富山県のお寺

高岡市の瑞龍寺は富山県建造物の中で唯一の国宝建造物であり、 その独特の風景はヨーロッパのお城を思わせるものがある。 また、南砺市の瑞泉寺は井波彫刻の原点であり、浄土真宗の拠点でも あった。 十三寺(入善町):北陸三十三ヶ所観音霊場第32番 法福寺(黒部市):明日の大桜 全龍寺(黒部市):天井絵 長安寺(黒部市):山門と…

続きを読むread more

大法寺 (富山県高岡市) 長谷川等伯の仏画

高岡市の中心部に建つ大法寺は、1454年、現在の射水市放生津町に 開創されたと伝え、前田氏の時代に高岡へ移転している。 なお、富山市の大法寺(富山大法寺)に対して高岡大法寺と呼ばれている。 大法寺といえば、桃山時代を代表する画人長谷川等伯が、能登七尾時代に 長谷川信春と名乗っていた頃の仏画5幅が所蔵されており、全て文化財に 指…

続きを読むread more