比曽寺 (兵庫県豊岡市日高町)

神鍋高原へ向う国道482号沿いの頃垣(ころがき)集落に
建つのが比曽寺で、紅葉で知られるお寺である。
お寺は、天平4年(732年)開創と伝え、12世紀末に
延朗上人によって再興されたといわれている。
延朗上人は、河内源氏の源義信の長男で、現在の養父市で
生まれ、比曽寺で得度している。
碩学の僧として知られ、源義経の帰依を受けている。

お寺の見所は、紅葉と明治20年(1887年)に作造
された池泉鑑賞式庭園である。

<丹波、丹後のお寺一覧>

(1)寺名:比曽寺(ひそじ)
(2)住所:兵庫県豊岡市日高町頃垣554
(3)山号:久持山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:732年 (6)本尊:聖観音
(7)訪問日:2019年6月25日

1山裾に比曾寺(28-6527)比曽寺 (28).JPG
               山裾に比曽寺

2全景(28-6527)比曽寺 (29).JPG
                 全景

3参道(28-6527)比曽寺 (2).JPG
                 参道

4(28-6527)比曽寺 (5).JPG

5本坊(28-6527)比曽寺 (9).JPG
                 本坊

6境内(28-6527)比曽寺 (25).JPG
                 境内

7庭園(28-6527)比曽寺 (13).JPG
                 庭園

8庭園(28-6527)比曽寺 (14).JPG
                 庭園

9本堂(28-6527)比曽寺 (17).JPG
                 本堂

10経塚石塔(28-6527)比曽寺 (19).JPG
                経塚石塔