東明寺 (和歌山県太地町) 鯨供養塔

捕鯨発祥の太地(たいじ)は、古事記にも出てくる捕鯨の地で
あるが、本格的な捕鯨が始まったのは江戸時代初期といわれて
おり、現在は、商業捕鯨の中断により、鯨の観光地として再生
が図られている。
1768年に建てられた<鯨の供養碑>があるのが東明寺である
東明寺の開創は不詳であるが、戦国時代の太地城主居館跡に開創
されたともいわれている。

<和歌山県のお寺一覧>

(1)寺名:東明寺(とうみょうじ)
(2)住所:和歌山県太地町太地3320
(3)山号:清泰山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)鯨供養碑:町指定史跡 1768年
2)徳本上人名号碑:町指定史跡 1824年
3)訪問日:2019年11月16日


0鯨モニュメント(30-4081)東明寺 (21)1.JPG
               鯨モニュメント

1太地漁港(30-4081)東明寺 (19)1.JPG
                太地漁港

2恵比寿神社鯨骨ん鳥居(30-4081)東明寺 (20)1.JPG
              恵比寿神社鯨骨鳥居

3東明寺近辺(30-4081)東明寺 (17).JPG
                東明寺近辺

4東明寺全景(30-4081)東明寺 (18)1.JPG
                東明寺全景

5参道(30-4081)東明寺 (6).JPG
                 参道

6六地蔵(30-4081)東明寺 (4).JPG
                 六地蔵

7本堂(30-4081)東明寺 (2).JPG
                 本堂

8左供養碑(30-4081)東明寺 (11).JPG
         鯨供養碑 釈迦如来像 徳本上人名号碑