金福寺(京都市左京区) 芭蕉・蕪村ゆかりの寺

京都市左京区の一乗寺にある金福寺は芭蕉がよく訪れたお寺で、 その後蕪村などが俳諧の集いをこのお寺で行っている。 また、蕪村は芭蕉庵を再興し句を残しており、蕪村の墓もある。 芭蕉の句<うき我をさびしがらせよ閑古鳥> 蕪村の句<耳目肺腸ここに玉巻く芭蕉庵> 庭園はサツキの枯山水庭園である。 <京都市左京区のお寺一覧>…

続きを読むread more

円通寺 (京都市左京区) <名勝>庭園

円通寺の元は、後水尾天皇(1596~1680年)の 山荘・幡枝離宮で、修学院離宮の造営にともない、近衛 家に譲り渡された。 1678年霊元天皇の乳母であった瑞雲文英尼がお寺と して円通寺を開創している。 比叡山を借景とする庭園は幡枝離宮の時に作庭された 庭園といわれている。 京都には借景庭園が多くあり、京都市眺望条例によっ…

続きを読むread more

円光寺(京都市左京区) 徳川家康創建の寺

京都市左京区の一乗寺にある円光寺は、1601年徳川家康によって 京都伏見に学校として創建された。 その後、相国寺境内への移転を経て1667年現在地に再興された。 伏見時代には多くの書籍を刊行し、その時使用された木活字5万個が 残っており、出版文化史上貴重な資料である。 明治時代以降臨済宗南禅寺派の尼僧修学道場であった。 …

続きを読むread more

曹源寺 (石川県珠洲市) 阿弥陀三尊

奥能登の外浦にあって、日本海沿いの国道249号を輪島に向って、 長橋バス停手前を左、山手に登った先に、一対の六地蔵が迎えて くれる。一対の六地蔵も珍しく、それも姿形の異なる六地蔵でもある 境内には2本の百日紅の老木、花をつけた姿を9月末にもかかわらず 残してくれている。 このお寺を訪れたのは、藤原時代の阿弥陀三尊であるが、…

続きを読むread more