萬精院 (和歌山県和歌山市)

和歌山市街地を流れる大門川左岸に建つ萬精院は、1945年の
和歌山大空襲により全焼し、多宝塔など伽藍を失い、その開創は
不詳である。
ただし、残った金仏と梵鐘があり、梵鐘の銘から1626年再興
された時に、梵鐘は熊野本宮から移している。
この梵鐘は、紀州藩主浅野幸長が鋳造し、熊野本宮に奉納したもの
で、幸長が亡くなった翌年の1614年銘が入っている。

<和歌山県のお寺一覧>

(1)寺名:萬精院(まんしょういん)
(2)住所:和歌山県和歌山市鈴丸丁30
(3)山号:東曜山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)中興:1626年 朝秀
(7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)和歌山西国三十三所観音霊場第21番 聖観音
2)梵鐘:市指定文化財 1614年
3)訪問日:2017年9月24日

1大門川(30-2037)萬精院 (1).JPG
                 大門川

2全景(30-2037)萬精院 (6).JPG
                 全景

3本堂(30-2037)萬精院 (7).JPG
                 本堂

4金仏(30-2037)萬精院 (8).JPG
                 金仏