曹源寺 (石川県珠洲市) 阿弥陀三尊

奥能登の外浦にあって、日本海沿いの国道249号を輪島に向って、
長橋バス停手前を左、山手に登った先に、一対の六地蔵が迎えて
くれる。一対の六地蔵も珍しく、それも姿形の異なる六地蔵でもある
境内には2本の百日紅の老木、花をつけた姿を9月末にもかかわらず
残してくれている。

このお寺を訪れたのは、藤原時代の阿弥陀三尊であるが、突然の訪問
もあって留守であった。
奥能登の地によくも平安後期の仏像が残っているものだ。

<石川県のお寺一覧>

(1)寺名:曹源寺(そうげんじ)
(2)住所:石川県珠洲市長橋町29-1
(3)山号:長橋山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:松岩和尚 (6)開創:1350年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)阿弥陀三尊像:県指定文化財 藤原時代 中尊像高117cm
2)訪問日:2020年9月20日


1参道(17-2702)曹源寺 (12).JPG
                 参道

2参道から日本海を望む(17-2702)曹源寺 (2).JPG
               参道から日本海を

3境内(17-2702)曹源寺 (3).JPG
                 境内

4六地蔵(17-2702)曹源寺 (5).JPG
                 六地蔵

5六地蔵(17-2702)曹源寺 (6).JPG
                 六地蔵

6百日紅(17-2702)曹源寺 (8).JPG
                 百日紅

7本堂(17-2702)曹源寺 (7).JPG
                 本堂