妙心寺(京都市右京区) 臨済宗妙心寺派大本山

妙心寺は<算盤づら>といわれるほどに寺院運営に長け、臨済宗のお寺の 約60%に相当する3500ヶ寺余りの末寺を擁している。 室町時代には大徳寺とともに厳しい禅風を特色とする<林下(りんか)>で、 五山十刹にも入らない幕府非管制の寺であった。 一時は廃寺同然の状態に陥ったこともあるが、室町末期には細川家・豊臣家 などの庇護も受け…

続きを読むread more

妙心寺 (京都市右京区) 塔頭

京都市右京区にある妙心寺は、花園法皇(1297~1348年) が自分の離宮を1337年禅寺として開創されたのに始まる。 その後、1342年関山慧元(無相大師)を迎えて開山とし、 妙心寺の礎が始まる。 1399年応永の乱が起こり、足利義満により妙心寺は没収され 中絶するが、1432年返還され、日峰宗舜が室町幕府管領の 細川氏の…

続きを読むread more

清涼寺(京都市右京区) 嵯峨釈迦堂

今年2008年は<源氏物語千年紀>(源氏物語が世に出て千年)にあたり、 京都・宇治・大津を中心にイベントが行われており、源氏物語を改めて称賛 する機会になっている。 その源氏物語の主人公光源氏のモデルといわれる源融(みなもとのとおる)の 別荘を895年お寺にした棲霞寺の境内に、987年開創されたお寺が清涼寺 である。 現…

続きを読むread more

大覚寺(京都市右京区) 真言宗大覚寺派総本山

梅雨の合間快晴に恵まれた今日、緑が映える嵯峨の大覚寺に 急遽出かけてみた。今日は、伽藍をじっくり拝観した後、 大覚寺境内の一部である大沢池を一周し、緑の風景を堪能 させてもらった。 大沢池のハスも1ヶ月後には華を咲かせることだろう。 大覚寺は嵐山渡月橋の北約2kmの静寂な地にあり、嵐山の ような観光客で溢れることもない平…

続きを読むread more

泉涌寺(京都市東山区) 真言宗泉涌寺派総本山

1224年後堀河天皇により泉涌寺が皇室の祈願所となり、その後 後堀河天皇、四条天皇の陵墓が境内に築かれ、江戸時代の多くの 天皇陵墓も境内に築かれた。このため泉涌寺は皇室の香華所として <御寺(みてら)>と呼ばれている。 <重文>大門を潜り、参道を下っていく風景は京都でも珍しい風景で 御寺の雰囲気が漂っている。 何と言って…

続きを読むread more