圓徳院<円徳院>(京都市東山区) 高台寺塔頭

高台寺の前に位置する圓徳院は、北政所が1605年伏見城の 化粧御殿を移築し、19年間居住した住まいを1632年 円徳院として創建された。 庭園(北庭園)は同じく伏見城から移設された枯山水庭園で、 国指定の名勝である。 近年、ライトアップの期間も長くなり、拝観者が多い。 <京都市東山区のお寺一覧> (1)寺名:圓徳院…

続きを読むread more

両足院 (京都市東山区) 建仁寺塔頭

京都市東山区祇園花街の南にある建仁寺塔頭・両足院の特別公開を機に 冬の探索を試みてみた。京都の冬にしては穏やかな陽が降り注ぐ日と なり、冬景色らしくない風景に出会った。 表門から玄関へのアプローチも禅寺らしく白砂と敷石の見事なコンビ ネーションを見せている。 1350年代に龍山徳見禅師が開創した知足院が始まりとなり、 1…

続きを読むread more

禅居庵 (京都市東山区) 日本三大摩利支天

京都市東山区の祇園花街に隣接している建仁寺には16ヶ寺の塔頭が あり、その一つ禅居庵は開創(1333年)以来摩利支天が鎮守として 祀られ、篤い摩利支天信仰が続いている。 勝利を願って戦国時代には武将に、現在は開運を願って祇園花街の 舞妓や芸女・地元の多くの人たちの信仰を受けている。 <日本三大摩利支天:京都の禅居庵、金沢の宝泉…

続きを読むread more

六道珍皇寺 (京都市東山区) 

京都市東山区の<六道の辻>にある六道珍皇寺の開創については 不詳な点があるが、おおよそ二説が伝えられている。 ①延暦年間(782~805年)に空海の師・慶俊僧都が開創した 珍皇寺が始まりである。 ②承和年間(834~848年)に地域の豪族・山代淡海によって 開創されたと伝える。 など他にも説がある。 その後盛衰を経て、13…

続きを読むread more

岡山県のお寺一覧

岡山県のお寺を紹介 真光寺(備前市):<重文>本堂・三重塔 福生寺<大滝山>(備前市):<重文>三重塔 正楽寺(備前市):中国三十三観音霊場第3番 松本寺(備前市):閑谷学校近辺の古刹 西願寺(備前市):菩提樹とイチョウ 西念寺(備前市):陣屋門 長法寺(備前市):備前の古刹 安養寺(和気町):和気の名刹 本久寺(…

続きを読むread more

恩徳寺 (岡山県岡山市中区) 備前48ヶ寺

百間川の南、東西に連なる操山(みさおやま)丘陵の麓に 抱かれるように建つのが恩徳寺である。 仁王像が迎えてくれる山門を潜り、木々に覆われた石段を 上がると、正面に本堂がデン~と構え、参拝を終え、上を 見上げると、外陣天井に格子絵が描かれている。 本堂など伽藍は、幕末の火災で焼失したが、明治時代初期 に再建された近代伽藍である…

続きを読むread more