興禅寺 (和歌山県上富田町) だるま寺

人口増加がみられる珍しい町、上富田町(かみとんだちょう)には熊野古道中辺路(なかへち)が通り、稲葉根王子から一瀬王子への途中に建つのが、だるま寺と呼ばれる興禅寺である。境内に祀られた1973年造立の<だるま石像>から、だるま寺として、また庭園に咲く四季折々の花を愛でる花の寺として、町のスポットとなっている。お寺は、898年の開創と伝える…

続きを読むread more