萬徳寺 (福井県小浜市) 庭園

萬徳寺の蓬莱式枯山水庭園は1677年作庭され、国指定名勝に
指定されている。
庭園は、茅葺の書院、白砂、斜面にツツジと石の配置、その中央
に据えられた三尊石、ヤマモミジを借景にし、春、深緑、秋と彩り
の変わる風景が人気を集めている。

お寺の開創は不詳であるが、1265年には極楽寺として存在し、
1602年に萬徳寺と改名し、1677年現在地に移転している。
戦国時代には駆け込み寺として栄えたといわれている。

<福井県のお寺一覧>

(1)寺名:萬徳寺(まんとくじ)
(2)住所:福井県小浜市金屋74-23
(3)山号:延宝山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)阿弥陀如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高142cm
2)不動明王三童子画像、弥勒菩薩画像:重要文化財 鎌倉時代
3)童子経曼荼羅図:県指定文化財など多数の文化財
4)庭園:国指定名勝 1677年
5)ヤマモミジ:国指定天然記念物 推定樹齢500年
6)訪問日:2008年5月7日

1庭園(18-2007)(00)萬徳寺庭園7.JPG
                  庭園

2(18-2007)(00)萬徳寺庭園1.JPG

3三尊石(18-2007)(00)萬徳寺庭園3.JPG
                 三尊石

4(18-2007)(00)萬徳寺庭園.JPG

5本堂(18-2007)(00)萬徳寺本堂.JPG
                  本堂