常福寺 (滋賀県米原市梓河内)

鈴鹿山系の北端に位置する霊仙山(1094m)の北麓にあって、
梓川沿いの梓河内(あんさかわち)集落の小高い処に建つのが
常福寺である。
お寺は1374年、霊仙山中腹に山岳道場として開創されたと
伝え、その後転々と移ったが、1926年現在地に再興された。
お寺はこじんまりとした風情であるが、仏像は歴史のある古仏
で、米原市の文化財である。

<滋賀県湖北地域のお寺一覧>

(1)寺名:常福寺(じょうふくじ)
(2)住所:滋賀県米原市梓河内318
(3)山号:孤峯山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:静明 (6)開創:1374年
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)阿弥陀如来立像:市指定文化財 藤原時代
2)不動明王立像:市指定文化財 鎌倉時代
3)訪問日:2018年6月10日

1梓河内集落(25-3924)常福寺 (2).JPG
                梓河内集落

2梓川と集落(25-3924)常福寺 (3).JPG
                梓川と集落
                遠方に霊仙山

3全景(25-3924)常福寺 (4).JPG
                常福寺全景

4周辺(25-3924)常福寺 (5).JPG
                 周辺

5参道(25-3924)常福寺 (7).JPG
                 参道

6仮本堂(25-3924)常福寺 (8).JPG
                 仮本堂

7石幢(25-3924)常福寺 (10).JPG
                 石幢