萬精院 (和歌山県和歌山市)

和歌山市街地を流れる大門川左岸に建つ萬精院は、1945年の 和歌山大空襲により全焼し、多宝塔など伽藍を失い、その開創は 不詳である。 ただし、残った金仏と梵鐘があり、梵鐘の銘から1626年再興 された時に、梵鐘は熊野本宮から移している。 この梵鐘は、紀州藩主浅野幸長が鋳造し、熊野本宮に奉納したもの で、幸長が亡くなった翌年の…

続きを読むread more