興禅寺 (和歌山県上富田町) だるま寺

人口増加がみられる珍しい町、上富田町(かみとんだちょう)には熊野古道中辺路(なかへち)が通り、稲葉根王子から一瀬王子への途中に建つのが、だるま寺と呼ばれる興禅寺である。境内に祀られた1973年造立の<だるま石像>から、だるま寺として、また庭園に咲く四季折々の花を愛でる花の寺として、町のスポットとなっている。お寺は、898年の開創と伝える古刹で、1666年現在地に再興され禅寺となっている。紀州藩家老・安藤氏の支援を受け、大いに栄えたといわれている。<和歌山県のお寺一覧>(1)寺名:興禅寺(こうぜんじ)(2)住所:和歌山県上富田町市ノ瀬無番地(3)山号:大雄山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派(5)開創:898年 (6)中興:1666年(7)本尊:釈迦牟尼(8)その他1)熊野曼荼羅霊場第8番2)聖観音立像:町指定文化財 14世紀 像高61cm3)薬師如来坐像、興禅寺文書、雲版など多数の町指定文化財4)訪問日:2019年11月16日1参道(30-3703)興禅寺 (4).JPG                 参道2だるま像(30-3703)興禅寺 (8).JPG                だるま像3周辺(30-3703)興禅寺 (5).JPG                 周辺4参道(30-3703)興禅寺 (10).JPG                 参道5本堂(30-3703)興禅寺 (12).JPG                 本堂6庫裡(30-3703)興禅寺 (13).JPG                 庫裡7良遂和尚像(30-3703)興禅寺 (23).JPG                良遂和尚像8干支地蔵(30-3703)興禅寺 (16).JPG                干支地蔵9水かけだるま(30-3703)興禅寺 (24).JPG               水かけだるま11庭園(30-3703)興禅寺 (27).JPG                  庭園13庭園(30-3703)興禅寺 (30).JPG                  庭園12庭園(30-3703)興禅寺 (29).JPG                  庭園