妙満寺(京都市左京区) 安珍・清姫の鐘

妙満寺には二つの宝がある。一つは安珍・清姫で有名な道成寺伝来の鐘 二つ目は、京の雪月花三名園といわれた<雪の庭>がある。 京の雪月花三名園とは、芭蕉の師といわれる松永貞徳が作った庭園で (1)妙満寺<雪の庭> (2)清水寺成就院<月の庭> (3)北野成就院<花の庭>(現在廃寺になっている) 雪の庭は枯山水庭園で、比叡山…

続きを読むread more

峰定寺 (京都市左京区) 

京都市左京区花背の仙境・大悲山(746m)山腹に展開する峰定寺は、 1154年鳥羽法皇の勅願により大峰熊野の修行者観空上人によって 開創され、勅命により藤原信西・平清盛が造営に携わっている。 本尊千手観音菩薩は法皇の念持仏で、同時に不動明王・毘沙門天 が奉納されている。 1676年聖護院の支援を受けて再興され、この時以来聖護院…

続きを読むread more

上行寺 (山梨県富士吉田市) 日蓮聖人ゆかりの寺

鎌倉時代中期に起こった<蒙古襲来>の前の時期、中国元朝 からの揺さぶりがあった1269年、日蓮聖人は国家安泰を 祈念し、富士山五合目の姥ヶ懐に法華経を埋納したと伝えら れているが、その時案内した浅間神社の宮司・塩屋平内左衛門 の草庵で聖人は法華経を書写したといわれ、その草庵が上行寺 の始まりと伝えられている。 姥ヶ懐のあ…

続きを読むread more