金泉寺(徳島県板野町) 四国八十八ヶ所霊場第3番

源義経が屋島の源平合戦(1185年)に向かう途中、この金泉寺に 立ち寄り、観音菩薩に戦勝祈願をしたと伝えられており、その折り 士気を鼓舞する意味で、弁慶が大きな石を持ち上げたという伝説がある。 その石が庭園の片隅に置かれている。 なお、境内からは奈良時代の瓦が出土しており、創建はこの時代に なされたのであろう。 <徳…

続きを読むread more

極楽寺(徳島県鳴門市) 四国八十八ヶ所霊場第2番

広い境内には、洒落た庭園あり、樹齢1100年といわれる長命杉あり、 安産祈願の安産大師ありと四国遍路にプラスするものがある。 長命杉の樹齢はさて置き、杉に触れて祈願すると長生きできる気持ちに させてくれる立派な杉である。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:極楽寺(ごくらくじ) (2)住所:徳島県鳴門市大麻町桧字ダンノ…

続きを読むread more

霊山寺(徳島県鳴門市) 四国八十八ヶ所霊場第1番

四国八十八ヶ所霊場第1番札所(発願の寺) 四国八十八ヶ所霊場巡礼はいつごろ始まったのかは諸説あり 定かではないが、現在のような霊場・札所番号は江戸時代の 初め頃といわれている。一方、修行者は弘法大師の霊跡巡礼 を平安時代から行っていたと思われる。その霊跡が発展して 札所になったのであろう。 現在は、数ある霊場巡礼の中でも…

続きを読むread more

羽賀寺 (福井県小浜市) 若狭の名刹

小浜市北東部に位置し、羽賀集落の山麓に建つのが羽賀寺である。 伽藍は本坊、そこから少し山裾に建つ本堂のみであるが、数多く の文化財が残る名刹である。 何と言っても、本尊十一面観音立像が白眉で、平安時代前期の 造像で、当時の彩色がほぼ残る傑作といえよう。 現在では、重要文化財であるが、国宝級の仏像と見る。 本堂は1447年…

続きを読むread more