薬王寺 (徳島県美波町) 四国八十八ヶ所霊場第23番

徳島県美波町の日和佐にある薬王寺は、厄除け祈願のお寺と して篤い信仰を集めている四国八十八ヶ所霊場第23番札所である。 境内参道には、33段の女厄坂・42段の男厄坂・61段の還暦厄坂 があり、一段ずつ賽銭を置いて登っていく習わしが今も続いている。 境内から眺める日和佐の町・港・太平洋の風景はのどかな日本の 原風景を醸し出してい…

続きを読むread more

平等寺 (徳島県阿南市) 四国八十八ヶ所霊場第22番

徳島県阿南市にある平等寺は、792年弘法大師空海が薬師如来を 彫り安置したのが始まりと伝えられている四国八十八ヶ所霊場第22番 である。 境内にある<弘法の霊水>は万病に効く霊水として知る人ぞ知る 枯れない湧水といわれ、開運鏡の井戸と呼ばれている。 <徳島県のお寺一覧> (1)平等寺(びょうどうじ)  (2)住所:…

続きを読むread more

太龍寺 (徳島県阿南市) 四国八十八ヶ所霊場第21番

太龍寺は太竜寺山(618m)山頂ちかくにある四国八十八ヶ所 霊場第21番で<西の高野>とよばれている霊場である。 太龍寺の名前は、弘法大師24歳の出家宣言であり最初の著作で ある<三教指帰>に<阿国太龍の嶽にのぼりよじ、土州室戸の崎 に勤念す・・・>とあるのが太龍嶽で空海が100日間修行した 19歳の頃である。 この修行の場…

続きを読むread more

鶴林寺 (徳島県勝浦町) 四国八十八ヶ所霊場第20番

徳島県勝浦町の標高570mの山頂にある鶴林寺は、四国霊場の中で 6大難所(焼山寺、鶴林寺、太龍寺、神峯寺、横峰寺、雲辺寺)の 一つに数えられている。 現在は、林道が整備され、歩き遍路でない限り随分と楽な遍路に なっていが、鶴林寺の林道は狭く、難路と言えるだろう。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:鶴林寺(かくりんじ)…

続きを読むread more

立江寺 (徳島県小松島市) 四国八十八ヶ所霊場第19番

徳島県小松島市にある立江寺は、四国八十八ヶ所霊場第19番で あり、本尊の地蔵菩薩は子安地蔵として広く篤い信仰を集めている。 関西を始め広く立江地蔵として多くのお寺に祀られ、その信仰が 広く深いことを如実に物語っている。 例えば、四天王寺(大阪市)、須磨寺(神戸市)、善長寺(京都市)など 立江地蔵信仰はその名を知られている。 …

続きを読むread more

恩山寺 (徳島県小松島市) 四国八十八ヶ所霊場第18番

徳島県小松島市にある恩山寺は弘法大師空海の母(玉依御前)が剃髪し、 出家したと伝わるお寺で四国八十八ヶ所霊場第18番である。 境内にはビランジュの木(県指定天然記念物)、樹齢350年といわれる ソテツ、色鮮やかなイチョウの木などが霊場の異なる風景を醸し出している。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:恩山寺(おんざんじ)…

続きを読むread more

井戸寺 (徳島県徳島市) 四国八十八ヶ所霊場第17番

徳島県徳島市国府町にある井戸寺は、673年天武天皇の 勅願により創建されたと伝えられている四国八十八ヶ所 霊場第17番の札所である。 本尊七仏薬師如来は珍しい本尊で、全国でも数少ない本尊 である。 また、<重文>十一面観音立像は平安時代10世紀初期の 仏像で、徳島県では最古の仏像であり、特異な容貌が印象 に残る。 …

続きを読むread more

妙典寺 (福井県大野市) 水かけ地蔵

妙典寺の開創は1528年と伝えるが、どこに開創されたかは 不詳であるが、おそらく現在の千葉県市原市と思われる。 1624年大野初代藩主となった松平直政が妙典寺を寺町に 移転させたといわれている。 お寺は、寺町通りに面して、七間通りとの交差点に建ち、七間 通り越しに大野城を望むことができる。 境内に祀られている<水かけ地蔵…

続きを読むread more