十夜ヶ橋永徳寺 (愛媛県大洲市) 四国別格二十霊場第8番

松山道大洲ICを出てすぐ左に十夜ヶ橋永徳寺があり、その先に 都谷川に架かる十夜ヶ橋(とよがはし)がある。 空海が四国巡錫中に夜が更けて、都谷川に架かる小橋の下で 野宿した夜に、衆生済度の物思いにふけり、一夜が十夜に感じ、 歌に詠んだことから、その後、この橋を十夜ヶ橋と呼ぶように なり、その袂に堂宇が建立され、大師の霊跡となった…

続きを読むread more

奥の院隼山 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第3番

小豆島洞雲山(361m)の南中腹に建ち、讃岐十景の一つに なっているのが奥の院隼山で、麓に建つ観音寺の奥の院になる。 境内や展望所からの瀬戸内海、小豆島の眺望は十景に適う景色 といえよう。 ここへ至るルートは2本あり、一つは3番観音寺経由、一つは 1番洞雲山経由で、私は1番洞雲山から10分の徒歩で訪れた。 その途中に展望所が…

続きを読むread more

那谷寺(石川県小松市) 奇岩遊仙境

私の<もくもく探索>中でも、奇岩、奇石のお寺はいくつかあるが、 山寺(山形県)、那谷寺、石山寺(滋賀県)はその代表的なお寺で、 また共通するものとして、芭蕉が訪れており、句を残している。 那谷寺は<奇岩遊仙境>と呼ばれ、古から白山信仰と観光で栄えて おり、北陸の名刹として大いに繁栄している。 <那谷寺 その2> <石…

続きを読むread more

慈照院 (岡山県玉野市)

玉野市田井港の背後、小高い処に建つのが慈照院である。 お寺は、平清盛の甥・平教経の末裔で<お清大師>と呼ばれた 平田智清尼によって、1806年開創されている。 智清尼は若い頃に大病を患ったことから、弘法大師信仰が深まり 23回も四国八十八ヶ所霊場を素足で巡礼し、その途中で、 弘法大師の化身と思われる僧から杖を授かり、大師の夢告…

続きを読むread more

高知県のお寺

高知県のお寺を紹介 豊楽寺(大豊町):<国宝>薬師堂 明徳寺(東洋町):四国八十八ヶ所霊場番外 天満寺(東洋町):野根氏の菩提寺 最御崎寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第24番 津照寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第25番 金剛頂寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第26番 明星来影寺(室戸市):青年弘法大師像 福田寺(…

続きを読むread more

明星来影寺 (高知県室戸市) 青年弘法大師像

室戸岬から国道55号を徳島方面へ1kmほどの山麓に、 総高21mにおよぶ青年弘法大師像が立つのが明星来影寺 である。 1984年、奈良長谷寺78世・小松原賢誉の発願により 青年弘法大師像が建立され、お寺が開創されている。 小松原氏は教育者でもあり、学校を開設している。 弘法大師像の建立は、若き空海が室戸岬で難行苦行した末…

続きを読むread more

愛媛県のお寺

愛媛県のお寺を紹介 観自在寺(愛南町):四国八十八ヶ所霊場第40番 龍光寺(宇和島市):四国八十八ヶ所霊場第41番 仏木寺(宇和島市):四国八十八ヶ所霊場第42番 大隆寺(宇和島市):宇和島藩主伊達氏の菩提寺 正法寺(宇和島市):禅宗様の観音堂 明石寺(西予市):四国八十八ヶ所霊場第43番 如法寺(大洲市):大洲藩主加…

続きを読むread more

偵祥寺 (愛媛県西条市) 観音堂のふじ

西条市観光スポットの一つ、<観音堂のふじ>は偵祥寺境内に、 東西14m、南北18mに枝を伸ばす樹齢400年以上の古木 で、愛媛県の天然記念物である。 訪れた時期が10月で、その見事なふじの花は見られなかったが 想像逞しく拝観した。 門前の広場では、10月中旬に行われる<西条祭り>の山車が 組立られ、その一端を覗き見た。 …

続きを読むread more

香川県のお寺一覧

香川県のお寺を紹介 神恵院(観音寺市):四国八十八ヶ所霊場第68番 観音寺(観音寺市):四国八十八ヶ所霊場第69番 萩原寺(観音寺市):四国別格二十霊場第16番 萩の寺 宗林寺(観音寺市):新四国曼荼羅霊場第24番 大興寺(三豊市):四国八十八ヶ所霊場第67番 本山寺(三豊市):四国八十八ヶ所霊場第70番 <国宝>本堂 …

続きを読むread more

観音寺 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第3番

小豆島八十八ヶ所霊場第3番観音寺は、第1番洞雲山の本坊、 第3番奥之院隼山の本寺、第5番・第6番・第86番の納経所 となっている。 小豆島の主要な坂手港の山手に観音寺は建ち、弘法大師の開創 と伝え、慶長年間(1596~1615年)再興されている。 整備された境内からは坂手の町並みや港が望める。 境内には、1709年8月9…

続きを読むread more

願成寺 (徳島県徳島市寺町) 徳島七福神大黒天

願成寺の開創は不詳であるが、徳島城主・蜂須賀家政が徳島城を 1586年築城した際に、現在の藍住町勝瑞から移転したと いわれている。 寺町の多くの寺院が勝瑞から移転している。 願成寺は徳島七福神の一つで、大黒天が祀られている。 広くはない境内に桜が数本あり、開花するとライトアップされる。 <徳島県のお寺一覧> (1)…

続きを読むread more

広島県のお寺一覧

広島県のお寺を紹介 明王院(福山市):<国宝>本堂・五重塔 妙顕寺(福山市):イチョウ 龍興寺(福山市):福山藩家老三村氏の菩提寺 観音寺(福山市):本堂、表門 妙政寺(福山市):福山藩主の菩提寺 備後安国寺<安国寺>(福山市鞆町):足利尊氏発願の安国寺の一つ 福禅寺(福山市鞆町):対潮楼 医王寺(福山市鞆町):鞆の…

続きを読むread more

妙政寺 (広島県福山市) 福山藩主水野勝俊の菩提寺

福山城北にあって、福山の第2寺町といわれる北吉津町に 堂々とした寺構えを持つのが妙政寺である。 妙政寺は、福山藩主水野勝成が刈屋藩主であった三州刈屋 (愛知県刈谷市)に天正年間(1573~92年)開創 されたと伝え、その後福山に移転している。 勝成の長男勝俊が1639年藩主となり、日蓮宗信者の 勝俊に大いに庇護され、勝俊の菩…

続きを読むread more

岡山県のお寺一覧

岡山県のお寺を紹介 真光寺(備前市):<重文>本堂・三重塔 福生寺<大滝山>(備前市):<重文>三重塔 正楽寺(備前市):中国三十三観音霊場第3番 松本寺(備前市):閑谷学校近辺の古刹 西願寺(備前市):菩提樹とイチョウ 西念寺(備前市):陣屋門 長法寺(備前市):備前の古刹 安養寺(和気町):和気の名刹 本久寺(…

続きを読むread more

清泰院 (岡山県岡山市南区) 岡山藩主の菩提寺

岡山藩主の最初は小早川秀秋であったが、2年の短命で終わり、 1603年から明治維新まで、池田氏が藩主を続けている。 池田氏最初2代(忠継、忠雄)の菩提寺が清泰院、光政~章政 の菩提寺が曹源寺で、池田氏一族の菩提寺が国清寺である。 清泰院は1609年、姫路藩主であり、幼少の忠継に代わり 岡山藩の執政代行を行った池田利隆によって、…

続きを読むread more

鳥取県のお寺一覧

鳥取県のお寺を紹介 観照院(岩美町):因幡西国観音霊場第6番 龍岩寺(岩美町):因幡西国観音霊場第5番 隣海院(岩美町):東浜海岸 長谷寺(岩美町):鳥取藩ゆかり 西法寺(岩美町):小説家尾崎翠の生家 東源寺(岩美町):中国四十九薬師霊場第47番 不動院岩屋堂(若桜町):洞窟内の舞台造り不動堂 新興寺(八頭町):鳥取…

続きを読むread more

正法寺 (鳥取県鳥取市河原町)

千代川(せんだいがわ)左岸にあって、河原町曳田(ひけた)集落 の山裾に建つのが正法寺である。 お寺は、現在地から南西に位置する河原町神馬(かんば)に、 709年開創されたと伝え、戦国時代、現在地に移った。 境内は山の斜面に沿って開け、堂宇と蓮の庭園が趣を醸し出している。 近代の詩人で地元曳田出身の伊良子清白の菩提寺である。…

続きを読むread more

萬松寺 (兵庫県丹波市春日町) 宝篋印塔

霧の中、舞鶴若狭道春日ICを出て、春日町野村集落に入る。 集落の真ん中に位置する茶臼山城跡の西麓に建つのが萬松寺 で、霧の中の佇まいが幻想的である。 紅葉が始まった丹波を探索する出始めが、霧の風景とは、 幸先よい。 このお寺の宝篋印塔拝観が主目的であったが、それ以上の 感動を与えられた。 宝篋印塔は南北朝時代の造立で、…

続きを読むread more

長林寺 (奈良県河合町) 聖徳太子46ヶ寺

聖徳太子が建立したと伝承される46ヶ寺は、日本書紀に記された 有寺46所と考えられ、鎌倉時代に考証されている。 現在では、廃寺となったもの、名前が変わったもの、そのまま残る お寺がある。 河合町の長林寺は、長倉寺として建立された46ヶ寺の一つである。 7世紀後半の法起寺式伽藍の礎石などが残っている。 現在の長林寺は、1714…

続きを読むread more

比曽寺 (兵庫県豊岡市日高町)

神鍋高原へ向う国道482号沿いの頃垣(ころがき)集落に 建つのが比曽寺で、紅葉で知られるお寺である。 お寺は、天平4年(732年)開創と伝え、12世紀末に 延朗上人によって再興されたといわれている。 延朗上人は、河内源氏の源義信の長男で、現在の養父市で 生まれ、比曽寺で得度している。 碩学の僧として知られ、源義経の帰依を受け…

続きを読むread more

京都のお寺総覧

京都のお寺を紹介 <世界遺産 古都京都の文化財> 東寺<教王護国寺>(南区)    清水寺(東山区)   延暦寺(滋賀県大津市)      醍醐寺(伏見区)   仁和寺(右京区)         平等院(宇治市)  高山寺(右京区)         天龍寺(右京区)   金閣寺<鹿苑寺>(北区)     銀閣寺<慈照…

続きを読むread more

京都府南部のお寺

京都府南部(宇治市、城陽市、久御山町、京田辺市、宇治田原町、井手町、 精華町、木津川市、和束町、笠置町、南山城村)のお寺 <京都府宇治市> 橋寺(放生院):宇治橋の守り寺 興聖寺:道元ゆかりの寺 恵心院:恵心僧都ゆかりの寺 三室戸寺:花の西国三十三所観音霊場第10番 平等院:世界遺産 極楽浄土の再現   <平等院塔頭…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) わらい仏

<当尾(とおの)の石仏>のシンボルであり、保存状態のよい 石仏である<わらい仏>は、岩船阿弥陀三尊磨崖仏につけられた 通称名で、微笑みをたたえた表情がそれを物語っている。 磨崖仏に刻まれた石大工・伊末行(いのすえゆき)は、鎌倉時代 初頭に中国から渡来し、東大寺再興に携わった伊行末の石工集団 の一人で、この集団は多くの石造物を残…

続きを読むread more

神照寺 (滋賀県長浜市西浅井町)

琵琶湖最北に位置する塩津港は、平安時代から敦賀と京を結ぶ 琵琶湖水運の拠点として栄えたが、今は港の面影はない。 この塩津地区の中集落に、民家風の本堂が建つのが神照寺である。 このお寺を知らしめているのは、小さいながらも愛嬌のある面立ち の十一面観音坐像で、湖北観音の一つである。 <滋賀県湖北地域のお寺一覧> (1)寺…

続きを読むread more

安生寺 (和歌山県有田市)

有田川左岸沿いの国道42号、有田東大橋の東100mを山手へ、 有田公園へ入って、有田公園入口に存在するはずの安生寺が姿を 消しているではないか。 近所の人に聞くと、最近堂宇が取り壊されたと。 訪れたのは、ナギの木が目的で、そのナギは半分枝が切り落と された状態で、お寺の跡と侘しい風景に。 <和歌山県のお寺一覧> (…

続きを読むread more

法楽寺別院本願寺 (奈良県生駒市) 十三仏板碑

茶筌の里高山町にあって、高山城跡のある丘陵南端に、一つの 堂宇と石仏群などが安置されているのが法楽寺別院本願寺で ある。 無住のお寺で、石仏愛好家以外に訪れる人もいないお寺である。 その石仏とは、1557年銘の刻まれた十三仏板碑で、生駒 山系近辺に多く見られる板碑の中の一つである。 <奈良県のお寺一覧> (1)寺名…

続きを読むread more

正福寺 (兵庫県豊岡市) 大石りくの遺髪塚

円山川右岸の日撫(ひなど)地区にあって、円山川を望む 小高い処に建つ正福寺(香林会館)には、大石内蔵助の妻 りく(理玖)<法号:香林院>の遺髪塚が建ち、豊岡市の スポットとなっている。 大石りくの簡単な経歴 1669年:豊岡藩家老・石束毎公の長女として誕生 1687年:赤穂藩家老・大石内蔵助良雄と結婚 1701年:赤穂藩主…

続きを読むread more

妙法寺 (大阪府柏原市) 仏舎利塔

生駒山系最南端に位置し、高尾山南中腹に仏舎利塔が建つのが 妙法寺である。 <妙法寺さくらメモリアルパーク>として、霊園の管理寺として 1994年に開創されたのであろう。 全国数ある仏舎利塔の中でも、眺望抜群の地に建つ。 <大阪府のお寺一覧> (1)寺名:妙法寺(みょうほうじ) (2)住所:大阪府柏原市太平寺660-…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 一願不動

府道47号岩船寺前からミロクの辻方面に80mほど進むと、 <石仏めぐり>標識を47号から右手に下る。 <一願不動>標識を右手に下ると一願不動磨崖仏に至る。 半肉彫りの不動明王立像磨崖仏は、摩耗が進んでいる。 1287年岩船寺の僧による造立で、一つお願いをすれば 叶えられると言い伝えられ、一願不動と呼ぶ。 <京都府南部のお…

続きを読むread more

即心寺 (滋賀県長浜市木尾町)

木尾集落の林間に建つ大田寺を訪問した折に、近くの北池辺に 建つ即心寺を訪れた。 これと言った特徴はないが、北池を通して見た本堂に惹かれて 寄ってみた。 この近くに木尾城跡があるらしいが、それらしきものは 見つけられず。 <滋賀県湖北地域のお寺一覧> (1)寺名:即心寺(そくしんじ) (2)住所:滋賀県長浜市木尾町…

続きを読むread more

阿弥陀寺 (和歌山県海南市下津町橘本) 橘本王子跡

熊野古道には6ルートがあるが、その中の紀伊路、中辺路のルート には、参詣者の安全を祈願するために99社の神社を、12~13世紀 に設定されている。 それが、今日では廃れたり、別の神社に合祀されたりしているものが 存在するが、残っているものを含めて、<熊野古道九十九王子>として、 史跡保存されている。 その一つ、橘本(きつもと…

続きを読むread more

正楽寺 (奈良県平群町) 子安地蔵尊

生駒山系東麓にあって、櫟原集落の丘陵上に建つ正楽寺の 開創は不詳であるが、元々生駒山口神社の近くにあったが、 1819年現在地に再興された。 その際子安地蔵石仏も造立され、それ以降地蔵信仰が集落 に広まり、例年<地蔵参り>法要が行われている。 境内には、種々の花木が植栽され彩りを添えることであろう。 <奈良県のお寺一覧>…

続きを読むread more

丹波、但馬のお寺一覧 (兵庫県)

<丹波のお寺> 太寧寺(丹波篠山市):篠山城の鬼門を護る寺 大国寺(丹波篠山市):<重文>本堂 高蔵寺(丹波篠山市):丹波篠山もみじ三山 長谷寺(丹波篠山市):<重文>妙見堂 文保寺(丹波篠山市):丹波篠山もみじ三山 洞光寺(丹波篠山市):紅葉スポット 西光寺(丹波篠山市):重文仏像4体 龍蔵寺(丹波篠山市):丹波古…

続きを読むread more

龍潜寺 (兵庫県新温泉町)

日本海に面する浜坂漁港、芦屋集落の城山東麓に建つのが龍潜寺である。 城山には、戦国時代の武将塩治氏の芦屋城があり、塩治氏が祈願所として 龍潜寺を開創したと伝えられている。 城山を背景に本堂が建ち、花木が彩りを添えている。 境外にある鎌倉時代の薬師如来を祀る芦屋薬師堂が、集落の薬師信仰 を集め、その佇まいが風景を造っている。 …

続きを読むread more

感応院 (大阪府八尾市)

八尾市東部、高安山(488m)山腹に建つのが神宮寺感応院で、 お寺の上に建つ恩智神社の神宮寺であった。 恩智神社は470年創建と伝わる古社で、明治時代の神仏分離まで 感応院は神宮寺であった。 その際、神社の所蔵であった十一面観音立像は感応院に安置され、 多くの文化財がある。 恩智神社へ続く趣のある長い石段参道の途中に感応…

続きを読むread more

岩船寺 (京都府木津川市加茂町) 十三重石塔

重要文化財に指定された十三重石塔は、全国に20基あり、 その内お寺にある十三重石塔は12基である。 その12基の中で最古のものが奈良市般若寺の1253年、 最も高いものが宇治市橋寺浮島十三重石塔の15mである。 岩船寺十三重石塔は、1314年造立、高さ5.3mの 小ぶりであるが、均整のとれた美形である。 <京都府南部のお…

続きを読むread more

実宰院 (滋賀県長浜市) 浅井三姉妹ゆかりの寺

1570年、北近江の戦国大名・浅井長政が織田信長との戦いに 敗れて自害し、小谷城は落城したが、妻・お市と娘三姉妹は 織田方の武士に助け出され、織田一族の織田信次に預けられている。 しかし、ここ長浜の浅井地区に伝わる伝承では、三姉妹は実宰院に 預けられたといわれている。 実宰院の住職は、長政の姉・昌安見久尼であったことから、この…

続きを読むread more