多聞寺 (香川県宇多津町) 讃岐守護所跡

青ノ山(224m)北~東麓に寺町があり、その中にあって、 室町時代前期の細川頼之讃岐守護所跡地といわれる地に建つ のが多聞寺である。 細川頼之は、室町時代管領の地位を築いた守護大名で、四国 管領の1367年頃、この地に館を築き守護所としたといわれ ている。 その跡地に多聞寺が開創されたと伝え、近年枯死したビャクシン は守護…

続きを読むread more