豊財院 (石川県羽咋市) 3体の重文仏像

羽咋市白瀬町の山麓に建つ豊財院は、平安時代の重要文化財に
指定された3体の仏像で知られている。
お寺は1312年の開創で、曹洞宗の古刹である。
訪問した折には、住職の懇切丁寧な説明を受け、仏像の撮影
も許可していただいた。

<石川県のお寺一覧>

(1)寺名:豊財院(ぶざいいん)
(2)住所:石川県羽咋市白瀬町ル8
(3)山号:白石山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:瑩山紹瑾 (6)開創:1312年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)十一面観音立像:重要文化財 平安時代前~中期 像高167cm
2)聖観音立像:重要文化財 平安時代前~中期 像高186cm
3)馬頭観音立像:重要文化財 平安時代前~中期 像高173cm
4)市指定文化財
  増長天立像、広目天立像、梵鐘、血書大般若経
5)訪問日:2004年6月4日

1(17-02)(00)豊財院本堂.jpg
                 本堂

2(17-02)(01)豊財院十一面観音立像.jpg
        十一面観音立像

3(17-02)(01)豊財院聖観音立像.jpg
         聖観音立像

4(17-02)(01)豊財院馬頭観音立像.jpg
         馬頭観音立像