聖護院 (京都市左京区) 本山修験宗総本山

京都市左京区にある聖護院は、1090年園城寺の僧・増誉 大僧正によって開創された。 1090年白河上皇が熊野詣の折、増誉が先達として案内し たことにより、増誉は白河上皇から常光寺(円珍開創と伝わ る)を下賜され、現在地に聖護院として開創している。 1236年後白河法皇の皇子・静慧法親王が入寺して以来、 明治維新まで門跡寺院と…

続きを読むread more

実光院 (京都市左京区大原)

三千院周辺の賑わいにあって、庭園と魚山声明楽器の拝観で賑わう 実光院は、勝林院学僧の僧坊として開創され、魚山声明を伝えている。 声明はお経に節をつけた仏教音楽の一つで、各宗派で唄われている。 中でも、天台声明・真言声明は歴史も古く、天台声明はここ大原の里 で集大成され魚山声明(大原声明)として受け継がれている。 実光院では、そ…

続きを読むread more

寂光院(京都市左京区) 建礼門院ゆかりの寺

1185年壇の浦の戦いで平家は、源義経に敗れ、建礼門院徳子と その子安徳天皇、母の二位尼は海中に入水するが、徳子は引き上げ られ、京へ送られた後落飾し、直如覚と名乗った。 同年9月大原寂光院に侍女阿波内侍とともに隠棲し余生を送った。 1186年後白河法皇の大原御幸があり、平家物語の諸行無常を 象徴するエピソードとなった。 …

続きを読むread more

福井県のお寺一覧

福井県は真宗・曹洞宗の王国であるが、若狭地域は趣を異にする。 <若狭三十三観音霊場> 1982年に開創された福井県若狭地方の観音霊場 三方石観世音(若狭町):若狭三十三観音霊場特別霊場 永厳寺(敦賀市):若狭三十三観音霊場第1番 金前寺(敦賀市):若狭三十三観音霊場第2番 龍渓院(美浜町):若狭三十三観音霊場第3番 …

続きを読むread more

称念寺 (福井県福井市西木田)

足羽山(あすわやま)南麓の寺院群が集まる西木田地区にあって、 不動公園の隣地に建つのが称念寺である。 その開創は不詳であるが、かっては浄土真宗の古刹で、越前において 中核的役割を持っていた大町専修寺の末寺で、専修寺が1575年 織田信長軍との一向一揆の戦いに敗れ、廃寺となると、称念寺は 1602年北庄に移り、1659年の福井大…

続きを読むread more