神照寺 (滋賀県長浜市西浅井町)

琵琶湖最北に位置する塩津港は、平安時代から敦賀と京を結ぶ
琵琶湖水運の拠点として栄えたが、今は港の面影はない。
この塩津地区の中集落に、民家風の本堂が建つのが神照寺である。
このお寺を知らしめているのは、小さいながらも愛嬌のある面立ち
の十一面観音坐像で、湖北観音の一つである。

<滋賀県湖北地域のお寺一覧>

(1)寺名:神照寺(しんしょうじ)
(2)住所:滋賀県長浜市西浅井町塩津中4
(3)山号:東光山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)十一面観音坐像:藤原時代 像高26cm
2)訪問日:2015年5月27日

1塩津地区(25-4808)(00)神照寺  (2).JPG
                塩津地区

2参道(25-4808)(00)神照寺.JPG
                  参道

3本堂(25-4808)(00)神照寺  (1).JPG
                  本堂

4(25-4808)(00)神照寺 (6).JPG