もくもく探索日誌 2021年3月18日 京都南西部

9時半に伏見区淀に入る
淀といえば、京都競馬場、淀城跡、淀川の起点地区である
桜も咲き始めた淀をスタートに始まる
<文相寺>など、淀のお寺には、明治維新の戊辰戦争鳥羽伏見の戦い
で戦没した幕府軍の墓地があり、維新歴史ファンにとっては散策の
コースになっている

1淀城跡(26-0000)淀行く (3).JPG
                 淀城跡

2ソメイヨシノが咲きあした(26-0000)淀行く (1).JPG
             ソメイヨシノが咲き始めた

3文相寺(26-0000)淀行く (4).JPG
                 文相寺

4淀の河津桜(26-0000)淀行く (5).JPG
                淀の河津桜

5東運寺(26-0000)淀行く (3)1.JPG
                 東運寺

6長円寺閻魔王(26-0000)淀行く (2)1.JPG
               長円寺閻魔王

淀川を渡り、八幡市に入る
八幡市のお寺には、石清水八幡宮と関係のあったお寺が多いが、
今回はそれ以外の未知のお寺巡り
市内を経て、木津川沿いの<善照寺>ではお茶の接待を受け、
近くにある<流れ橋>へと立ち寄り、一息いれる
流れ橋も改修が終り、簡単に壊れないようになったようだ。

1(26-0000)八幡市 (6).JPG

2講田寺油掛地蔵(26-0000)八幡市 (2).JPG
               講田寺油掛地蔵

3水月寺地蔵尊(26-0000)八幡市 (4).JPG
               水月寺地蔵尊

4善照寺(26-0000)八幡市 (10).JPG
                 善照寺

5流れ橋(26-0000)八幡市 (9).JPG
                 流れ橋

6伊佐家住宅(26-0000)八幡市 (7).JPG
                伊佐家住宅

7光瀬寺(26-0000)八幡市 (5).JPG
                 光瀬寺

京田辺市に入る
<法華寺>への途中で、<澤井家住宅>に立ち寄ったところ、
クリスマスローズの展示会が開かれており、目の保養をさせて
もらった
本日のメイン<虚空蔵堂>へ
虚空蔵谷参道脇に、ユニークな五百羅漢が安置され、楽しませて
くれる谷道である
万歩計1万
もくもく探索満足度85点 春の彩りを楽しむ

1(27-0000)京田辺 (11).JPG

2来迎寺へ(27-0000)京田辺 (9).JPG
                来迎寺へ

3(27-0000)京田辺 (12).JPG

4澤井家住宅(27-0000)京田辺 (4).JPG
                澤井家住宅

5クリスマスローズ(27-0000)京田辺 (13).JPG
              クリスマスローズ

6法華寺(27-0000)京田辺 (2).JPG
                 法華寺

7(27-0000)京田辺 (7).JPG

8(27-0000)京田辺 (3).JPG

9虚空蔵谷道(27-0000)京田辺 (6).JPG
                虚空蔵谷道

10五百羅漢(27-0000)京田辺 (15).JPG
                五百羅漢

11五百羅漢(27-0000)京田辺 (21).JPG

12虚空蔵堂(27-0000)京田辺 (5).JPG
                虚空蔵堂

13(27-0000)京田辺 (22).JPG