(京都市東山区) その3 風景と景物
知恩院の七不思議とは @鶯張りの廊下:御影堂から方丈へ至る廊下 A白木の棺:三門上に安置 三門大工棟梁夫妻の棺 B左甚五郎の忘れ傘:御影堂の軒下にある傘 C抜け雀:大方丈の襖絵 D三方正面真向の猫:大方丈の杉戸絵 E大杓子:大方丈入口の廊下に置かれている杓子 F瓜生石:黒門前の路上にあり、知恩院創建以前からある 大きなお寺には七不思議と呼ばれる景物がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/12 15:15
青蓮院(京都市東山区) 庭園
青蓮院は女性拝観者に人気があり、春・秋のライトアップ時には 多くの拝観者が訪れるお寺である。 その魅力はなんと言っても相阿弥の作と伝わる庭園にあり、庭園の 周りを回遊していろんな角度から風景を楽しめる。 四季を通じて変化を見せる庭園に心を癒される人も多いのでは ないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/11 17:34
圓徳院<円徳院>(京都市東山区) 高台寺塔頭
高台寺の前に位置する圓徳院は、北政所が1605年伏見城の化粧御殿を 移築し、19年間居住した住まいを1632年円徳院として創建された。 庭園(北庭園)は同じく伏見城から移設された枯山水庭園で、国指定の 名勝である。 近年、ライトアップの期間も長くなり、大勢の拝観者が訪れている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/09 21:24
高台寺(京都市東山区) その2
<高台寺蒔絵>は漆と金粉を平滑に蒔く平蒔絵で、黒漆の上に 金粉を蒔いて文様を浮き上がらせ、黒と金の対比を際立たせる蒔絵である。 蒔絵調度類32種が重要文化財に指定されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/09 16:42
高台寺(京都市東山区) その1 ねねの寺
高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために、正室のねね(北政所・高台院)が 1606年に徳川家康の支援を受けて創建した禅寺である。 家康はねねを丁重に扱ったのは、秀吉子飼いの大名を抑える意味も あったのであろう。 今日では、<ねねの寺>として拝観する観光客が年々増え、夜間の ライトアップには人人人の人気がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/08 21:58
本法寺(京都市上京区)
茶道家元の表千家と裏千家に向かい合って建つ本法寺は日蓮宗本山の ひとつで、本阿弥光悦など本阿弥家の菩提寺であるとともに、 桃山時代の大画家長谷川等伯と縁の深いお寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/28 14:54
木之本地蔵院<浄信寺>(滋賀県長浜市木之本町) 日本三大地蔵
地蔵菩薩は<最も弱い立場の人々を最優先で救済する>菩薩として、古来より 絶大な信仰の対象となってきた。 日本全国お地蔵さんを見かけないところはないと言っても過言でない地蔵信仰 の親しみ、難しい理屈抜きの親しみ−−−自然を愛する気持ちと共通する何かが ある。 日本のお寺にお参りすると、ほとんどのお寺で地蔵尊にお会いできる共通の 仏さんなのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/25 21:03
芳春院(京都市北区)
NHK大河ドラマ<利家とまつ>で<まつ>の生涯が加賀前田家の隆盛を生み出した 様子が描かれましたが、その<まつ>の法号が芳春院である。 大徳寺塔頭の芳春院は1608年にまつが建立し、芳春院と名付け前田家の 菩提寺としたお寺である。 大徳寺には22ヶ寺の塔頭があるが、大名などの菩提寺が多くある。 織田信長の菩提寺は総見寺、三玄院は石田三成の菩提寺などなど。 芳春院は大徳寺境内の北端にあり、通常は非公開であるが、春と秋に 特別公開されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/23 16:56
勧修寺(京都市山科区) 真言宗山階派大本山
勧修寺は900年醍醐天皇の生母藤原胤子の菩提を弔うために開創された お寺であり、江戸時代末期まで宮門跡であった。 その寺格が境内全体に残っており、氷室池を中心とした庭園は平安貴族 好みの庭園になっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/22 22:33
随心院(京都市山科区) その2 梅の風景
小野小町伝説・伝承は全国33都府県260ヶ所以上あるといわれています。 生誕の地、終焉の地、ゆかりの地、在住の地などなどが東北から九州まで ひろがってあり、小野小町への夢が膨らみます。 生誕の地としては、秋田県湯沢市雄勝町(小町堂)が通説として語られ、 在住の地としては、京都市山科区(随心院)が通説となっている。 終焉の地の通説は諸説あるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/22 21:00
光明禅寺<光明寺>(福岡県太宰府市) 九州随一の枯山水庭園
春はシャクナゲ、初夏は新緑、秋は紅葉、それに苔と石が織り成すハーモニー と四季を通じて名演奏を奏でる光明禅寺の庭園は、渡唐天神の縁起に基づき 海をテーマに作庭された枯山水庭園である。 石組や苔を島と大陸に見立て、水を表す白砂が東から西へ流れて大海となる 風景を演じている。<一滴海の庭>と名づけられている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/07 23:44
千如寺(福岡県糸島市)
福岡県でも五指に入る紅葉の名所千如寺は雷山(955m)の中腹に位置し、 725年聖武天皇の勅願によってインドの僧清賀上人によって開創されたと いわれている。 鎌倉時代には元寇に対する祈祷寺として栄えたが、戦国時代末期には 衰退していた。 1753年福岡藩主黒田継高によって塔頭大悲王院が創建され、明治時代の 神仏分離により千如寺は廃寺となり、大悲王院がその総てを引き継いだ。 現在の千如寺は大悲王院そのものであり、今日の隆盛をみている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/05 22:54
観智院(京都市南区)
観智院は東寺(教王護国寺)の北に位置する院家(塔頭)で、それほど広くない 境内に多様な宝物を擁するお寺である。 客殿は1605年北政所(秀吉の正室)の支援を受けて再建された書院造り の典型的な建物で、国宝に指定されている。 観智院の宝物の中でも、貴重なものが<観智院金剛蔵聖教文書類>といわれて おり、1万5千点にもおよび重要文化財に指定されている。 これは、南北朝・室町時代にかけて、開創者の杲宝・第二代賢宝などが 南都北嶺(奈良のお寺・延暦寺)の聖教類を書写・収集したものである。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/05 11:52
永源寺(滋賀県東近江市) その2 あらまし
鎌倉時代から戦国時代にかけて近江の守護大名であった佐々木六角氏 の五代佐々木六角氏頼が寂室元光禅師を迎えて1361年開創したのが 永源寺の始まりである。 その後、幾度かの兵火にあいながら寛永年間(1624〜44年)に一絲文守に より再興され、彦根藩主井伊家の庇護を受けて今日にいたっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/04 14:40
永源寺(滋賀県東近江市) その1 緑と紅葉の風景
永源寺から湖東三山にかけての東近江の一帯は紅葉の名所として 全国的にも有名な地域である。 <湖東三山:百済寺、金剛輪寺、西明寺> また、古刹・名刹の由緒を持つお寺が数多く存在する地域でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/04 12:46
興禅寺(鳥取県鳥取市)
興禅寺の由来を見ると複雑な経緯があるようだが、江戸時代は黄檗宗の 三大叢林<他に東光寺(山口県萩市)、大年寺(宮城県仙台市)>といわれるほど 鳥取藩主の庇護を受けて栄えたと伝わるお寺。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/26 13:39
粉河寺(和歌山県紀の川市) 西国三十三所観音霊場第3番
粉河寺は西国三十三所観音霊場第3番札所として、また粉河寺を 全国版にしている国宝<粉河寺縁起絵巻>を有するお寺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/17 12:47
京都の庭園 その28 勧修寺(京都市山科区) 雪の風景
勧修寺(かじゅうじ)の読み方は普通の人では(かんしゅうじ)ですよ。 そうです。このお寺の住所の地名は(かんしゅうじ)なのです。 どうも、地元の人はお寺も(かんしゅうじ)と呼んでいるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/13 21:19
京都の庭園 その27 随心院(京都市山科区) 雪の風景
朝から小雪が舞う京都山科の南に位置する小野の里を訪れたのは、 随心院と勧修寺の冬景色それに<そば処萬寿亭橘>の名物そばを 味わうのが楽しみのひとつ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/13 15:43
安養寺(滋賀県栗東市)
名神高速道路沿いの安養寺山の麓に位置する安養寺は奈良時代に開創された 古刹であるが、何度かの火災にあいながら本尊薬師如来(鎌倉時代)は無事で 難を逃れてきた。 見ごたえのある庭園で近年拝観者も増えているそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/10 19:22
平等院(京都府宇治市) その4 雪の風景
2008年2月9〜10日全国的な雪模様。ヒョットして平等院が雪化粧しているのでは ないかとニュースを見ると案の定雪化粧した平等院。 素早く行動に移そうと2月10日朝早く出かけることになった。今まで何度と足を運んだ 平等院で雪化粧した平等院には会えていない。それほどに宇治市は雪が少なく 積雪は近年では珍しいとのこと。それ行け。! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/10 16:15
浄土寺(広島県尾道市) その4
浄土寺 その4 庭園、石塔、仏像<写真不可>、その他 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/09 21:37
浄土寺(広島県尾道市) その3
浄土寺 その3 文化財以外の伽藍 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/09 20:32
浄土寺(広島県尾道市) その2
浄土寺 その2 文化財伽藍について ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/09 17:56
京都の庭園 その26 妙顕寺(京都市上京区)
寺之内界隈は寺町通とともにお寺の集中した寺院街であるが、その中にあって 京都で最初に日蓮宗の道場が開かれた妙顕寺はその風格を今も伝えている。 尾形光琳・乾山兄弟の菩提寺であり、そのお墓は塔頭泉妙院にある。 また光琳が設計したと伝わる<光琳曲水の庭>が書院の前にひろがる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/09 12:07
京都の庭園 その25 妙覚寺(京都市上京区)
妙覚寺の位置する寺之内界隈は日蓮宗を始め数多のお寺が集中してあり、 寺町通とともにお寺街を形成している。 これは、秀吉時代に京の町を整備するにあたり計画的にお寺を配置したものである。 寺之内界隈に日蓮宗が多いのは、町衆の多くの信者がこの地域に集中している ことと表裏の関係にある。 妙覚寺には狩野永徳など狩野家の墓所があるが、そのお墓はヒッソリとした 目立たない存在となっている。 本阿弥光悦(墓所:光悦寺)、長谷川等伯(本法寺)、尾形光琳(泉妙院)なども 日蓮宗の信者であり、芸術家... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/09 11:08
慈光院(奈良県大和郡山市)
境内全体が茶席の雰囲気に満ち溢れている慈光院は茶人片桐石州の設計・開基により 創建され、借景を取り入れた庭園はその趣を一層高めている。 さらに、手水鉢のひとつひとつに気配りした造形が窺える。 サツキの頃は拝観者も多いとのこと。新緑もよし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/06 22:21
瀧谷寺(福井県坂井市)
総門を入るといきなり湿った空気と濃い緑に体が圧倒され、歩く歩幅が小さくなり 山門への時間が異常に長く感じた。 そんなお寺が瀧谷寺である。越前の名刹の風景と雰囲気に圧倒された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/01 22:34
天徳院(石川県金沢市)
<芳春院(おまつ)を人質として江戸へ送り、かわりに秀忠の次女珠姫を利常の正室 として迎えた>珠姫の菩提寺が天徳院である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/31 23:38
国泰寺(富山県高岡市)
臨済宗国泰寺派大本山という大本山のイメージの少ないお寺であるが、 明治時代に山岡鉄舟の尽力により再興されたと聞けばその風景が変わってくる。 月泉庭の大きな石(庭園の石では日本最大級といわれる)を見ると鉄舟を 想像したくなる。 それに、虚無僧にゆかりの深いお寺とくればなおさら鉄舟ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/30 17:03
京都の庭園 その24 三千院(京都市左京区)
大原の里にある三千院は今や知らない人が無いほどに有名になり、閑寂の趣は 古の彼方にある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/30 00:11
京都の庭園 その23 永観堂(京都市左京区)
永観堂の境内全体が広大な庭園を想わせ、特に新緑と紅葉はその想いを 強くする。 <秋はもみじの永観堂>と古くからいわれるように、紅葉の時期は人人人〜。 この時期には夜間のライトアップも行われカメラ愛好家にとっては見逃せない 風景を醸し出す。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/29 15:46
京都の庭園 その22 光雲寺(京都市左京区)
東福門院(徳川和子)ゆかりのお寺である光雲寺は南禅寺の境外にある塔頭で 南禅寺北之坊ともいわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/29 14:48
京都の庭園 その21 南禅院(京都市左京区)
南禅寺発祥の地といわれる南禅院は亀山上皇の離宮跡に開創された 南禅寺塔頭(13ヶ寺)のひとつである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/29 13:56
京都の庭園 その20 金地院(京都市左京区)
方丈の前にひろがる鶴亀の庭園は1632年に小堀遠州が作庭した枯山水庭園で、 国の特別名勝に指定され、桃山時代の典型的な庭園といわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/29 13:27
京都の庭園 その19 天授庵(京都市左京区)
天授庵の方丈・書院を巡るように庭園がひろがり、新緑から紅葉にかけては 絵のような風景を展開する。 しかし冬の庭園は禅寺の雰囲気を醸し出し、これぞ侘び寂びの世界といえよう。 方丈東庭:枯山水庭園 書院南庭:池泉回遊式庭園 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/29 11:43
銀閣寺(京都市左京区) その2
銀閣寺の銀閣(観音殿)には銀箔は使われていなかった。最近の科学的調査で 銀箔を貼った痕跡が認められなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/28 22:19
銀閣寺(京都市左京区) 
世界遺産の銀閣寺を知らない人はいないだろうし、拝観していない人も少ないだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/28 21:45
京都の庭園 その16 蓮華寺(京都市左京区)
最近つとに有名になった紅葉の名所で、侘びた風景が四季を通じて楽しめる。 新緑と紅葉を対比して想像するのも楽しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/28 20:38
京都の庭園 その15 実光院(京都市左京区)
大原の里にある実光院は天台声明(しょうみょう)の伝承でつとにその名を知られているが、 周囲の山々を眺めながら回遊する庭園も見逃せない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/26 00:38
京都の庭園 その14 宝泉院(京都市左京区)
大原の里にある宝泉院といえば額縁庭園といわれるほど人気のあるお寺で 三千院、勝林院、実光院、来迎院などが集中しており、四季を通じて拝観者が多く、 人のいない時期があるのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/26 00:06
百万遍知恩寺 (京都市左京区) 浄土宗大本山
百万遍といわれる知恩寺 古本市や手作り市が催されるお寺として知られるお寺 このお寺は浄土宗七大本山のひとつとしてその威厳を持っているが、 練り供養や大数珠でも親しまれている庶民派のお寺と思っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/25 23:32
京都の庭園 その12 実相院(京都市左京区)
実相院は1229年に創建された門跡寺院で、皇室ともゆかりがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/24 23:57
京都の庭園 その11 円通寺(京都市左京区)
円通寺の庭園はつとに有名で、何も語る必要はなさそうです。 少し最近の話題を語るとすれば、京都市の景観条例です。 この条例は京都の景観を守ろうという趣旨ですが、建設界では物議を醸しております。 建物の高さだけでなく、この円通寺のような借景が命の庭園にとっては景観条例は 非常に有効な後ろ盾になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/24 23:24
京都の庭園 その10 妙満寺(京都市左京区)
妙満寺には二つの宝がある。一つは安珍・清姫で有名な道成寺伝来の鐘 二つ目は、京の雪月花三名園といわれた<雪の庭>がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/24 22:53
京都の庭園 その9 安楽寺(京都市左京区)
鎌倉時代初期に法然上人の弟子−−住蓮・安楽−−がこの近くに念仏道場を建て、 念仏の布教を行っていると後鳥羽上皇の官女−−松虫・鈴虫−−が教化を受けて 出家する事態が起こり、これを受けて念仏ご法度の沙汰が発せられ住蓮・安楽 は死刑、法然上人は四国への配流、親鸞聖人は越後への配流となった。 これが<建永の法難>といわれる。その後室町時代末期に住蓮・安楽の供養の ためにこのお寺が再興された。 境内には住蓮・安楽の供養塔、松虫・鈴虫の供養塔がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/24 14:20
京都の庭園 その8 法然院(京都市左京区)
茅葺で数奇屋造りの山門で有名な法然院(ほうねんいん)は、鎌倉時代に法然上人が 弟子達と修行した草庵が始まりといわれる。 その後荒廃したが、1680年に知恩院の万無和尚が再興したのがこのお寺といわれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/24 13:16
京都の庭園 その2 泉涌寺(京都市東山区)
泉涌寺(せんにゅうじ)は皇室の菩提寺で境内の山手には天皇陵がいくつか あり、別名御寺といわれる。 塔頭は9ヶ寺で、そのうち今熊野観音寺は西国三十三所観音霊場第15番札所。 塔頭雲龍院の庭園は拝観者も少なく、落ち着いて拝観できるお薦めの庭園。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/23 14:53
京都の庭園 その1 東福寺(京都市東山区)
東福寺は紅葉の名所であり、<東福寺の伽藍面>といわれるほど伽藍が整備されている。 国宝の三門を始め、日本最大の東司(昔のトイレ)など珍しいお堂もある。 塔頭も25ヶ寺を数え、その中で庭園を公開しているお寺を含めて東福寺の庭園を 紹介してみましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/23 13:36
興禅寺(長野県木曽町)
中山道の要所福島宿−−木曽路の中心−−にある木曽三大寺のお寺 20世紀の代表的作庭家−−重森三玲−−の石庭(看雲庭)が最大の見所 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/20 00:32
平等院(京都府宇治市) その2 鳳凰堂の風景
鳳凰堂 誰もが知っている そう十円玉の文様 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/19 20:29
平等院(京都府宇治市) その1 宇治川の風景
宇治川が山間から平地に流れ出てくる谷口の西岸にひろがる平等院 その周辺の風景を眺めてみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/19 17:47
常栄寺(山口県山口市)
画聖雪舟が作ったと伝わるお庭が迫ってくるお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/16 20:03
保国寺 (愛媛県西条市) <名勝>庭園
茅葺屋根の本堂と庭園が醸し出す風景が別世界に誘うお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/15 22:48
根来寺(和歌山県岩出市) その2
お寺のあらましは<その1>をご覧ください ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/14 15:18
根来寺(和歌山県岩出市) その1
根来衆といわれる1万余の僧兵を抱え、室町時代末期のヨーロッパの地図に記される ほどの巨大なお寺であったが、秀吉軍の来襲で壊滅状態となった。 しかし、その後新義真言宗の原点として現在の真言宗に息づいている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/14 15:09
円成寺(奈良県奈良市) <名勝>浄土式庭園
運慶最初期の仏像<国宝大日如来坐像>がある柳生街道沿いのお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/12 23:23
酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) その3
一休さんのお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/11 11:44
酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) その2
一休さんのお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/11 10:32
大池寺(滋賀県甲賀市)
小堀遠州が作庭したと伝わるサツキの蓬莱庭園で有名なお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/09 20:12
永保寺(岐阜県多治見市)
土岐川畔の丘陵に建つ夢窓国師が開創した禅刹 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 21:59
那谷寺(石川県小松市) その2
奇岩遊仙境を中心に展開する白山信仰のお寺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 15:21
那谷寺(石川県小松市) その1
奇岩遊仙境を中心に展開する白山信仰のお寺で北陸屈指の真言宗古刹 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 14:45
光前寺(長野県駒ヶ根市) その2
光前寺は境内全体が国の名勝に指定されている南信州随一の祈願霊場 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 12:34
光前寺(長野県駒ヶ根市) その1
光前寺は中央アルプス木曽駒ケ岳の山麓に広がる南信州随一の祈願霊場で、 樹齢数百年の杉に囲まれた境内は国の名勝に指定されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/07 11:52
お寺の庭園 その2 九州
九州にもすばらしい庭園がありますよ。 是非訪問してください。京都だけでなく。 なによりも拝観者が京都ほど多くないので ゆっくり落ち着いて拝観できます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/05 12:15
お寺の庭園 その1 浄土庭園
浄土庭園 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/05 00:31

トップへ | みんなの「庭園」ブログ

お寺の風景と陶芸 庭園のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる