西念寺 (山梨県富士吉田市) 富士山信仰

富士山信仰は、遠くから崇拝する<遥拝>から、平安時代後期から 山岳修行と結びついた山岳道場としての<登拝>へと変遷し、室町 時代以降、一般人に登山が浸透していった。 719年行基が富士山二合目に庵を築き、阿弥陀三尊像を祀ったのが 西念寺の始まりと伝え、その後麓に移っている。 1298年時宗二祖・真教が西念寺に逗留し、時宗のお寺…

続きを読むread more