宗泉寺 (富山県高岡市金屋町)

高岡鋳物発祥の地といわれる金屋町に建つ宗泉寺の開創については
不詳であるが、本尊の十一面観音坐像は、1844年高岡鋳物師の
名工若野四郎左衛門が鋳造した仏像で、旧北陸道を往来する人馬の
安全を祈願するために祀られたといわれている。

<富山県のお寺一覧>

(1)寺名:宗泉寺(そうせんじ)
(2)住所:富山県高岡市金屋町4-4
(3)山号:萬年山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:十一面観音
(7)その他
1)銅造十一面観音坐像:市指定文化財 1844年
2)訪問日:2019年6月2日

1金屋町街並み(16-0212)宗泉寺 (5).JPG
               金屋町街並み

2山門(16-0212)宗泉寺 (8).JPG
                 山門

3本堂(16-0212)宗泉寺 (9).JPG
                 本堂