正法寺 (鳥取県鳥取市河原町)

千代川(せんだいがわ)左岸にあって、河原町曳田(ひけた)集落
の山裾に建つのが正法寺である。
お寺は、現在地から南西に位置する河原町神馬(かんば)に、
709年開創されたと伝え、戦国時代、現在地に移った。
境内は山の斜面に沿って開け、堂宇と蓮の庭園が趣を醸し出している。

近代の詩人で地元曳田出身の伊良子清白の菩提寺である。
清白の詩は格調高い詩として評価されている。

<鳥取県のお寺一覧>

(1)寺名:正法寺(しょうぼうじ)
(2)住所:鳥取県鳥取市河原町曳田605
(3)山号:龍洞山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:行基 (6)開創:709年
(7)本尊:千手観音
(8)その他
1)因幡西国観音霊場第21番
2)訪問日:2019年8月25日

1参道(31-0528)(00)正法寺 (20).JPG
                  参道

2山門(31-0528)(00)正法寺 (5).JPG
                  山門

3(31-0528)(00)正法寺 (4).JPG

4境内(31-0528)(00)正法寺 (16).JPG
                  境内

5本堂(31-0528)(00)正法寺 (7).JPG
                  本堂

6庭園(31-0528)(00)正法寺 (11).JPG
                  庭園

7(31-0528)(00)正法寺 (13).JPG

8(31-0528)(00)正法寺 (12).JPG

9周辺(31-0528)(00)正法寺 (15).JPG
                  周辺