神護寺(京都市右京区) 最澄・空海ゆかりのもみじ寺

比叡山で修行中の最澄は802年招かれて、高雄山寺(神護寺の前身)で 法華経の講義を行い、それが桓武天皇の知るところとなり、以後最澄は 桓武天皇の庇護を受けるのである。 804年最澄・空海は遣唐使に同行して(船は別々)唐に渡る。 806年最澄は天台の教えを説いて、天台宗が始まる。 806年空海は唐から帰朝後しばらくして、809年…

続きを読むread more

神護寺 (京都市右京区) 2011年の紅葉

2011年11月22日神護寺の紅葉狩り。 京都市内で最も早い紅葉幕開けのお寺であるが、11月22日は見頃を 過ぎつつあり。 <神護寺> 参道~山門~金堂~境内最奥へ~かわらけ投げ場と紅葉狩り                代表的な紅葉                 参道入口              …

続きを読むread more

東福寺(京都市東山区) 臨済宗東福寺派大本山

紅葉の時期には人人人~の東福寺であるが、その時期以外では 静かな禅寺であり、新緑を求めて新鮮な気分を味わうには絶好 のお寺である。 室町時代の京都五山第4位で、壮大な伽藍から<伽藍づら>と 呼ばれていた。 明治時代1881年の大火で仏殿・法堂・方丈・庫裡を失くし ているが、<国宝>三門などが残り、古の伽藍を想像出来る。 …

続きを読むread more

東福寺 (京都市東山区) 2014年の紅葉

2014年11月20日東福寺紅葉狩り。 京都有数の紅葉名所。 紅葉時期だけの観光客どっと押し掛ける。 見頃を迎えている。 今年の紅葉は映えていて、私の東福寺紅葉で最高~ <東福寺 臨済宗東福寺派大本山>                参道 人人~              臥雲橋から通天橋を望む …

続きを読むread more

東福寺(京都市東山区) 庭園

東福寺は紅葉の名所であり、<東福寺の伽藍面>といわれるほど 伽藍が整備されている。 国宝の三門を始め、日本最大の東司(昔のトイレ)など珍しいお堂 もある。 塔頭も25ヶ寺を数え、その中で庭園を常時公開・特別公開して いるお寺を含めて東福寺の庭園を紹介してみましょう。 <東福寺 臨済宗東福寺派大本山>    <東福寺…

続きを読むread more

智積院 (京都市東山区) 真言宗智山派総本山

京都七条通の東端に総門を構えるのが智積院である。 2~3年に一度、東山界隈を歩くのが、私のお寺探索の楽しみの 一つになっている。 特に、紅葉の智積院は、清水寺や東福寺と違って、人が少なく、 紅葉狩りには格好のお寺である。 伽藍は火災などで再建されたものが多く、伽藍探索は半減するが、 庭園の鑑賞はお薦めである。 智積院は…

続きを読むread more

智積院(京都市東山区) <名勝>庭園

智積院の庭園は桃山時代に始まり、江戸時代に拡充された 池泉鑑賞式庭園で、国指定の名勝となっている。 豊臣秀吉が愛児鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲寺の 庭園が始まりで、1601年徳川家康が根来寺の塔頭智積院 の住職にこの地を与え、1615年祥雲寺を吸収し、同時に 庭園も拡充され、今日の庭園となった。 長谷川等伯筆の<国…

続きを読むread more

智積院 (京都市東山区) 2017年11月27日 紅葉

東山七条の智積院は真言宗智山派の総本山である。 ここの紅葉は、隠れ紅葉名所と言えるが、少しずつ人気が 出てきた。 今回は庭園の拝観なし。有料。 紅葉ピークを過ぎつつある。                  冠木門                              …

続きを読むread more