慈光円福院 (和歌山県和歌山市)

和歌山市街地を流れる大門川右岸に建つ慈光円福院は、 1951年円福院と慈光寺が合併したお寺で、堂宇は 円福院、本尊十一面観音は慈光寺の本尊を引き継いでいる。 開創は円福院の開創を引き継いでいるが、慈光寺の開創は古く、 723年と伝えられている。 本尊十一面観音立像は平安時代前期の造像で、和歌山県でも 有数の仏像である。 …

続きを読むread more