善導寺 (京都市中京区) 善導寺型燈籠本歌

二条通に面し高瀬川の起点近くに、竜宮門形式の山門を構えるのが 善導寺である。 善導寺の前庭に安置されている石燈籠は<善導寺型燈籠>の本歌で、 その特徴は、火袋の面に茶碗・炭斗・茶釜・火鉢・火箸・杓などが 彫られ、茶人に愛好された燈籠である。 また、前庭に安置されている釈迦三尊石仏は1278年銘の清涼寺 式釈迦像で珍しい石仏で…

続きを読むread more

本能寺(京都市中京区) 本能寺の変

本能寺は1415年、油小路高辻と五条坊門の間に創建されたが、火災 などにより、移転・再建を繰り返し、1548年四条西洞院・油小路の (現在地名元本能寺南町一帯)広大な寺地に伽藍を再建した。 この本能寺が<1582年本能寺の変>発生のお寺で、築地塀・石垣・ 水掘が周囲に廻らせてあった。 織田信長が上洛の折は本能寺が宿所になってい…

続きを読むread more

天性寺 (京都市中京区寺町通) 子宝祈願の弁財天

京都市中京区寺町通にある天性寺は1577年上立売大宮に開創 されたと伝えられているが、豊臣秀吉の京都改造計画により現在地 に移転している。 本堂などは1880年に再建されいる。 天性寺の弁財天はいつの頃からか子宝祈願の弁天さんとして 信仰を集めている。 本能寺の南にあって、京都のど真ん中に結構広い境内を持っているが、 …

続きを読むread more

矢田寺 (京都市中京区寺町通) 矢田地蔵

京都市中京区寺町通にある矢田寺は、平安時代前期に大和郡山の 矢田寺の別院として五条坊門に開創され、1579年現在地に 移転したと伝えられている。 本尊の地蔵菩薩は代受苦地蔵(だいじゅくじぞう)と呼ばれ、 地獄で亡者を救う地蔵として信仰されている。 また、本堂前にある鐘は死者を冥土へ送るために撞く<送り鐘> と呼ばれ、六道珍皇…

続きを読むread more

誠心院 (京都市中京区新京極通) 和泉式部ゆかりの寺

京都市中京区の繁華街新京極通にある誠心院は、1027年藤原道長が 和泉式部に法成寺内の一庵を与えたのが始まりと伝えられている。 寺名は和泉式部の法名からつけられている。 豊臣秀吉の京都改造計画により、当時の寺町通沿いに移転している。 (新京極通は明治時代に造られている) 和泉式部は平安時代の歌人で、藤原道長の娘藤原彰子の女房と…

続きを読むread more

万年寺 (静岡県藤枝市岡部町) カヤの大木

玉露の三大産地(京都宇治、福岡八女、静岡朝比奈)の一つ、 朝比奈玉露の産地、藤枝市岡部町朝比奈地域にあって、県道 209号沿いの道の駅<玉露の里>がそれを物語っている。 その玉露の里南に万年寺は建ち、カヤの大木がシンボルと なっている。 カヤの樹齢は不明であるが、樹高は30mほど、幹周は6m 弱の大木で、樹勢は旺盛である。 …

続きを読むread more