松林寺 (岡山県岡山市北区) 庭瀬藩主板倉氏の菩提寺

岡山市西部にあって、かっては庭瀬城(陣屋)の外濠の役割を
担った法万寺川用水路が整備され残る、庭瀬地区に建つのが
松林寺である。
松林寺は1339年、備前守護大名・赤松円心の支援を受けて
開創されたと伝え、1699年庭瀬藩主となった板倉氏の帰依を
受け、1702年板倉氏の菩提寺となっている。

境内入口に、大きな数珠が掛けられた地蔵祠が珍しい
地蔵信仰が相当篤いのであろう。

<岡山県のお寺一覧>

(1)寺名:松林寺(しょうりんじ)
(2)住所:岡山県岡山市北区庭瀬707
(3)山号:清水山 (4)宗派:臨済宗東福寺派
(5)開基:赤松円心 (6)開創:1339年
(7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)別峰国師頂相(画):県指定文化財 1405年
2)訪問日:2020年6月17日

1法万寺川用水(33-1014)松林寺 (12).JPG
               法万寺川用水路

2常夜灯(33-1014)松林寺 (13).JPG
                 常夜灯

3地蔵祠(33-1014)松林寺 (3).JPG
                 地蔵祠

4境内(33-1014)松林寺 (10).JPG
                 境内

5本堂(33-1014)松林寺 (8).JPG
                 本堂

6伊勢大神宮(33-1014)松林寺 (9).JPG
                伊勢大神宮