天徳寺 (大阪市北区) 毛利元康の墓

北区天満の寺町に建つ天徳寺には、毛利元就の八男・毛利元康
の墓がある。
毛利元康は、文武に秀でた武将であったが、歴史上表に出る
人物ではないが、毛利家にあっては重視され、戦においても
活躍したが、徳川家康からは恐れられ、その事績を消される
ほどの人物であったといわれている。
関ヶ原の戦い後、大坂の毛利宿陣で1601年病死し、天徳寺
に葬られている。

天徳寺の開創は不詳であるが、現在の福山市神辺町に開創され
その後現在地に移ったといわれている。
毛利元康は1590~98年、神辺城主であり、天徳寺の開創
に関係したとも考えられる。
天徳寺では、毛利元康を開基としている。

<大阪市のお寺一覧>

(1)寺名:天徳寺(てんとくじ)
(2)住所:大阪府大阪市北区与力町2-1
(3)山号:仙境山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:毛利元康 (6)開創:不詳
(7)本尊:如意輪観音
(8)訪問日:2019年1月7日

1全景(27-1916)(00)天徳寺 (1).JPG
                  全景

2門前(27-1916)(00)天徳寺 (13).JPG
                  門前

3山門(27-1916)(00)天徳寺 (2).JPG
                  山門

4本堂(27-1916)(00)天徳寺 (10).JPG
                  本堂

5毛利元康の墓(27-1916)(00)天徳寺 (9).JPG
               毛利元康の墓