金蔵寺 (京都市西京区大原野) 青もみじと紅葉の風景

京都市西京区大原野の小塩山(642m)の中腹にある金蔵寺は 718年に開創され、平安京造営にあたり桓武天皇によって都の 西南の鎮護寺となったと伝える。 その後、戦火などにより荒廃したが、1687年から桂昌院に より再興されている。 桂昌院は幼少の頃金蔵寺や善峯寺を度々訪れたことがあり、その 関係から金蔵寺や善峯寺の復興に力を…

続きを読むread more

正法寺(京都市西京区大原野) 石庭と桜

京都西山の大原野界隈は竹林が多く、春の時期には道端で 筍が売られている風景にあちこちで出会う。 そんな大原野の一角にあって、大原野神社に面して建つ 正法寺は借景式の石庭で人気があり、 梅、桜、新緑、紅葉と四季を通じて拝観者がみられる。 また、春日不動信仰も篤く、新年や節分には厄除け祈願に お参りされる人も多い。 この近…

続きを読むread more

正法寺 (京都市西京区大原野) 2013年の紅葉

2013年11月27日紅葉狩り。 大原野は桜よし、紅葉よし。 大原野神社の向いに建つ正法寺 <正法寺 石庭と桜>                  参道                  参道                  多宝塔                  不動堂…

続きを読むread more

十輪寺(京都市西京区) 在原業平ゆかりの寺

平安時代前期の歌人で六歌仙の一人でもある在原業平が晩年 住んだと伝わる十輪寺は、京都西山の大原野の里にこじんまりと 佇んでいる。 業平が塩を焼いて藤原高子への思いを伝えようとした塩竃の跡や 業平の墓といわれる宝篋印塔などがある。 在原業平ゆかりの寺といわれるお寺には ①不退寺:奈良市 在原業平創建の寺 ②十輪寺:京都市…

続きを読むread more

舞楽寺 (京都市山科区) 本願寺山科別院

山科本願寺は蓮如が1478年から1483年にかけて造営した本願寺御堂 であり、堀と土塁を築いて城塞的形態の寺内町となっていった。 1499年蓮如は山科本願寺において85歳で亡くなる。 1532年法華宗との戦いで山科本願寺は壊滅し、 1533年石山本願寺(大阪市 現在は廃寺)が本寺となり、山科本願寺は 廃寺となった。 その後、…

続きを読むread more

長福寺 (京都市山科区) 真宗大谷派山科別院

山科区の中心部にあって、蓮如上人が1478~83年に築いた 山科本願寺の跡地に建つのが、真宗大谷派山科別院の長福寺である。 長福寺は元々、東本願寺の境内にあったが、東本願寺17世真如 上人によって現在地に移し、別院としている。 近くに、蓮如上人廟があり、西本願寺山科別院と共同管理している 山科本願寺は、本願寺の勢力を大きく…

続きを読むread more