観福寺 (和歌山県白浜町)

紀勢道南紀白浜IC近くに建つ観福寺は、鎌倉時代中期に開創された
と伝え、1643年再興されている。
開創開山の法燈国師は鎌倉時代の高僧で、中国から帰朝後、由良町
に興国寺を開創し、味噌・醤油の醸造を始めたことから発祥の地と
いわれている。

江戸時代初期、観福寺に仮住まいした龍賀法印にまつわる伝説が
いくつか伝わり、その内の一つが、蛙の鳴き声を霊力で止めたと
いう<鳴かずの池>で、山門前の池を鳴かずの池と呼んでいる。

<和歌山県のお寺一覧>

(1)寺名:観福寺(かんぷくじ)
(2)住所:和歌山県白浜町栄162
(3)山号:白華山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:法燈国師 (6)開創:鎌倉時代中期
(7)中興:1643年(8)本尊:千手観音
(8)その他
1)紀伊之国十三仏霊場第10番 阿弥陀如来
2)町指定文化財
   千手観音坐像、六波羅御教書
3)町指定史跡
   龍賀法印の墓
4)訪問日:2019年11月16日


1全景(30-3802)観福寺 (16).JPG
                 全景

2(30-3802)観福寺 (3).JPG

3山門(30-3802)観福寺 (4).JPG
                 山門

4本堂(30-3802)観福寺 (7).JPG
                 本堂

5開山堂(30-3802)観福寺 (9).JPG
                 開山堂

6阿弥陀堂(30-3802)観福寺 (13).JPG
                阿弥陀堂

7鳴かずの池(30-3802)観福寺 (2).JPG
                鳴かずの池