当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) わらい仏

<当尾(とおの)の石仏>のシンボルであり、保存状態のよい 石仏である<わらい仏>は、岩船阿弥陀三尊磨崖仏につけられた 通称名で、微笑みをたたえた表情がそれを物語っている。 磨崖仏に刻まれた石大工・伊末行(いのすえゆき)は、鎌倉時代 初頭に中国から渡来し、東大寺再興に携わった伊行末の石工集団 の一人で、この集団は多くの石造物を残…

続きを読むread more