法住寺 (石川県珠洲市) 空海伝説

珠洲市宝立町の山間部に建つ法住寺は、空海伝説に纏わる古刹で、
空海の開創と伝えられている。
弘法大師空海が唐に渡り、密教の灌頂を受け、3個の杵(しょ)を
授かり帰朝する際に、その杵を日本に向けて投げた。
帰朝後、空海は3個の杵を探して旅に出、佐渡島、珠洲、高野山で
見つけ、それぞれにお寺を開創したという伝説が伝わっている。
その一つが法住寺と地元で伝承されてきた。

鬱蒼とした山間部に建つお寺には、空海伝説が似つかわしい風景で
その森閑な気を味わうには十分である。

<石川県のお寺一覧>

(1)寺名:法住寺(ほうじゅうじ)
(2)住所:石川県珠洲市宝立町春日野83-15
(3)山号:吼木山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:弘仁年間(810~824年)
(7)本尊:不動明王
(8)その他
1)不動明王坐像:重要文化財 14世紀初期 像高86cm
2)金剛力士立像2躯:市指定文化財 1453年
3)法住寺文書:市指定文化財
4)参考
  白山神社本殿:重要文化財 室町時代末期 法住寺旧鎮守
5)訪問日:2020年9月20日

1法住寺へ(17-2701)法住寺 (24).JPG
                法住寺へ

2山門(17-2701)法住寺 (12).JPG
                 山門

3六地蔵(17-2701)法住寺 (13).JPG
                 六地蔵

4仁王像(17-2701)法住寺 (16).JPG
                 仁王像

5参道(17-2701)法住寺 (17).JPG
                 参道

6参道(17-2701)法住寺 (2).JPG
                 参道

7境内(17-2701)法住寺 (11).JPG
                 境内

8本堂(17-2701)法住寺 (4).JPG
                 本堂

9大師堂(17-2701)法住寺 (5).JPG
                 大師堂