もくもく探索日誌 2021年3月30日 根尾の淡墨桜

今日は久しぶりにJ&Bメンバー5人で、岐阜県揖斐川町<華厳寺>と 本巣市<根尾の淡墨桜>の花見としゃれこむ 満開の桜を見るのは、私は2度目であるが、他のメンバーは初めて 花見客は時節柄、2017年4月13日に比べて少なく、満開の 時期も、今年は随分と早い 万歩計9千歩 もくもく探索満足度100点 満開の桜 <華厳寺> …

続きを読むread more

般若院 (奈良県香芝市尼寺) 尼寺南廃寺跡

香芝市尼寺2丁目にある7世紀古代寺院跡、尼寺廃寺跡は200mほどの 距離をおいて、北廃寺跡と南廃寺跡から構成されている。 北廃寺は7世紀後半の開創と推定され、江戸時代に廃寺となった いわれている。現在は、公園として整備され、国指定史跡となっている。 南廃寺は7世紀中頃の開創と推定され、平安時代には廃寺となったと いわれている。…

続きを読むread more

西光寺 (兵庫県西脇市黒田庄町)

西脇市最北部に位置する黒田庄は、豊臣秀吉の参謀であった黒田官兵衛 の生誕地といわれているが、通説では姫路ともいわれ、確たる史料は ないとか。 そんな黒田庄の特産黒田庄和牛が最近人気を呼んでいるようだ。 黒田庄町石原集落の山麓に西光寺は建つ。 門前に広場、背後に低山を控えた風景は、里寺の典型的な姿で、広場で 子供たちが遊ぶ…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月27日 長野県松本市

塩尻市のホテルを7時に出る 5泊6日のもくもく探索最終日となる今日は、 2年半前に松本市を訪れた際に、カメラの不調で 画像が消えてしまったために、今回再度訪問 午前中の探索になる 北アルプスがスッキリ、信州訪問の中でも初めて 帰路に着く途中、中央アルプス、南アルプスも望め、 今回の探索は、富士山もスッキリ 大満足の探索 …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月26日 長野県諏訪湖周辺

塩尻市のホテルで記事を書く 朝7時に諏訪市のホテルを出る 朝から快晴 八ヶ岳連峰が霞んでいる まずは諏訪市のお寺巡りから始まる 山手、中央道が境内の下を通る<江音寺>の しだれ柳が見事 推定樹齢200年に近いとか 桜はまだまだ~                  諏訪湖               八ヶ岳…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月25日 山梨県

長野県諏訪市のホテルで記事を書く 朝7時、笛吹市のホテルを出る 今日は、朝天気よし しかしお昼頃から曇り 雨は降らず 笛吹市~甲府市~韮崎市~北杜市と巡る 記事を書く時刻が遅いので、主な風景写真を載せる 夕方、久しぶりに、日本三大桜の<神代桜>満開 元気な姿に感動を覚える これが本日のメイン 万歩計1万3千歩 もくもく…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月24日 富士吉田市~笛吹市

河口湖のホテルを7時にでる 今日は快晴 富士山もスッキリ 富士吉田市に入る どこからもスッキリと富士山が 目の前に <月江寺>などを巡る                朝7時の富士山              富士吉田市の山手から                 月江寺から        …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月23日 静岡県東部~富士五湖

静岡県長泉町のホテルを朝7時に出る 今日は静岡県長泉町~清水町~三島市~山梨県忍野村~ 富士吉田市~富士河口湖町と巡る 午後2時頃までは富士山、雲に隠れていたが急に晴れ 河口湖からは雪を戴いた富士山満開~ 静岡県の桜はちらほら咲き始め、富士五湖の桜は つぼみ堅し                13時の富士山 …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月22日 静岡県長泉町

夕方5時前に新東名長泉沼津ICを出る。 長泉町のホテルで記事を書く 出発が遅くなり、夕方の到着となった 富士山は厚い雲に覆われ、長泉町も薄暗く 一ヶ寺のみの参拝となる ホテルに近い納米里(なめり)という地区に、 本堂上に観音像の建つ<普向寺>だけとなる もくもく探索満足度 採点できず 明日から三島市~山梨県~長野県と巡る…

続きを読むread more

浄念寺 (和歌山県有田市) 人助け柏槙

有田川(ありだがわ)の右岸にあって、背後に長峰山脈が連なる 宮原町に、柏槙(ビャクシン)がその存在感を呈するのが浄念寺 である。 このお寺と柏槙は、有吉佐和子の<有田川>に登場し、主人公千代 に寄り添ってきた。 1953年7月18日の紀州大水害によって、この地域も甚大な 被害を受けたが、この柏槙やお寺の塀によって本堂などの流…

続きを読むread more

助命見守り地蔵石仏 (奈良県山添村)

神野山(618m)(こうのやま)の南東麓にあって、助命(ぜみょう) 集落を通る県道214号と245号の交差点山裾に小さな磨崖仏がある。 この石仏は<見守り地蔵>とか<番屋の辻馬頭観音>とか呼ばれ、 辻を行きかう人を見守るために彫られたのであろう。 年代は不詳であるが、摩耗が激しい。 また、説明板もほとんど読めない。 現在…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月19日 京都市西京区~二条城

西京区に8時過ぎに入る 今日は妻同伴のもくもく探索となるが、妻は鈴虫寺(華厳寺) が目的で、私は周辺のお寺を探索 <西光寺>などを巡り、久しぶりに<地蔵院>、<浄住寺>を 訪れる 地蔵院は入山料500円、浄住寺は無料 以前と様子は変わらずであるが、浄住寺本堂の傷みが激しく、 修理の寄付を募っていたがどうなるか  …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月18日 京都南西部

9時半に伏見区淀に入る 淀といえば、京都競馬場、淀城跡、淀川の起点地区である 桜も咲き始めた淀をスタートに始まる <文相寺>など、淀のお寺には、明治維新の戊辰戦争鳥羽伏見の戦い で戦没した幕府軍の墓地があり、維新歴史ファンにとっては散策の コースになっている                  淀城跡    …

続きを読むread more

浄光寺 (兵庫県加東市) 題目板碑

加東市にはゴルフ場が多いが、そんな低山山間部のゴルフ場に 囲まれた永福地区に建つのが浄光寺である。 浄光寺は1454年開創と伝え、1648年現在地に再興されている。 浄光寺には、1471年の<題目板碑>が残されているが、この 播磨地域では珍しいといわれている。 題目板碑は関東に多く、埼玉県東松山市妙昌寺の題目板碑は 代表的な…

続きを読むread more

大阪市のお寺 (大阪府)

大阪市のお寺一覧 崇禅寺(東淀川区):細川ガラシャの墓 専念寺(東淀川区):3体の仏像 瑞光寺(東淀川区):雪鯨橋 宝龍寺(旭区):クスの木 太融寺(北区):光源氏モデルの源融ゆかりの寺 長柄国分寺(北区):聖武天皇詔の国分寺 鶴満寺(北区):朝鮮鐘 祐泉寺(北区):造幣局の通り抜けの傍 浄蓮寺(北区):滝川地蔵尊…

続きを読むread more

栗東寺 (大阪市北区) 大坂三十三観音霊場第9番

北区寺町通に面して、ビル形式の栗東寺が建つ。 その開創は1554年で、当初は大徳寺の末寺であったが、 1597年現在地に曹洞宗として移転再興されている。 栗東寺は、寛文年間(1661~72年)に開創された 大坂三十三観音霊場第9番の札所で、近松門左衛門の <曾根崎心中>にも出てくる。 <大阪府のお寺一覧> (1)寺…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月14日 北播磨

中国道福崎ICを8時前に出る 途中は濃霧の中を走ってきたが、福崎に到着した時は、 ほとんど消えて、本日の好天気を想像させた 北播磨は何度となく訪れているが、未訪問のお寺を 全て巡る覚悟 福崎に着いて、クロガネモチの木の<嶺雲寺>が出だしとなる 池に挟まれた道の奥に、クロガネモチが目立つ 周囲には、半円形の春日山もあり、一つ…

続きを読むread more

岩船寺 (京都府木津川市) 五輪石塔

岩船寺山門を入って左手に、五輪石塔が建っている。 なお、三重塔近くにも五輪石塔があるが、ここでとりあげる 五輪石塔は山門近くのそれである。 この五輪石塔は、1937年、加茂町北谷の岩船墓地から 移されたといわれ、鎌倉時代後期の造塔と推定されている。 なお、岩船墓地には、岩船六体地蔵がある。 <京都府南部のお寺一覧> …

続きを読むread more

林蔵坊 (滋賀県米原市)

旧中山道の宿場町として、また湧水の里として観光スポット となっている醒ヶ井の南に位置する枝折(しおり)集落にも、 <天神水>湧水があり、その近くの山裾に建つのが林蔵坊で ある。 開創は不詳であるが、背後に残る枝折城跡の城主であった 土肥氏ゆかりのお寺といわれている。 境内は整備が行き届き、全てが庭園風の趣を醸し出し、ザゼ…

続きを読むread more

慈光円福院 (和歌山県和歌山市)

和歌山市街地を流れる大門川右岸に建つ慈光円福院は、 1951年円福院と慈光寺が合併したお寺で、堂宇は 円福院、本尊十一面観音は慈光寺の本尊を引き継いでいる。 開創は円福院の開創を引き継いでいるが、慈光寺の開創は古く、 723年と伝えられている。 本尊十一面観音立像は平安時代前期の造像で、和歌山県でも 有数の仏像である。 …

続きを読むread more

帝釈寺 (奈良県山添村) 北野天神社の神宮寺

県道80号沿いの山間部に位置する北野集落にあって、山麓に赤い鳥居、 参道の先に北野天神社の社殿が建ち、その隣に帝釈寺が並んで建っている。 帝釈寺は極楽院帝釈寺で、かっては極楽寺と呼ばれ、北野天神社の 神宮寺として開創されたと伝えられている。 天神社は応永年間(1394~1428年)に建立されたと伝えるが、 帝釈寺の開創は不詳で…

続きを読むread more

願海寺 (兵庫県南あわじ市) 芭蕉句碑

日本の渚百選に入っている<慶野松原>は、2500mにおよぶ 白砂青松の海岸で、そこから内陸に1kmほどところに建つのが 願海寺である。 かっては、海岸線は内陸にあったらしく、寺名からも海岸近くに 願海寺は建っていたといわれている。 境内に安置されている芭蕉句碑<扇塚>は、1789年俳人 栗本玉屑らによって建立された。 …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年3月10日 京丹後

京都縦貫道・京丹後大宮ICを10時半に出る 今日のメインは<和久傳ノ森 安野光雅館> 久しぶりに妻を伴っての探索 妻の目的が安野光雅館 私はお寺探索 安野光雅が2020年12月24日に亡くなり、その追悼展が 3月10~6月7日間開催され、その初日に訪れた 建物は安藤忠雄の設計で、京丹後市峰山町から今や京料理の 名亭となった…

続きを読むread more

福聚観音堂 (大阪府豊能町) 切畑西野多尊石仏

一石に多くの仏像を彫った多尊石仏は、豊能町に7基あり、隣接の 箕面市茨木市に数基あるが、この地域独特の石仏である。 福聚観音堂の切畑西野多尊石仏はその一つで、1575年在銘の 貴重な石仏である。 福聚観音堂については不詳である。 切畑西野集落を通る府道109号の北側山麓にあり、目印がなく アクセスはGoogle地図に頼る…

続きを読むread more

岩船寺 (京都府木津川市) 石風呂

当尾の里にあって、浄瑠璃寺と共に名刹として名を知らしめる 岩船寺(がんせんじ)の石造物は、数多くあり、一つずつ見て みよう。 参道を進み、山門前の石段手前、左に石風呂が安置されている。 鎌倉時代、僧が身を清めたであろう石風呂は、岩船寺の寺名 に繋がるとも伝承されている。 石風呂といえば、鎌倉時代初期、東大寺を再興した重源上人…

続きを読むread more

行徳寺 (滋賀県米原市) 奥伊吹

姉川沿いに走る県道40号の終点、米原市最北端に位置する 甲津原集落に建つのが行徳寺である。 そこから山手に奥伊吹スキー場があり、2~3mの積雪量を 誇る関西最大級のスキー場である。                姉川と県道40号                 姉川ダム湖               …

続きを読むread more

和歌山県のお寺一覧

高野山のお寺と和歌山県(高野山以外)のお寺を紹介 高野山のお寺 利生護国寺(橋本市):<重文>本堂 子安地蔵寺(橋本市):関西花の寺第24番 かむろ大師(橋本市):水の加持祈祷 西光寺(橋本市):学文路刈萱堂 小峯寺(橋本市):修験の寺 応其寺(橋本市):木食応其上人の寺 定福寺(橋本市):黒河道の起点 大光寺(橋…

続きを読むread more

崇賢寺 (和歌山県和歌山市) 紀州藩家老・安藤氏の菩提寺

和歌山市街地にあって、ガス球形タンクの横に巨大な五輪石塔群 が建つのが崇賢寺である。 お寺境内には入ることが出来ず、外観の拝観にとどまった。 崇賢寺は、紀州藩付家老・安藤直次が亡くなった後、藩主徳川頼宜が 開創し、直次を弔い、以後安藤氏の菩提寺となった。 安藤直次は、徳川家康に仕え数々の戦で活躍し、家康の十男頼宜の 伝役とな…

続きを読むread more

奈良県のお寺一覧

奈良県のお寺を紹介 奈良市のお寺 桜井市、宇陀市のお寺 御所市、五條市のお寺 法隆寺その1:金堂・五重塔 法隆寺その2:国宝伽藍(1) 法隆寺その3:国宝伽藍(2) 法隆寺その4:国宝伽藍(3) 法隆寺その5:境内の風景 法隆寺その6:重要文化財伽藍(1) 法隆寺その7:重要文化財伽藍(2) 法隆寺その8:境内…

続きを読むread more

光明寺 (奈良県黒滝村)

奈良県の中央部にあって、<奈良のへそ>と呼ばれる黒滝村は、 人口660人ほどの山村で、林業を主体とする自然溢れる村である。 国道309号から県道138号へ、黒滝村に入ってまもなく、 左手に建つのが光明寺である。 光明寺の開創は不詳である。 そこから138号を700mほどの所に、黒滝村の総合リクレーション 施設<黒滝・森物…

続きを読むread more

淡路島のお寺一覧 (兵庫県)

淡路島の淡路市、洲本市、南あわじ市のお寺一覧 本福寺(淡路市):建築家安藤忠雄設計の水御堂 宝生寺(淡路市):淡路島七福神<寿老人> 東山寺(淡路市):淡路三山 常隆寺(淡路市):淡路三山 八浄寺(淡路市):淡路島七福神大黒天 円城寺(淡路市):桜の名所 智禅寺(淡路市):淡路島七福神弁財天 覚王寺(淡路市):牛馬安…

続きを読むread more

兵庫県のお寺一覧

兵庫県のお寺を紹介 <阪神地域> 長遠寺(尼崎市):江戸時代初期の伽藍が残る寺 本興寺(尼崎市):尼崎市寺町の大寺 善通寺(尼崎市):首なし地蔵尊 如来院(尼崎市):法然上人二十五霊場第4番 広済寺(尼崎市):近松門左衛門の菩提寺 全昌寺(尼崎市):尼崎藩主戸田氏鉄ゆかりの寺 専念寺(尼崎市):平重盛の菩提寺 広徳…

続きを読むread more

遍照院 (兵庫県洲本市)

洲本の寺町八ヶ寺は、1631年、蜂須賀氏が淡路島の本拠を 洲本城に移し、城下町を整備した際に出来た寺町である。 その一角に建つ遍照院は、当時は地蔵寺と呼ばれていたが、 1914年の火災で焼失し、青蓮寺と合併して遍照院となっている。 前身の地蔵寺は、近世の遊行聖として知られた木食観正が得度 したお寺でもある。 <淡路島…

続きを読むread more

大阪府のお寺一覧

大阪市のお寺一覧 堺市のお寺一覧 能勢妙見山(能勢町):妙見信仰の中心 真如寺(能勢町):関西身延 清普寺(能勢町):地元権力者・能勢氏の菩提寺 長杉寺(能勢町):江戸時代の枯山水庭園 玉泉寺(能勢町):鎌倉時代の板碑 蓮華寺(能勢町):五輪石塔 慈眼寺(能勢町):願掛観音 月峯寺(能勢町):北摂の名刹…

続きを読むread more

高山光明寺 (大阪府豊能町) 伝親鸞聖人像

府道4号沿いの山間部にあって、キリシタン大名高山右近の生誕地 高山集落に建つ高山光明寺は、777年箕面市勝尾寺の奥の院として 開創されたと伝え、1232年親鸞聖人が逗留の折に、住職は聖人に 帰依し、浄土真宗に改宗したといわれている。 光明寺に伝わる親鸞聖人坐像と呼ばれる像は、鎌倉時代の造像で、 女神像として造像された像を、後に…

続きを読むread more

京都のお寺総覧

京都のお寺を紹介 <世界遺産 古都京都の文化財> 東寺<教王護国寺>(南区)    清水寺(東山区)   延暦寺(滋賀県大津市)      醍醐寺(伏見区)   仁和寺(右京区)         平等院(宇治市)  高山寺(右京区)         天龍寺(右京区)   金閣寺<鹿苑寺>(北区)     銀閣寺<慈照…

続きを読むread more

京都府南部のお寺

京都府南部(宇治市、城陽市、久御山町、京田辺市、宇治田原町、井手町、 精華町、木津川市、和束町、笠置町、南山城村)のお寺 <京都府宇治市> 橋寺(放生院):宇治橋の守り寺 興聖寺:道元ゆかりの寺 恵心院:恵心僧都ゆかりの寺 三室戸寺:花の西国三十三所観音霊場第10番 平等院:世界遺産 極楽浄土の再現   <平等院塔頭…

続きを読むread more

岩船観音寺跡 (京都府木津川市加茂町) 笠塔婆

岩船寺に向って、府道752号沿いの岩船公民館向かいの細い山道を 入り、200mほどの突き当りに、古びた遊具が放置された広場に 至る。そこが岩船観音寺跡で、かっては観音寺が建っていたそうだ。 その観音寺については不詳である。                 山道入口            …

続きを読むread more

滋賀県湖北地域のお寺

滋賀県湖北地域(米原市、長浜市、長浜市虎姫町、長浜市湖北町、長浜市高月町、 長浜市木之本町、長浜市余呉町、長浜市西浅井町)は観音の里と呼ばれ、特に 渡岸寺観音堂の<国宝>十一面観音立像は日本を代表する仏像である。 <お寺の名前をクリックするとあらましと写真を紹介> 観音寺(米原市):石田三成ゆかりのお寺 青岸寺(米原市…

続きを読むread more

滋賀県のお寺総覧 

滋賀県は京都・奈良に続いて古寺が多く、仏教文化財も京都・奈良に 続いて多い。 国宝・重要文化財に指定された仏像を有する寺院数は207ヶ寺にも 及び、国宝・重要文化財に指定された建造物を有する寺院数は42ヶ寺で 共に全国3番目である。 それも小さな寺院が数多くあることが京都・奈良と大いに異なる。 <主な寺院> 延暦寺…

続きを読むread more

霊水寺 (滋賀県米原市)

国道8号梅ヶ原交差点を東に入り、集落を抜けた行き止まりに、 杉並木の参道が現れる。 この一角は幽玄無垢の風景が漂い、凛とした境地にさせる。 霊水寺は、奈良時代のお寺常楽寺があったと伝えられる跡地に、 1680年彦根藩次席家老・庵原氏が開基となって開創されたと いわれている。 <滋賀県湖北地域のお寺> (1)寺名:霊…

続きを読むread more

旧伊賀街道三体地蔵 (三重県伊賀市荒木)

1634年<鍵屋の辻決闘>で有名な荒木又右衛門の生誕地荒木集落 を抜け、服部川左岸の旧伊賀街道を200mほど行くと林道に入ると、 直ぐ右手、三角形の石に薄肉彫りされた三体地蔵石仏が見つかる。 中央のお地蔵さんは摩耗が激しい。 そこから50mほどの右手には、半肉彫りの六地蔵石仏、薄肉彫りの 一体地蔵石仏、薄肉彫りの三体石仏と…

続きを読むread more