満福寺 (山梨県韮崎市) 穴山氏の菩提寺

戦国時代、武田信玄・勝頼の重臣として活躍した
穴山梅雪(信君)の祖先で、穴山氏の祖といわれる穴山義武が
南北朝時代に開創したと伝え、穴山氏の菩提寺とした。
本堂裏手に穴山氏の墓といわれる墓塔が残されている。
1502年、曹洞宗のお寺として再興され、戦国時代には
梅雪の庇護も厚く、大いに栄えたといわれている。
また、武田信玄の母・大井夫人のゆかりもある。

山麓にあって、満開の桜が風景を造っていた。

<山梨県のお寺一覧>

(1)寺名:満福寺(まんぷくじ)
(2)住所:山梨県韮崎市穴山町1509
(3)山号:大龍山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:穴山義武 (6)開創:南北朝時代
(7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)穴山氏の墓:市指定史跡
2)訪問日:2021年3月25日

1遠景(19-0201)満福寺 (2).JPG
                 遠景

2全景(19-0201)満福寺 (5).JPG
                 全景

3参道(19-0201)満福寺 (6).JPG
                 参道

4(19-0201)満福寺 (7).JPG

5本堂(19-0201)満福寺 (12).JPG
                 本堂

6境内(19-0201)満福寺 (13).JPG
                 境内

7大井夫人歌碑(19-0201)満福寺 (14).JPG
               大井夫人歌碑

8穴山氏の墓(19-0201)満福寺 (15).JPG
                穴山氏の墓

9周辺(19-0201)満福寺 (18).JPG
                 周辺