玉鳳院(京都市右京区) 妙心寺の最初で由緒ある塔頭

花園法皇は、1337花園離宮を禅寺とし、1342年関山慧玄を 迎えて妙心寺とした。その時、慧玄に教えを乞うための禅宮を建立 し玉鳳院とした。 その後、慧玄に玉鳳院が付与され、1360年慧玄が亡くなった後、 慧玄の開山堂が建立された。 玉鳳院は妙心寺最初の塔頭であるが、花園法皇の塔所であり、 関山慧玄の開山堂がある妙心寺の…

続きを読むread more

妙心寺 (京都市右京区) 塔頭

京都市右京区にある妙心寺は、花園法皇(1297~1348年) が自分の離宮を1337年禅寺として開創されたのに始まる。 その後、1342年関山慧元(無相大師)を迎えて開山とし、 妙心寺の礎が始まる。 1399年応永の乱が起こり、足利義満により妙心寺は没収され 中絶するが、1432年返還され、日峰宗舜が室町幕府管領の 細川氏の…

続きを読むread more

高松寺 (和歌山県串本町) 潮岬

本土最南端・潮岬に建つ高松寺には、104年前に建立された 一つの慰霊碑がある。 明治~昭和時代初期にかけて、日本からオーストラリア木曜島 に渡り、白蝶貝などの採取に携わった人は7千人におよび、 その内700人ほどの人が命を落とし、串本出身者は150名 を数える。 その中の潮岬出身ダイバー6名の慰霊碑がそれである。 現在、串…

続きを読むread more