鹿王院(京都市右京区) 嵐山を借景とする庭園

京都市右京区の鹿王院は臨済宗の禅寺で、1380年足利義満によって 開創された宝幢寺の塔頭として始まる。 応仁の乱で宝幢寺は廃絶し、鹿王院のみが残り宝幢寺を引き継いでおり、 多数の文化財を有している。 庭園は嵐山を借景とする枯山水庭園で、苔の緑が鮮やかで静かな風景を 展開している。 また、女性専用の宿坊もあり、坐禅を体験す…

続きを読むread more

一心院 (京都市東山区) 浄土宗捨世派本山

1175年法然上人が比叡山から下りて、専修念仏の道に入って 行った年が浄土宗の始まりといわれている。 その後、浄土宗も種々の教えが生まれ、現在は5つの宗派がある。  浄土宗:総本山知恩院  西山浄土宗:総本山光明寺  浄土宗西山禅林寺派:総本山禅林寺(永観堂)  浄土宗西山深草派:総本山誓願寺  浄土宗捨世派:本山一心寺 …

続きを読むread more

厳照寺 (富山県砺波市) 門杉

砺波市福岡地区に巨大な2本の杉を見るべく、厳照寺を訪れた。 こんもりとした森の中に、お寺が建ち、その本堂の前に2本の 杉が門構えのように屹立し、それ故に<門杉(もんすぎ)>と 呼ばれているようだ。 樹齢は450年以上といわれ、その威容に圧倒された。 厳照寺は、本願寺第5世・綽如上人が南砺市井波に瑞泉寺を 1390年開創し…

続きを読むread more