妙法院(京都市東山区) 天台三門跡

三十三間堂を所有している妙法院を訪れた人は京都でも少なく、 名前を知っている人も少ない隠れたお寺である。 由緒としては、三千院や青蓮院とともに天台宗の門跡寺院とし て江戸時代末まで名門寺として栄えてきた。 明治時代になって、神仏分離の煽りを受けて衰退し、境内 (庭園を含む)の一部を売却して生き延びてきたが、戦後の 観光ブ…

続きを読むread more

法観寺 <八坂の塔>(京都市東山区) 東山のランドマーク

京都市東山区にある法観寺の五重塔は昔から<八坂の塔>と呼ばれ、 東山のランドマークになっている。 寺伝では聖徳太子造立となっているが、八坂郷に居住する帰化系の 豪族八坂造が営んだ寺であろうと言われている。 五重塔付近から白鳳時代の瓦が出土していることから、開創は古い と考えられている。 天暦年間(947~957年)塔が傾き、…

続きを読むread more

光明院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 庭園

東福寺塔頭・光明院の庭園は、昭和時代の代表的な庭園家・重森三玲 の初期作品で、東福寺方丈庭園と同時期の造庭になる。 洲浜型の枯池に多数の石組を配した枯山水庭園である。 周囲に植生されたもみじと一面の苔が絶妙のハーモニーを奏でている。 <苔の虹寺>と呼ばれるのも肯ける気がする。 光明院は1391年に開創された東福寺の塔頭で、…

続きを読むread more

龍吟庵 (京都市東山区) 東福寺塔頭 <国宝>方丈

京都市東山区にある東福寺には25ヶ寺の塔頭があり、その筆頭 龍吟庵は1291年東福寺第三世無関普門(大明国師)の住居と して開創された。 <国宝>方丈は1387年の建立で、現存する最古の方丈といわ れている。 書院造に寝殿造の意匠が施された格調のある造りになっている。 方丈を取り囲む3面の庭園は1964年重森三玲の作庭で…

続きを読むread more

長楽寺(京都市東山区) 建礼門院ゆかりの寺

1185年壇ノ浦の戦いの後、建礼門院が長楽寺で出家したと 伝えられ、この後、建礼門院は寂光院に入った。 境内には<建礼門院御塔>と呼ばれる十三重石塔があるが、 その由来については不詳である。 肖像彫刻として有名な<重文>時宗祖師像7躯は、2008年5月7日 収蔵庫の火災時に運び出され無事であった。 <京都市東山区のお…

続きを読むread more

田ノ浦庵 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第6番

1954年、高峰秀子主演の映画<二十四の瞳>は脳裏に鮮明に 残っている。 映画の舞台<岬の分教場>の田浦分校は、今は廃校となったが、 校舎は保存され、観光客を迎えている。 私が訪れた時期は、コロナ対策で拝観できなかったが、外から 映画を思い出した。 この分校の裏に建つのが田ノ浦庵である。 ここから700mほど、田ノ浦半…

続きを読むread more

安養寺<吉水草庵>(京都市東山区) 法然上人ゆかりの寺

円山公園奥の山手にあって、知恩院の南隣に建つのが 法然上人ゆかりの安養寺である。 浄土宗の開祖法然上人は1175年比叡山を下りて、 粟生光明寺を経てここ吉水草庵(現在の安養寺)を 営み、1207年建永の法難で四国に配流になるまで の30数年、吉水草庵を本拠として専修念仏の布教に 努めた。 1201年には親鸞聖人も吉水草…

続きを読むread more

龍乗院 (岡山県玉野市)

瀬戸内海に面する山田港から山手に入った、寺山の麓に建つ龍乗院 を訪れたのは、伽藍が国の登録文化財に登録されていることから。 細い参道を登って行くと、鐘楼門と年代を感じる石段・石垣が迎て くれる。 境内は整備され、1819年建立された唐破風の玄関と本堂が 存在感を現出している。 お寺の開創は不詳であるが、本尊聖観音像は室町時代…

続きを読むread more

佛光寺<仏光寺>(京都市下京区) 真宗佛光寺派本山

親鸞を祖とする真宗十派(浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、 真宗高田派など)のひとつ佛光寺は、1212年親鸞が山科 に築いた一宇が始まりと伝えているが、実質的には1321 ~24年了源上人が山科に開創した興正寺が始まりであろう。 1328年に東山に移り、まもなく佛光寺と名付けている。 1481年佛光寺と興正寺は別れたが、蓮如が本願…

続きを読むread more

東本願寺(京都市下京区) <名勝>渉成園(枳殻邸)

東本願寺の東500mほどに位置する渉成園は、周囲に生垣として 枳殻(からたち)を植えたことから枳殻邸(きこくてい)と呼ばれた。 1653年東本願寺13代宣如上人が退隠して、この地に隠居所を 設け渉成園と名付けたのが始まりである。 この地は、平安時代に源氏物語の主人公・光源氏のモデルと言われる 源融が建てた六条河原院の跡地の一部…

続きを読むread more

粟嶋堂<宗徳寺>(京都市下京区) 女性一生の守り神

小さな境内にある粟嶋堂に祀られている粟嶋明神は、古来より 婦人病平癒や安産祈願にご利益があるということで、女性一生 の守り神として信仰が篤い。 与謝蕪村も娘の病気平癒を祈願して句を残している。 <粟嶋へ はだしまゐりや 春の雨> 人形供養でも最近人気がある。 <京都市下京区のお寺一覧> (1)寺名:粟嶋堂(あわしま…

続きを読むread more

蛸薬師堂(京都市中京区) 京都の繁華街新京極にあるお寺

蛸薬師堂は京都市内の繁華街新京極にあり、病気平癒祈願の 参拝者で線香の煙が絶えない。 鎌倉時代永福寺の僧が、母親の病気回復には蛸を食べさせれば 回復するとのことで、僧の身であることから躊躇していたが、 母親のためにと蛸を買い薬師如来に一心に祈ったところ母親の 病気が回復し、人々の薬師如来への信仰が深まり、蛸薬師と 呼ばれ…

続きを読むread more

京都市中京区・下京区・南区のお寺  

<京都のお寺総覧> <京都市中京区> 革堂(行願寺):西国三十三所観音霊場第19番 神泉苑:平安京の禁苑 壬生寺:新撰組ゆかりの寺 蛸薬師堂:蛸薬師伝説 誓願寺:浄土宗西山深草派総本山   長仙院:誓願寺塔頭   大善寺:大善寺寄席 本能寺:織田信長終焉の寺 天性寺:子宝祈願の弁財天 矢田寺:代受苦地蔵 誠心…

続きを読むread more

誓願寺 (京都市中京区) 浄土宗西山深草派総本山

京都市の繁華街、新京極の真っ只中に鉄筋コンクリートの本堂を 構えるのが誓願寺である。 誓願寺は、667年奈良に開創され、平安時代には、清少納言や 和泉式部が帰依したといわれている。 鎌倉時代になって、法然上人に譲られ、現在の京都市上京区の 元誓願寺通に移転し、1591年豊臣秀吉の京都改造計画による 寺町作成の中で、現在地に移…

続きを読むread more

百万遍知恩寺 (京都市左京区) 浄土宗大本山

百万遍と呼ばれる知恩寺 古本市や手作り市が催されるお寺 として知られるお寺 このお寺は浄土宗七大本山のひとつとしてその威厳を持って いるが、練り供養や大数珠でも親しまれている庶民派のお寺 と思っています。 平安時代末期に法然上人が、賀茂社の賀茂の河原屋に草庵を 建て布教活動したのが知恩寺の始まりと伝えられている。 …

続きを読むread more

古知谷阿弥陀寺 (京都市左京区) 大原の幽境

京都市左京区の大原の里の奥に位置する古知谷阿弥陀寺は、 1609年弾誓上人が如法念仏の道場として開創した山寺である。 三千院から北へ3kmほどの山あいにある静寂に包まれた幽境に ありながら、手入れの行き届いた参道と境内がお参りする人に 安らぎを与える。 弾誓上人は1613年この地で即身成仏され、ミイラ仏として 石廟に祀られて…

続きを読むread more

安楽寺 (京都市左京区) 松虫鈴虫寺

東山鹿ヶ谷にあって、哲学の道沿いの山手に、茅葺山門が紅葉に 映える安楽寺は、鎌倉時代初期に現在地より東の東山山中に、 法然上人の弟子である安楽・住蓮が念仏道場として草庵を建てた ことに始まるといわれている。 1206年女官の松虫・鈴虫が安楽・住蓮に帰依し出家し、これに 激怒した後鳥羽上皇は、1207年安楽・住蓮を処刑し、法然上…

続きを読むread more

金地院(京都市左京区) 庭園

方丈の前にひろがる鶴亀の庭園は1632年に小堀遠州が 作庭した枯山水庭園で、国の特別名勝に指定され、 桃山時代の典型的な庭園といわれている。 金地院は、応永年間(1394~1427年)京都の鷹ヶ峯 に建立されたが、江戸時代の初期に以心崇伝(金地院崇伝)が この地に再興した南禅寺の塔頭(13ヶ寺)である。 以心崇伝は徳川家…

続きを読むread more

天授庵(京都市左京区) 新緑と紅葉の風景

京都市左京区の東山山麓に位置する南禅寺の塔頭天授庵は 1339年南禅寺の開山無関普門の塔所として開創され、 その後細川幽斎(1534~1610年)によって再興 され、幽斎の菩提寺となっている。 <重文>方丈障壁画32面は長谷川等伯により1602年 制作されている。残念ながら非公開になっている。 庭園は枯山水の方丈(本堂)前庭…

続きを読むread more

古江庵 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第4番

田ノ浦半島のつけ根にあって、内海湾を背に建つのが古江庵である。 かっては風光明媚な古江海岸であったが、風水害防止の堤防が築か れ、その趣は減じたが、今も内海湾の風景が活きている。 古江庵の開創は不詳であるが、本尊阿弥陀如来像は鎌倉時代の造像 である。 <香川県のお寺一覧> (1)寺名:古江庵(ふるえあん)<別名:潮海…

続きを読むread more

南禅院(京都市左京区) 庭園

南禅寺発祥の地といわれる南禅院は亀山上皇の離宮跡に 開創された南禅寺塔頭(13ヶ寺)のひとつである。 方丈の南にひろがる庭園は池泉回遊式庭園で、亀山上皇 の作といわれている。 新緑・紅葉と木々の色の変化が楽しめる。 <京都市左京区のお寺一覧> (1)寺名:南禅院(なんぜんいん) (2)住所:京都市左京区南禅寺福地町…

続きを読むread more

法然院(京都市左京区) 茅葺山門

茅葺で数奇屋造りの山門で有名な法然院(ほうねんいん)は、 鎌倉時代に法然上人が弟子達と修行した草庵が始まりと伝える その後荒廃したが、1680年に知恩院の万無和尚が再興した のがこのお寺といわれる。 境内全体が鄙びた趣を持ち、苔の緑が映える庭園を成している。 方丈庭園は池泉回遊式庭園で、紅葉の時期は人人人。 また、山門を…

続きを読むread more

宝泉院(京都市左京区) 額縁庭園

大原の里にある宝泉院といえば額縁庭園といわれるほど人気 のあるお寺で三千院、勝林院、実光院、来迎院などが集中し ており、四季を通じて拝観者が多く、人のいない時期がある のだろうか。 額縁庭園もさることながら、京都三名松に数えられる五葉松 は樹齢700年といわれるだけに見ごたえがある。 京都三名松とは、金閣寺<陸舟の松> …

続きを読むread more

勝林院(京都市左京区) 天台声明の根本道場

大原の里、三千院の前を通り過ぎて突き当たりに勝林院がある。 このあたりは天台宗の別院が集まり、天台声明(てんだいしょう みょう)の根本道場になっている。 声明とは、お経に節をつけた儀礼に使われる仏教音楽であり、 天台宗には天台声明、真言宗には真言声明など各宗にある。 この声明が後には謡曲、民謡、浄瑠璃などに転化していった と…

続きを読むread more

実相院 (京都市左京区) 岩倉実相院門跡

紅葉シーズンには観光バスを含め多くの~多くの観光客で、 ゆっくりと拝観する隙間もない。 以前はゆっくりと拝観できたのがなつかしい。 特に、<床もみじ>の拝観は至難の技。 私は新緑と紅葉と3回訪問しているが、新緑時がゆっくりと 拝観できる。二つの庭園もすばらしい。 実相院は、1229年北区の紫野に開創され、京都御所近く …

続きを読むread more

徳島県のお寺一覧

徳島県のお寺を紹介 <四国八十八ヶ所霊場> 霊山寺(鳴門市):四国八十八ヶ所霊場第1番 東林院(鳴門市):第1番霊山寺の奥の院 極楽寺(鳴門市):四国八十八ヶ所霊場第2番 潮明寺(鳴門市):紀貫之の歌碑 長谷寺(鳴門市):駅路寺 鬼骨寺(鳴門市):鬼伝説 十輪寺(鳴門市):四国八十八ヶ所霊場第1番前札所 蓮花寺…

続きを読むread more

常慶院 (徳島県徳島市) 滝薬師

厄除け薬師として信仰の篤い<滝薬師>は、眉山東北麓に建つ。 麓に薬師堂(本堂)、そこから山腹に続く石段を登ると、途中 には、芭蕉句碑、滝不動などを経て、聖観音堂に到着する。 この観音堂は、1945年徳島大空襲によって焼失した三重塔 の跡地に建てられたもので、麓の本堂も同じく空襲で焼失後、 再建されている。 常慶院は、戦国…

続きを読むread more

金戒光明寺(京都市左京区) 黒谷さん

法然上人源空は1175年43歳の時、専修念仏を説くべく28年間修行した 比叡山を下り、最初に草庵を結んだ地が金戒光明寺の黒谷であった。 法然上人は同年この地を弟子に与え、広谷を経て吉水の地に草庵を結んだ。 吉水の地が知恩院の発祥の地で、広谷が浄土宗開宗の地となっている。 <法然上人足跡とゆかりの寺> 江戸時代末期には金…

続きを読むread more

智恩寺(京都府宮津市) 日本三文殊

智恩寺は天橋立のすぐそばにある日本三文殊のお寺 日本三文殊(山形県の亀岡文殊、奈良県の安倍文殊、京都府の切戸の文殊) <京都丹後のお寺一覧> (1)寺名:智恩寺(ちおんじ)  (2)住所:京都府宮津市文殊466 (3)山号:天橋山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派  (5)開基:平城天皇勅願 (6)開創:808年  (7…

続きを読むread more

浄住寺 (京都市西京区) 黄檗宗

嵐山~桂の西山山麓に、松尾大社、鈴虫寺、苔寺、地蔵院、浄住寺と 散策を楽しむには、格好の地である。 そんな中にあって、地味な浄住寺は黄檗宗のお寺であるが、810年 嵯峨天皇の勅願寺として開創されたと伝える古刹である。 鎌倉時代、公卿・葉室氏によって再興され、菩提寺となっている。 1687年、黄檗宗の僧・鉄牛禅師によって再興され…

続きを読むread more

金剛院(京都府舞鶴市) 三重塔

四季を通じて<重文>三重塔は自然環境と一体となってその姿を 表現している。 紅葉との一体感が最も優れているといわれるのは余りにも有名で あるが、緑との一体感もこの上なく好ましい。 金剛院には鎌倉時代の快慶作<執金剛神立像><深沙大将立像> の2体の仏像が所蔵されているが、どんな経緯でこのお寺に伝 わったのか。 東大寺再…

続きを読むread more

観音寺(京都府福知山市) 丹波のあじさい寺

丹波のあじさい寺と呼ばれる観音寺は、100種1万株のあじさいが 境内一面に花を咲かせる<関西花の寺霊場第1番>である。 関西花の寺25ヶ所霊場は近畿2府4県の花を名所にするお寺で 構成されており、ここ観音寺が第1番となっている。 <京都丹波のお寺一覧> (1)寺名:観音寺(かんのんじ)<通称:華観音寺>  (2)…

続きを読むread more

地蔵院(京都市西京区) 竹の寺

苔寺、鈴虫寺に近く、散策には格好の地にあって、竹林に囲まれた 地蔵院は<竹の寺>と呼ばれている。 一休和尚が幼少の頃修養したと伝わり、水上勉の<一休>でも 述べている。 <京都市西京区のお寺一覧> (1)寺名:地蔵院(じぞういん)<通称:竹の寺> (2)住所:京都市西京区山田北ノ町23  (3)山号:衣笠山 (4)…

続きを読むread more

岩王寺(京都府綾部市) 茅葺のお寺

茅葺の仁王門・本堂が静寂の山腹に溶け込んでいる。 かっては、この山から硯石が産出し、日本三筆(嵯峨天皇、空海、 橘逸勢)の嵯峨天皇が愛用したといわれている。 <京都丹波のお寺一覧> (1)寺名:岩王寺(しゃくおうじ) (2)住所:京都府綾部市七百石町寺の段1  (3)山号:神宮山 (4)宗派:高野山真言宗  (5)…

続きを読むread more

京都丹波のお寺一覧

京都丹波(亀岡市、南丹市、京丹波町、綾部市、福知山市)のお寺 <京都のお寺総覧> <京都府亀岡市> 延福寺:<重文>十三重石塔 穴太寺:西国三十三所観音霊場第21番 金剛寺:円山応挙ゆかりの寺 宝林寺:<重文>九重石塔 金輪寺:<重文>五重石塔 法常寺:後水尾天皇ゆかりの寺 谷性寺:明智光秀ゆかりの寺 神蔵寺…

続きを読むread more

楞厳寺 (京都府綾部市) 丹波のカラス寺

1937~38年、画家・長井一禾(いっか)が楞厳寺に滞在した時に、 描いた襖絵<四季の鴉>から、丹波のカラス寺と呼ばれている。 また、関西花の寺霊場第2番として、4月のミヤマツツジ、8月のハス と、それに、椿、菩提樹、百日紅の古木が彩りを添える。 私の訪問は6月で、静かな風景であった <京都丹波のお寺一覧> (1)寺…

続きを読むread more

丹波安国寺(京都府綾部市)

足利尊氏生誕の地(諸説あり)と伝わる上杉荘(現安国寺町) の山裾に建つ丹波安国寺は全国68ヶ寺安国寺(廃寺になって いるお寺もある)の筆頭に位置していた。尊氏は南北朝争乱に 殉じた人々の霊を供養するため全国68ヶ寺の安国寺建立を図 り、この丹波安国寺をその筆頭に据え、大いに栄えたが、室町 幕府が衰えるにしたがいこのお寺も衰退し…

続きを読むread more

光明寺(京都府綾部市) <国宝>二王門

綾部市から小浜市へ抜ける府道1号線を20分ほど車で走ると、君尾山の 麓にある綾部温泉の標識が見えてくる。そこを左に曲がると二王公園が あり、ちょっとしたリクレーションの場になっていて温泉が湧いている。 そこを抜け君尾山に向かって登って行くこと10分。 二王門のある駐車場に到着。小さいながらも駐車場は整備され、訪れる人 も少なく…

続きを読むread more

宝積寺<宝寺>(京都府大山崎町) 閻魔大王

宝積寺にある<重文>閻魔王坐像は、明治時代の神仏分離で 廃寺となった島本町の西観音寺から他の4体の仏像とともに 移された閻魔大王である。 聖武天皇ゆかりの<打出>と<小槌>が大黒天とともに祀ら れる福徳信仰のお寺に、閻魔大王が移ってきたことはなんと も絶妙の組み合わせで、多様な信仰を求める現代社会では大 いに歓迎されるの…

続きを読むread more

光明寺(京都府長岡京市) 新緑と紅葉 西山浄土宗総本山

光明寺の開創者は、源平合戦一ノ谷の戦いで敦盛の首を取った 熊谷直実(法力房蓮生)である。 直実は源平合戦後、敦盛とのことに悩み、1193年法然の 弟子となって出家し、法力房蓮生の法名を法然から授かる。 その後は仏に仕え、法然誕生の地に誕生寺を開創したことに 始まり、次々とお寺を開いていった。 1198年法然を開山として、粟生…

続きを読むread more

広島県のお寺一覧

広島県のお寺を紹介 明王院(福山市):<国宝>本堂・五重塔 妙顕寺(福山市):イチョウ 龍興寺(福山市):福山藩家老三村氏の菩提寺 観音寺(福山市):本堂、表門 妙政寺(福山市):福山藩主の菩提寺 胎蔵寺(福山市):歴史を語る釈迦如来坐像 備後安国寺<安国寺>(福山市鞆町):足利尊氏発願の安国寺の一つ 福禅寺(福山市…

続きを読むread more

胎蔵寺 (広島県福山市) 歴史を語る釈迦如来坐像

福山城の鬼門にあって、第2の寺町といわれる北吉津町に建つ胎蔵寺 このお寺の本尊釈迦如来坐像が2001年、修理がなされた際に、 胎内から金銀銅製五輪塔、文書など多数の施入品が見つかり、それら 資料が福山の歴史研究に重要な手がかりを及ぼすと報道された。 1619年、福山藩主となった水野勝成が福山城築城を開始し、城下町 の形成が始ま…

続きを読むread more

笠置寺(京都府笠置町) 磨崖仏

日本の歴史にその名を残す笠置山(元弘の乱)全山が境内になっている 笠置寺はその歴史に翻弄され、明治時代には無住のお寺であった。 現在は再興され、岩の山・磨崖仏のお寺として修行場巡りを楽しむ観光客 も多く笠置の名所になっている。 もみじ公園があり、紅葉の名所でもある。 <京都府南部のお寺一覧> (1)寺名:笠置寺(かさ…

続きを読むread more

岩船寺 (京都府木津川市) 関西花の寺第15番

京都と奈良の県境にある当尾(とおの)の里--鎌倉時代の石塔・ 石仏・磨崖仏などの宝庫--にある岩船寺(がんせんじ)の三重塔 ・石造物・阿弥陀さんを探索すべく足を運んでみると、これぞ山間 の瀟洒なお寺という風景に出会えた。 近くにある浄瑠璃寺とはまた違った趣を漂わせる古刹である。 <京都府南部のお寺一覧> (1)寺名:…

続きを読むread more

浄瑠璃寺(京都府木津川市) 浄土式庭園

宝池を中心とした浄土式庭園の東(此岸)に薬師如来を本尊 とする三重塔、西(彼岸)に九体阿弥陀如来を本尊とする 阿弥陀堂(本堂)とまさに浄土を連想さす風景が浄瑠璃寺 そのものである。 平等院(京都府宇治市)、白水阿弥陀堂(福島県いわき市) と浄土式庭園を代表する 浄瑠璃寺は文化的には奈良の影響が強いが、お寺の境内構想 は平安…

続きを読むread more

行願院 (岡山県倉敷市) 鑑真和上ゆかり

岡山県には、奈良唐招提寺の開祖鑑真和上の開創と伝えるお寺が 数ヶ寺あり、その中の一つが、今は無き西安寺で、その塔頭の 一つが行願院である。 鑑真和上が天平勝宝年間(749~757年)、岡山に巡錫の 際に、ここ西岡の地に西安寺を開創したと伝え、13寺の塔頭が 同時に開創されたといわれ、その一つが行願院である。 戦国時代の兵火と…

続きを読むread more

海住山寺 (京都府木津川市) <国宝>五重塔

恭仁京跡(山城国分寺跡を包含する)を見下ろす三上山の中腹にある 海住山寺には小さな国宝五重塔があり、裳階をつけた姿は短いスカート を履いた少女のように見える。 あまり知られていない五重塔だと思うが、同じように小さい五重塔と して有名な室生寺のそれとは趣を異にしている。 室生寺五重塔は貴公子の感、こちらは庶民の娘といった感。 …

続きを読むread more

一休寺<酬恩庵>(京都府京田辺市) 紅葉

京都府京田辺市にある一休寺<正式名:酬恩庵>は一休禅師が晩年 住まわれていたお寺で、多くの建物が重要文化財に指定され、庭園も 名勝に指定されている。 禅寺の風景が境内一面に展開され、一休禅師を偲ぶにはこれほどの 場所はないだろう。 <一休寺 伽藍> <京都府南部のお寺一覧> (1)寺名:酬恩庵(しゅうおんあん)…

続きを読むread more

酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) 深緑の伽藍

一休さん(一休宗純禅師)のお寺 <一休寺 紅葉> <京都府南部のお寺一覧> (1)寺名:酬恩庵(しゅうおんあん)<通称一休寺>  (2)住所:京都府京田辺市薪里ノ内102 (3)山号:霊瑞山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派  (5)開山:大応国師 (6)開創:1288~93年  (7)再興:一休禅師 1456年 (…

続きを読むread more

萬福寺(京都府宇治市) 中国風の伽藍

宇治市には、それぞれに特徴を持った三名刹がある。 世界遺産・極楽浄土の平等院、西国三十三観音霊場・花の寺三室戸寺、 黄檗宗大本山・中国風伽藍の萬福寺である。 萬福寺は建物や伽藍配置、仏像様式や儀式作法、それに普茶料理に いたるまで、他のお寺とは異なる中国風に染められた風景を醸し出し ている。 特に伽藍配置が左右対称配…

続きを読むread more

萬福寺(京都府宇治市) 四季の風景と景物

1654年招きに応じて中国明から来日した隠元禅師は最初、長崎の興福寺に 入りその後高槻市の普門寺に住した。 いろんな経過を経て、徳川第4代将軍家綱の帰依を受け、宇治市の現在の地を 与えられて、将軍・大名の庇護のもと1661年萬福寺を開創した。 隠元禅師は来日する時、インゲンマメ、スイカ、レンコン、孟宗竹などをもたらした と…

続きを読むread more

勝持寺(京都市西京区) 花の寺

勝持寺は別名<花の寺>といわれるほどに四季を通じて 花を愛でることができる。 特に、春の桜と晩秋の紅葉時期には多くの拝観者が訪れ、 車での拝観は難儀する。 ここ大原野には名刹・古刹が多くあり、ハイキングがて らの散策がうってつけの地域ではないだろうか。 アプローチは大原野神社からの表参道をお薦めします 歌人西行が出家剃…

続きを読むread more

華厳寺 (京都市西京区) 鈴虫寺

京都市西京区の松尾山(223m)山麓にある華厳寺は、1723年 鳳潭上人によって華厳宗の再興を願って開創された。 現在では、1年中鈴虫の鳴き声が聞こえ、一つだけ願い事を叶えてくれる 幸福地蔵さんのお寺として、京都のみならず全国に知れ渡ったお寺である。 60数年前に住職が研究・育成を始めて30年余の歳月を費やして、 1年中鈴…

続きを読むread more

随心院(京都市山科区) 小野小町と梅

小野小町伝説・伝承は全国33都府県260ヶ所以上あるといわれ、 生誕の地、終焉の地、ゆかりの地、在住の地などなどが東北から 九州までひろがってあり、小野小町への夢が膨らみます。 生誕の地としては、秋田県湯沢市雄勝町(小町堂)が通説として 語られ、在住の地としては、京都市山科区(随心院)が通説と なっている。 深草少将の百夜通…

続きを読むread more

随心院 (京都市山科区) 四季の風景

小野小町ゆかりの随心院は、四季折々の花木で彩られる名刹で、 特に、梅の小野梅園はつとに有名である。 近辺には、勧修寺、醍醐寺、法界寺といった名刹があり、徒歩 での散策がお薦めです。 随心院の四季の風景を眺めてみよう <随心院 小野小町> <3月下旬 梅>                 小野梅園 …

続きを読むread more

勧修寺(京都市山科区) 真言宗山階派大本山

勧修寺は900年醍醐天皇の生母藤原胤子の菩提を弔うために 開創されたお寺であり、江戸時代末期まで宮門跡であった。 お寺の正式な呼び方は<かじゅうじ>であるが、地名の呼び方 は<かんしゅうじ>で、地元の人でも、お寺を<かんしゅうじ> と呼んでいるそうだ。 こうした例は、私のお寺探索でよくある。 勧修寺の寺格が境内全体に残っ…

続きを読むread more

勧修寺 (京都市山科区) 四季の風景

京都市山科区にある勧修寺(かじゅうじ)は、900年醍醐天皇が 生母藤原胤子の菩提を弔うために、胤子の祖父宮道弥益の邸宅跡 に開創したお寺である。 氷室池を中心とする庭園氷池園は四季折々の花木が彩を添え、 特に初夏のスイレン・ハスの花が水面を埋め尽くす様は見事である。 近くには、随心院、醍醐寺、法界寺などの名刹があり、徒歩で…

続きを読むread more

鳥取県のお寺一覧

鳥取県のお寺を紹介 観照院(岩美町):因幡西国観音霊場第6番 龍岩寺(岩美町):因幡西国観音霊場第5番 隣海院(岩美町):東浜海岸 長谷寺(岩美町):鳥取藩ゆかり 西法寺(岩美町):小説家尾崎翠の生家 東源寺(岩美町):中国四十九薬師霊場第47番 不動院岩屋堂(若桜町):洞窟内の舞台造り不動堂 新興寺(八頭町):鳥取…

続きを読むread more

観世音寺 (鳥取県鳥取市鹿野町)

戦国時代の武将で、<山陰の麒麟児>と呼ばれた山中鹿之助(幸盛) ゆかりの鹿野町、お寺探索中に<桜姫ゆかりの寺観世音寺>標石を 見つけ訪れた~お寺に近づいて、色とりどりの彩色を施したお堂や 仏像などを目にし、<桜姫ゆかりの寺>のイメージと合わず、早々 に引き上げたが、後で調べてみると二つの情報に接し、もっと詳しく 探索すべきであ…

続きを読むread more

法界寺(京都市伏見区) <国宝>阿弥陀堂と阿弥陀如来

法界寺は醍醐寺の南、日野の里に寂しく佇む小さなお寺であるが、 その由緒は光輝くものがあり、阿弥陀堂・阿弥陀如来坐像と二つ の国宝を擁する芸術史上欠かせないお寺なのである。 日野の里は、藤原氏の支流日野氏の郷であり、親鸞聖人・日野富子 などが日野一族の出身で共に日野の里で誕生したといわれている。 法界寺は日野氏の氏寺であり、…

続きを読むread more

常照皇寺 (京都市右京区京北) 深緑と紅葉の風景

京都の里山と呼ばれ、北山杉の産地・京北にある常照皇寺は、 1362年光厳上皇が庵を結んだのが始まりと伝えられる。 その後、上皇が亡くなると、清渓禅師が光厳上皇を開山と して禅寺とした。 戦国時代は衰退したが、江戸時代には皇室や幕府の支援を 受けて大いに栄えたと言われている。 現在も菊の紋章が使われているが、お寺としては山寺の…

続きを読むread more

京都市右京区のお寺一覧 

<京都市右京区> 愛宕念仏寺:1200体の羅漢さん 為因寺:初期の<重文>宝篋印塔 化野念仏寺:8000体の石仏・石塔 印空寺:旧御室御所の茶所 大龍寺:日本三大烏樞沙摩明王 三宝寺:茶人・山田宗偏ゆかりの寺 順興寺:蓮如上人ゆかりの寺 法蔵寺:尾形乾山鳴滝窯跡 覚勝院:大根供養 祇王寺:白拍子祇王姉妹の寺 滝口寺…

続きを読むread more

祇王寺 (京都市右京区)

法然上人の門弟良鎮が創建した往生院に、平家物語に登場する平清盛に 寵愛を受けた白拍子祇王姉妹と母が入寺し、後から仏御前も入寺したと 伝える尼寺である。 明治時代には一時廃寺となるが、1895年富岡鉄斎などの尽力により 再興され、大覚寺の配下に入り塔頭となる。 1934年出家し、1936年祇王寺に入った高岡智照尼は1996年 …

続きを読むread more

妙心寺(京都市右京区) 臨済宗妙心寺派大本山

妙心寺は<算盤づら>といわれるほどに寺院運営に長け、臨済宗のお寺の 約60%に相当する3500ヶ寺余りの末寺を擁している。 室町時代には大徳寺とともに厳しい禅風を特色とする<林下(りんか)>で、 五山十刹にも入らない幕府非管制の寺であった。 一時は廃寺同然の状態に陥ったこともあるが、室町末期には細川家・豊臣家 などの庇護も受け…

続きを読むread more

妙心寺 (京都市右京区) 塔頭

京都市右京区にある妙心寺は、花園法皇(1297~1348年) が自分の離宮を1337年禅寺として開創されたのに始まる。 その後、1342年関山慧元(無相大師)を迎えて開山とし、 妙心寺の礎が始まる。 1399年応永の乱が起こり、足利義満により妙心寺は没収され 中絶するが、1432年返還され、日峰宗舜が室町幕府管領の 細川氏の…

続きを読むread more

清涼寺(京都市右京区) 嵯峨釈迦堂

今年2008年は<源氏物語千年紀>(源氏物語が世に出て千年)にあたり、 京都・宇治・大津を中心にイベントが行われており、源氏物語を改めて称賛 する機会になっている。 その源氏物語の主人公光源氏のモデルといわれる源融(みなもとのとおる)の 別荘を895年お寺にした棲霞寺の境内に、987年開創されたお寺が清涼寺 である。 現…

続きを読むread more

大覚寺(京都市右京区) 真言宗大覚寺派総本山

梅雨の合間快晴に恵まれた今日、緑が映える嵯峨の大覚寺に 急遽出かけてみた。今日は、伽藍をじっくり拝観した後、 大覚寺境内の一部である大沢池を一周し、緑の風景を堪能 させてもらった。 大沢池のハスも1ヶ月後には華を咲かせることだろう。 大覚寺は嵐山渡月橋の北約2kmの静寂な地にあり、嵐山の ような観光客で溢れることもない平…

続きを読むread more

泉涌寺(京都市東山区) 真言宗泉涌寺派総本山

1224年後堀河天皇により泉涌寺が皇室の祈願所となり、その後 後堀河天皇、四条天皇の陵墓が境内に築かれ、江戸時代の多くの 天皇陵墓も境内に築かれた。このため泉涌寺は皇室の香華所として <御寺(みてら)>と呼ばれている。 <重文>大門を潜り、参道を下っていく風景は京都でも珍しい風景で 御寺の雰囲気が漂っている。 何と言って…

続きを読むread more

神護寺(京都市右京区) 最澄・空海ゆかりのもみじ寺

比叡山で修行中の最澄は802年招かれて、高雄山寺(神護寺の前身)で 法華経の講義を行い、それが桓武天皇の知るところとなり、以後最澄は 桓武天皇の庇護を受けるのである。 804年最澄・空海は遣唐使に同行して(船は別々)唐に渡る。 806年最澄は天台の教えを説いて、天台宗が始まる。 806年空海は唐から帰朝後しばらくして、809年…

続きを読むread more

神護寺 (京都市右京区) 2011年の紅葉

2011年11月22日神護寺の紅葉狩り。 京都市内で最も早い紅葉幕開けのお寺であるが、11月22日は見頃を 過ぎつつあり。 <神護寺> 参道~山門~金堂~境内最奥へ~かわらけ投げ場と紅葉狩り                代表的な紅葉                 参道入口              …

続きを読むread more

東福寺(京都市東山区) 臨済宗東福寺派大本山

紅葉の時期には人人人~の東福寺であるが、その時期以外では 静かな禅寺であり、新緑を求めて新鮮な気分を味わうには絶好 のお寺である。 室町時代の京都五山第4位で、壮大な伽藍から<伽藍づら>と 呼ばれていた。 明治時代1881年の大火で仏殿・法堂・方丈・庫裡を失くし ているが、<国宝>三門などが残り、古の伽藍を想像出来る。 …

続きを読むread more

東福寺 (京都市東山区) 2014年の紅葉

2014年11月20日東福寺紅葉狩り。 京都有数の紅葉名所。 紅葉時期だけの観光客どっと押し掛ける。 見頃を迎えている。 今年の紅葉は映えていて、私の東福寺紅葉で最高~ <東福寺 臨済宗東福寺派大本山>                参道 人人~              臥雲橋から通天橋を望む …

続きを読むread more

東福寺(京都市東山区) 庭園

東福寺は紅葉の名所であり、<東福寺の伽藍面>といわれるほど 伽藍が整備されている。 国宝の三門を始め、日本最大の東司(昔のトイレ)など珍しいお堂 もある。 塔頭も25ヶ寺を数え、その中で庭園を常時公開・特別公開して いるお寺を含めて東福寺の庭園を紹介してみましょう。 <東福寺 臨済宗東福寺派大本山>    <東福寺…

続きを読むread more

智積院 (京都市東山区) 真言宗智山派総本山

京都七条通の東端に総門を構えるのが智積院である。 2~3年に一度、東山界隈を歩くのが、私のお寺探索の楽しみの 一つになっている。 特に、紅葉の智積院は、清水寺や東福寺と違って、人が少なく、 紅葉狩りには格好のお寺である。 伽藍は火災などで再建されたものが多く、伽藍探索は半減するが、 庭園の鑑賞はお薦めである。 智積院は…

続きを読むread more

智積院(京都市東山区) <名勝>庭園

智積院の庭園は桃山時代に始まり、江戸時代に拡充された 池泉鑑賞式庭園で、国指定の名勝となっている。 豊臣秀吉が愛児鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲寺の 庭園が始まりで、1601年徳川家康が根来寺の塔頭智積院 の住職にこの地を与え、1615年祥雲寺を吸収し、同時に 庭園も拡充され、今日の庭園となった。 長谷川等伯筆の<国…

続きを読むread more

智積院 (京都市東山区) 2017年11月27日 紅葉

東山七条の智積院は真言宗智山派の総本山である。 ここの紅葉は、隠れ紅葉名所と言えるが、少しずつ人気が 出てきた。 今回は庭園の拝観なし。有料。 紅葉ピークを過ぎつつある。                  冠木門                              …

続きを読むread more

三十三間堂<蓮華王院>(京都市東山区) 世界一長い木造建築

三十三間堂の正式名は蓮華王院といい、その本堂を三十三間堂と 呼んでいる。近くにある妙法院の境外仏堂である。 桁行33間(約120m)あることからの呼び名になっている。 後白河上皇が平清盛に命じて、1165年に創建されたが 1249年火災によって焼失したが、1266年再建された。 これが現在の三十三間堂である。 三十三…

続きを読むread more

京都市東山区のお寺一覧

京都市東山区のお寺リスト <寺名をクリックすると詳細へ> 清水寺:西国三十三所観音霊場第16番 京都一の観光客   清水寺善光寺堂:洛陽三十三所観音霊場第10番   清水寺奥の院:洛陽三十三所観音霊場第11番   清水寺本堂:洛陽三十三所観音霊場第12番   清水寺朝倉堂:洛陽三十三所観音霊場第13番   清水寺泰…

続きを読むread more

建仁寺(京都市東山区) 臨済宗建仁寺派大本山

2008年洞爺湖サミットの会議場に複製が置かれた <国宝>風神雷神図は1600年代前半に俵屋宗達が 描いた日本を代表する屏風画であるが、当初妙光寺 (京都市右京区)にあったが、後に建仁寺に移った。 現在は、京都国立博物館に委託保管されている。 建仁寺の開山栄西禅師は1191年中国宋から禅を 最初に日本へもたらし、1202…

続きを読むread more

高台寺(京都市東山区) ねねの寺

高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために、正室のねね(北政所・高台院) が1606年に徳川家康の支援を受けて創建した禅寺である。 家康はねねを丁重に扱ったのは、秀吉子飼いの大名を抑える意味も あったのであろう。 今日では、<ねねの寺>として拝観する観光客が年々増え、夜間の ライトアップには人人人の人気がある。 庭園は池泉回遊式…

続きを読むread more

高台寺 (京都市東山区) 2017年11月27日 紅葉

高台寺の紅葉はピークを過ぎつつある。 例年に比して1週間早い。 早朝の訪問で人はまばら~帰る時は人人~                 ねねの道                  参道                 天満宮前                  庫裡                  遺…

続きを読むread more

知恩院(京都市東山区) 風景と景物

知恩院の七不思議とは ①鶯張りの廊下:御影堂から方丈へ至る廊下 ②白木の棺:三門上に安置 三門大工棟梁夫妻の棺 ③左甚五郎の忘れ傘:御影堂の軒下にある傘 ④抜け雀:大方丈の襖絵 ⑤三方正面真向の猫:大方丈の杉戸絵 ⑥大杓子:大方丈入口の廊下に置かれている杓子 ⑦瓜生石:黒門前の路上にあり、知恩院創建以前からある 大きなお…

続きを読むread more

知恩院(京都市東山区) 参道と門の風景

広い境内を持つ知恩院への参道はいくつかあり、それを総て順を おって歩いてみよう。 ①中央から入る参道  東大路に面してある表門(新門)~智慧の道~三門~男坂~境内 ②北西から入る参道  白川沿いにある総門(古門)~古門通~黒門~北門~四脚門~境内 ③南から入る参道  円山公園に面してある南門~三門~女坂~境内 …

続きを読むread more

愛媛県のお寺一覧

愛媛県のお寺を紹介 <四国八十八ヶ所霊場> 観自在寺(愛南町):四国八十八ヶ所霊場第40番 龍光寺(宇和島市):四国八十八ヶ所霊場第41番 仏木寺(宇和島市):四国八十八ヶ所霊場第42番 大隆寺(宇和島市):宇和島藩主伊達氏の菩提寺 正法寺(宇和島市):禅宗様の観音堂 明石寺(西予市):四国八十八ヶ所霊場第43番 …

続きを読むread more

明石寺 (愛媛県西予市) 四国八十八ヶ所霊場第43番

山裾に杉、檜などの大木に覆われ、境内には春爛漫の桜が咲き誇る 明石寺に着いた途端、自然の息吹を体全体で味わった。 明石寺(めいせきじ)は本来、<あげいしじ>と呼んでいたらしく、 地元では、<あげいしさん>、<あげしさん>などと親しみをもって よばれている。 お寺は、734年勧請された熊野神社と神仏習合の形態であった だけに、…

続きを読むread more

青蓮院(京都市東山区) 庭園

青蓮院は女性拝観者に人気があり、春・秋のライトアップ時には 多くの拝観者が訪れるお寺である。 その魅力はなんと言っても相阿弥の作と伝わる庭園にあり、庭園の 周りを回遊していろんな角度から風景を楽しめる。 四季を通じて変化を見せる庭園に心を癒される人も多いのでは ないだろうか。 青蓮院は門跡寺院で、天台宗五箇室門跡のひとつ…

続きを読むread more

青蓮院 (京都市東山区) 2014年の紅葉

2014年11月19日青蓮院の紅葉狩り。 見頃を迎えつつある。 朝早いこともあり、観光客少なし。 <青蓮院>参照              青蓮院の代表的な紅葉                  大クス                 書院から                 書院から …

続きを読むread more

詩仙堂(京都市左京区) ししおどしの元祖

京都市左京区にある詩仙堂は、江戸時代初期の徳川家家臣であり、文人 である石川丈山(1583~1672年)が1641年隠居のために 創建した山荘で、現在は詩仙堂丈山寺として曹洞宗の禅寺である。 庭園は丈山自身の設計になり、サツキの刈り込みと紅葉を主体とする 枯山水式になっているが、奥に池泉回遊式庭園が造られ、庭園様式の 全て…

続きを読むread more

円通寺 (京都市左京区) <名勝>庭園

円通寺の元は、後水尾天皇(1596~1680年)の 山荘・幡枝離宮で、修学院離宮の造営にともない、近衛 家に譲り渡された。 1678年霊元天皇の乳母であった瑞雲文英尼がお寺と して円通寺を開創している。 比叡山を借景とする庭園は幡枝離宮の時に作庭された 庭園といわれている。 京都には借景庭園が多くあり、京都市眺望条例によっ…

続きを読むread more

三千院 (京都府左京区大原) 京都 大原 三千院~

<京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり~>と歌った デューク・エイセスの歌は1965年、現天皇・皇后陛下が 皇太子・同妃時代の1966年行啓されたのが三千院で、 その頃から大原・三千院は全国版となり、その後観光客が 年々増え、現在では紅葉時期の人出は表現しようがない。 大原の里は今や一大観光地となった。 私が出掛ける時は…

続きを読むread more

京都の庭園 三千院(京都市左京区)

大原の里にある三千院は今や知らない人が無いほどに有名になり、 閑寂の趣は古の彼方にある。 三千院は天台宗の五箇室門跡寺院のひとつで、当初は比叡山に開創 され、変遷を経て1871年、この地にあった往生極楽院と合体し て三千院となった。 天台宗五箇室門跡<青蓮院(京都市左京区)、三千院、  曼殊院(京都市左京区)、妙法院(京…

続きを読むread more

真如堂<真正極楽寺>(京都市左京区) うなずきの弥陀

慈覚大師円仁が如来を彫って比叡山の修行者の本尊として祀ろうと すると如来は三度首を振って拒否した。 そこで、<京の都に下って衆生を導き、特に女人を救ってください> と円仁が言うと如来はうなずき、白毫をいれずに常行堂に安置したと 伝承されている。 これから、阿弥陀如来立像は<うなずきの弥陀>と呼ばれている。 984年比叡山の戒…

続きを読むread more

真如堂 (京都市左京区) 2015年の紅葉

それほど人人~でない紅葉スポット。 今年の紅葉は早く来た。今が見頃。色づきはイマイチかな。 <真如堂の概要> <2015年11月17日の紅葉>                  山門                山門から参道へ                  参道             …

続きを読むread more

京都市左京区のお寺一覧 

<京都市左京区> 鞍馬寺:鞍馬弘教総本山 安楽寺:松虫・鈴虫寺 永観堂:もみじの永観堂 円光寺:徳川家康創建の寺 円通寺:比叡山を借景とする庭園 恵光寺:鎌倉時代の石仏 岡崎別院:親鸞聖人草庵遺跡 北山別院:親鸞聖人ゆかりの地 光福寺:六斎念仏総本寺 金戒光明寺:浄土宗七大本山の一つ   西翁院:金戒光明寺の塔頭 …

続きを読むread more

南禅寺 (京都市左京区) 臨済宗南禅寺派大本山

南禅寺といえば、紅葉の名所として観光客で賑わうお寺として 有名だが、日本の禅寺の中で最も高い格式を持つお寺でもある。 思いつくままに、南禅寺のキーワードをあげて見よう。 1)京都五山、鎌倉五山の上にある別格お寺 2)日本の禅寺で最初の勅願寺 3)明治維新までは、広大な境内であったが、明治時代になって   政府に召し上げら…

続きを読むread more

南禅寺 (京都市左京区) 2017年11月16日紅葉

朝の8時前に南禅寺に入山。観光客少なし。 再度10時にも入山。観光客多し。 見頃を迎えた紅葉は例年に比して1週間早い。 私が決めている標準木があり、それで鮮やかさを判定している。 今年は鮮やか。                  標準木                 標準木と三門 <午前8時入山>   …

続きを読むread more

龍光寺 (愛媛県宇和島市) 四国八十八ヶ所霊場第41番

<三間のお稲荷さん>と呼ばれる龍光寺と稲荷神社は、かっては 神仏習合の神社とお寺であったが、明治時代の神仏分離によって 稲荷神社と龍光寺に分離された。 しかし、現在も実態は神仏習合の形態で、同一境内に仲良く治まり 参拝者は両方を参拝しておられる。 龍光寺を稲荷寺と呼んでいる。 <愛媛県のお寺一覧> (1)寺名:龍光…

続きを読むread more

永観堂 <禅林寺>(京都市左京区) 浄土宗西山禅林寺派総本山

京都市左京区の東山山麓にある永観堂は晩秋の時期、境内全体が 朱を中心とした多彩な色で染まり、緑の残る東山と絶妙のコント ラスを展開する。<秋はもみじの永観堂> 永観堂は通称名で、正式には浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺 で853年に開創されている。 当初は真言宗であったが、12代住職・静遍上人が法然上人に 帰依し、その後浄土…

続きを読むread more

永観堂 (京都市左京区) 2017年11月16日紅葉

京都でも有数の紅葉の名所として人気が高い永観堂の紅葉は 見頃を迎えて、観光客は多し。 私なりの永観堂標準木は鮮やかな色で、拝観出口附近の景色 も例年になくよい。                  標準木                 出口附近                 出口附近 <順路に従って> …

続きを読むread more

鞍馬寺 (京都市左京区) 鞍馬弘教総本山

鞍馬寺は1947年天台宗から独立し、神秘主義・密教的・秘教的な思想を 根本とする鞍馬弘教を設立しその総本山となっている。 本尊は尊天(毘沙門天・千手観音・護法魔王尊)の三身一体の本尊である。 天台宗から独立するまでは、毘沙門天のみを本尊としていたが鞍馬弘教を 設立後は上記の本尊として、神秘的な密教本尊としている。 鞍馬山はもと…

続きを読むread more

高知県のお寺一覧

高知県のお寺を紹介 <四国八十八ヶ所霊場> 豊楽寺(大豊町):<国宝>薬師堂 明徳寺(東洋町):四国八十八ヶ所霊場番外 天満寺(東洋町):野根氏の菩提寺 最御崎寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第24番 津照寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第25番 金剛頂寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第26番 明星来影寺(室戸市…

続きを読むread more

清瀧寺 (高知県土佐市) 四国八十八ヶ所霊場第35番

私のお遍路は車遍路であるが、車遍路の中でも最難所の札所が 清瀧寺といっても過言ではない。 山麓から1kmの細い東参道を車で登るが、1台がやっと通れる 山道を慎重に登るが、見晴らしがストレスを和らげてくれる。 山腹に建つ清瀧寺は、堂々とした伽藍を備え、江戸時代には 七堂伽藍の大寺であったことを想起させてくれる。 残念ながら…

続きを読むread more

龍安寺(京都市右京区) 世界遺産 龍安寺を隈なく歩いて

石庭以外にも龍安寺のすばらしさがいっぱいある。 隅から隅まで歩いて探索してみよう。 <龍安寺 謎を秘める石庭> <京都のお寺総覧> (1)寺名:龍安寺(りょうあんじ)  (2)住所:京都市右京区龍安寺御陵下町13 (3)山号:大雲山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の境外塔頭 (5)開山:義天玄承 (6)…

続きを読むread more

龍安寺(京都市右京区) 世界遺産 謎を秘める石庭

龍安寺の石庭を方丈の中からじっくり眺めてみたいという願望は 現在では不可能であり、拝観者の隙間を縫って縁側に座るのが やっとだけに、石庭の秘められた謎を探索するのは滑稽に写る。 作庭者・作庭時期・作庭意図など謎だらけの石庭だけに余計 関心が集まる。 以前仕事の関係で外国の客人を案内したことがあるが、 その人はじっくり身動きせ…

続きを読むread more

銀閣寺(京都市左京区) 世界遺産

金閣寺、銀閣寺共に臨済宗相国寺派の相国寺境外塔頭である。 足利義政が1482年から東山殿の建設にかかり、1490年 に完成しているが、同年に亡くなると義政の菩提を弔うために 慈照寺とした。 通称では、銀閣寺と呼び、慈照寺と呼ぶ人はほとんどいない。 京都のお寺には、正式名よりも通称名で呼ぶお寺が多い。 銀閣(観音殿)は京都…

続きを読むread more

善楽寺 (高知県高知市) 四国八十八ヶ所霊場第30番

810年弘法大師空海は土佐一宮(現在の土佐神社)の神宮寺と 別当寺を開創したと伝え、この別当寺が善楽寺の起源といわれる。 江戸時代初期頃は、神宮寺が四国八十八ヶ所霊場の札所であったが、 江戸時代中期頃には別当寺(この頃に善楽寺)も札所になったが、 明治時代の神仏分離により、神宮寺も善楽寺も廃寺となった。 30番札所は土佐国分寺…

続きを読むread more

嶺雲寺 (兵庫県福崎町) クロガネモチの木

朝霧が残る早朝、福崎町八千種(やちくさ)地区に入る。 福崎町の<町の木>になっているクロガネモチの代表木として、 町指定天然記念物の木を鑑賞すべく訪れたのが嶺雲寺である。 県道419号を、宮ノ池と新池の間を北へ折れ、振り返ると 2本の木が目立つ春日山(198m)がハッキリと目に飛び込 んできた。 山上には、戦国時代に落城した…

続きを読むread more

興禅寺 (和歌山県上富田町) だるま寺

人口増加がみられる珍しい町、上富田町(かみとんだちょう)には熊野古道中辺路(なかへち)が通り、稲葉根王子から一瀬王子への途中に建つのが、だるま寺と呼ばれる興禅寺である。境内に祀られた1973年造立の<だるま石像>から、だるま寺として、また庭園に咲く四季折々の花を愛でる花の寺として、町のスポットとなっている。お寺は、898年の開創と伝える…

続きを読むread more

金閣寺<鹿苑寺>(京都市北区) 世界遺産 新緑の風景

金閣寺<正式名:鹿苑寺>については今更書くこともないで あろうが、3点ほど書いてみよう。 ①京の三名閣:金閣寺の金閣(舎利殿)、銀閣寺の銀閣(観音殿)        西本願寺の飛雲閣 ②京の三名松:金閣寺の<陸舟の松>、宝泉院(左京区大原)の<五葉の松>        善峯寺(西京区大原野)の<遊龍の松> ③京都の三大観…

続きを読むread more

天龍寺(京都市右京区) 世界遺産 新緑の風景

世界遺産に登録されている天龍寺の最大の見所は、境内全体に 配置されている伽藍と曹源池を核とする庭園の見事な調和に あるのではないだろうか。 総門を入ると、真直ぐに伸びる参道の両側に塔頭寺院と放生池 (蓮池)が並び、正面突き当りに形姿の美しい庫裡が迎えて くれる。 方丈・書院の内部を拝観する時は、この庫裡で受け付けている。…

続きを読むread more

宝厳院 (京都市右京区) 天龍寺塔頭 紅葉

天龍寺の塔頭宝厳院の庭は<獅子吼の庭>と呼ばれ、回遊式山水庭園 には石や生垣が巧みに配置された庭園で、紅葉の名所となっている。 嵐山にあって、紅葉の時期には観光客でごった返す人気である。 <京都市右京区のお寺一覧> (1)寺名:宝厳院(ほうごんいん) (2)住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36 (3)山号:大亀…

続きを読むread more

高山寺(京都市右京区) 世界遺産 新緑の風景

京都市の西北に位置する栂尾高山寺は、高雄の神護寺、槙尾の西明寺 とともに紅葉の名所になっており、その時期は大渋滞覚悟のドライブ になる。 高山寺は新緑を薦めます。なぜなら、高山寺は新緑の緑が最も映える お寺のひとつだと思います。 伽藍が木々の中に埋もれた風景を現出しており、このお寺の歴史を 感じるには新緑か雪の風景だと思いま…

続きを読むread more

高山寺(京都市右京区) 伽藍

高山寺の実質的な開山明恵上人(1173~1232年)はなぜ 法然上人を激しく糾弾したのであろう。 <現代社会におけるお寺>をテーマとするお寺巡りの私にとって 法然上人、明恵上人の教えや生き様は難しいながらも何かを示唆 しているように感じている。それが何であるかは~ <高山寺 新緑の風景> (1)寺名:高山寺(こうざん…

続きを読むread more

高山寺 (京都市右京区) 紅葉

2011年11月22日高山寺の紅葉狩り。 高山寺は紅葉は少ないが渋みのある紅葉が楽しめる。 <高山寺 新緑の風景>                 裏参道前                  裏参道                                          本坊表門     …

続きを読むread more

奈良市のお寺

奈良県奈良市のお寺を紹介 東大寺その1:国宝伽藍(大仏殿・南大門) 東大寺その2:その他の国宝伽藍 東大寺その3:重要文化財伽藍 東大寺その4:その他伽藍 東大寺その5:風景 東大寺その6:塔頭   知足院:東大寺塔頭 奈良の八重桜   観音院:東大寺塔頭 観音院サロン   真言院、勧学院:東大寺塔頭   中性院…

続きを読むread more

奈良県のお寺一覧

奈良県のお寺を紹介 奈良市のお寺 桜井市、宇陀市のお寺 御所市、五條市のお寺 法隆寺その1:金堂・五重塔 法隆寺その2:国宝伽藍(1) 法隆寺その3:国宝伽藍(2) 法隆寺その4:国宝伽藍(3) 法隆寺その5:境内の風景 法隆寺その6:重要文化財伽藍(1) 法隆寺その7:重要文化財伽藍(2) 法隆寺その8:境内…

続きを読むread more

長力寺 (奈良県奈良市針ヶ別所町)

奈良市南東部の山間部にあって、旧都祁村の針ヶ別所集落の 里寺でもある長力寺。 樹齢300年以上といわれた菩提樹を拝観すべく訪れたが、 若芽が出ている切株だけの姿に驚いた。 お寺の方によると、2011年9月の台風で倒れたとのこと しかし、若芽が出てきたことで一安心 長力寺の開創は不詳であるが、里寺として集落の集いの場と …

続きを読むread more

平等院 (京都府宇治市) 世界遺産 極楽浄土の再現

宇治は源氏物語<宇治十帖>の舞台として、2008年<源氏物語千年紀> の催しが行われたが、平安時代初期から貴族の別荘が営まれた地である。 9世紀末頃、光源氏のモデルといわれる源融の別荘が宇多天皇に渡り、 998年藤原道長の別荘<宇治殿>となった。 1027年道長が亡くなると、その子である藤原頼通は<末法思想>の末法 元年105…

続きを読むread more

平等院(京都府宇治市) 宇治川の風景

平等院の東を流れる宇治川は、古代の歴史にも登場する川で、 百人一首、権中納言定頼の歌 <朝ぼらけ宇治の川霧たえだえにあらはれわたる瀬々の網代木> また、646年架橋と伝わる宇治橋、源氏物語など 平安時代初期から貴族の別荘が営まれ、その別荘の一つが平等院 の開創に繋がっている。 宇治川の風景をみてみよう <平等院 極楽浄…

続きを読むread more

平等院(京都府宇治市) 四季の風景

平等院の四季 それは  4月初旬:桜 平等院周辺はさくらの名所  4~5月:サツキ、ツツジ  5月:藤 平等院の藤はつとに有名  夏:緑と宇治川の涼 しかし暑い  11月下旬:紅葉 宇治川の対岸にある        興聖寺(こうしょうじ)の紅葉は名所  冬:彩はないが、木の葉が少ないので伽藍の写真には好都合    近年、…

続きを読むread more

仁和寺(京都市右京区) 世界遺産 真言宗御室派総本山

仁和寺は886年光孝天皇の勅願で建立が開始されたが、天皇が 亡くなったのでそれを継がれた宇多天皇が888年に開創された。 宇多天皇はその後、出家され御室と名付けられた僧房に住んだこと から仁和寺は<御室御所>と呼ばれた。 代々の住職は皇室関係の人が努め明治時代まで存続したことから、 門跡寺院の筆頭として君臨した。 なお、金堂…

続きを読むread more

醍醐寺(京都市伏見区) 四季の風景

京都の東山を東へ越えると山科盆地(京都市山科区・伏見区の一部)、 この地は古く北陸から近江・宇治を経て大和に至る奈良街道があり、 平安京の東南の一地区として注目されてきた。 醍醐寺は、この街道沿いの醍醐山(454m)の麓から山上にかけて の広大な地域に広がり(約200万坪)、境内を大きく分けて、山上 一帯を<上醍醐(かみだいご…

続きを読むread more

醍醐寺 (京都市伏見区) 2013年の紅葉

2013年11月28日醍醐寺の紅葉狩り。 紅葉は見頃 醍醐寺は桜の名所であるが、伽藍と紅葉の取り合わせが面白い。 上醍醐(醍醐山頂)と下醍醐(山麓)がるが、今日は下醍醐を探索。 平日にも拘わらず参拝者が多く、遠方からの観光バスも見かける。 入山料600円   <醍醐寺 四季の風景> 駐車場から下醍醐境内最奥へ …

続きを読むread more

醍醐寺 (京都市伏見区) 2020年の花見

快晴に恵まれた3月26日、マスクをしての<醍醐の花見>を今年も楽しんだ。 ここ例年と異なり、外国人をほとんど見かけない混雑のない花見 となった。 今回、お寺もコロナ対策を行っており、特に三宝院では堂内からの 拝観が通例であったが、今回は人の密度を避けるために、拝観が庭の 一部からも拝観でき、今までにない角度からの拝観となってい…

続きを読むread more

醍醐寺(京都市伏見区) 主な伽藍

醍醐寺の境内は、醍醐山上の上醍醐と山麓の下醍醐に区分される。 広大な境内には数多くの伽藍が建つので、主な伽藍を記してみる。 <醍醐寺 四季の風景> (1)寺名:醍醐寺(だいごじ)  (2)住所:京都市伏見区醍醐東大路町22 (3)山号:醍醐山 (4)宗派:真言宗醍醐派総本山 (5)開山:理源大師聖宝 (6)本尊:薬師…

続きを読むread more

醍醐寺(京都市伏見区) 醍醐の花見

<醍醐の花見>といえば、1598年4月20日に豊臣秀吉が 一族郎党1300名余りを引き連れて醍醐寺で催した盛大な 花見の宴であるが、今日紹介するのは、私の<醍醐の花見>を 紹介します。 なお、毎年4月第2日曜日に<豊太閤花見行列>が醍醐寺で 催されますが、花見客で境内は満杯状態になるほどの人気です。 毎年この催しを避けて花見…

続きを読むread more

醍醐寺上醍醐(京都市伏見区)  西国三十三所観音霊場第11番

醍醐寺上醍醐(かみだいご)は醍醐山(標高454m)の山上にあり、 醍醐寺下醍醐から徒歩1時間ぐらいの登りである。 ここには西国三十三所観音霊場第11番札所(准胝観音)があり、 巡礼者にとっては最大の難所といわれている。 しかし、近くまで林道があり車でのお参りも可能であるが、難路である。 上醍醐は醍醐寺開創の地としての風…

続きを読むread more

醍醐寺(京都市伏見区) 三宝院と塔頭

三宝院は醍醐寺の本坊で、1115年開創され、豊臣秀吉が 再興し、現在の姿になっている。 伽藍と庭園が文化財に指定され、通常非公開の部分があり、 撮影禁止箇所が多い。拝観は有料 <醍醐寺 四季の風景> <伽藍と庭園>  唐門(勅使門):国宝 1599年 北政所の寄進  表書院:国宝 1598年 長谷川等伯一派の襖絵 …

続きを読むread more

醍醐寺(京都市伏見区) 下醍醐の風景と仏像

醍醐寺の境内は、醍醐山上の上醍醐と山麓の下醍醐に区分 されるが、この記事では下醍醐の風景と主な仏像を見る。 仏像など多くの文化財は霊宝館に収蔵・展示されている。 <醍醐寺四季の風景> (1)主な仏像   薬師三尊像:国宝 913年 カヤの一木造 中尊像高177cm         上醍醐薬師堂の本尊   本尊薬師如…

続きを読むread more

兵庫県のお寺一覧

兵庫県のお寺を紹介 <阪神地域> 長遠寺(尼崎市):江戸時代初期の伽藍が残る寺 本興寺(尼崎市):尼崎市寺町の大寺 善通寺(尼崎市):首なし地蔵尊 如来院(尼崎市):法然上人二十五霊場第4番 広済寺(尼崎市):近松門左衛門の菩提寺 全昌寺(尼崎市):尼崎藩主戸田氏鉄ゆかりの寺 専念寺(尼崎市):平重盛の菩提寺 広徳…

続きを読むread more

光久寺 (兵庫県姫路市安富町) 小笠原氏ゆかり

姫路市西北部に位置し、中国自動車道を挟んだ安富町安志(あんじ) 地区に建つ光久寺を訪れてみると、本堂はなく、収蔵庫と庫裡のみ が建ち、他は更地になっているではないか。 偶々、地元の人たちが清掃しておられ、お聞きすると、2010年 焼失し、本尊不動明王像を祀った収蔵庫は難を逃れたとか。 現在は、無住で地元の人たちが護っている。 …

続きを読むread more

大阪市のお寺 (大阪府)

大阪市のお寺一覧 崇禅寺(東淀川区):細川ガラシャの墓 専念寺(東淀川区):3体の仏像 瑞光寺(東淀川区):雪鯨橋 宝龍寺(旭区):クスの木 太融寺(北区):光源氏モデルの源融ゆかりの寺 長柄国分寺(北区):聖武天皇詔の国分寺 鶴満寺(北区):朝鮮鐘 祐泉寺(北区):造幣局の通り抜けの傍 浄蓮寺(北区):滝川地蔵尊…

続きを読むread more

大阪府堺市のお寺一覧

家原寺(堺市):行基の生誕地 南宗寺(堺市):千利休ゆかりの寺 専称寺(堺市):水牽如来 法道寺(堺市):貴重な<重文>食堂 海会寺(堺市):<重文>本堂・庫裡一体のお堂 妙国寺(堺市):推定樹齢1100年のソテツ 高倉寺宝積院(堺市):行基創建49ヶ院 感応寺(堺市):大坂三大妙見山 法雲寺(堺市):黄檗宗伽藍 中仙…

続きを読むread more

大阪府のお寺一覧

大阪市のお寺一覧 堺市のお寺一覧 能勢妙見山(能勢町):妙見信仰の中心 真如寺(能勢町):関西身延 清普寺(能勢町):地元権力者・能勢氏の菩提寺 長杉寺(能勢町):江戸時代の枯山水庭園 玉泉寺(能勢町):鎌倉時代の板碑 蓮華寺(能勢町):五輪石塔 慈眼寺(能勢町):願掛観音 月峯寺(能勢町):北摂の名刹…

続きを読むread more

法伝寺 (大阪府堺市) あかかべ地蔵

堺区神明町東に建つ<北の御坊さん>と呼ばれる本願寺堺別院界隈 には、多くのお寺が建ち、まさしく寺町の風景である。 この寺町を探索している際に、赤壁の塀と<あかかべ地蔵>の標柱 が立つお地蔵さんに出会う。 googleMAPを見てみると、<法伝寺あかかべ地蔵>と表記されて いるではないか~早速ネット検索してみたが、それらしき記事…

続きを読むread more