もくもく探索日誌 2021年2月28日 北尾張その2

犬山市のホテルを7時半に出る
昨日、犬山本町通が混雑していたので、まずは本町通に出かける
案の定、人ひとりいないガラガラの本町通を歩く

1犬山本町通(23-0000)本町通 (1).JPG
                犬山本町通

2(23-0000)本町通 (2).JPG

3(23-0000)本町通 (3).JPG

4(23-0000)本町通 (4).JPG

5犬山城(23-0000)本町通 (5).JPG
                 犬山城

犬山市から小牧市に入り、本日唯一の山寺<江岩寺>へ
細い道を登り、山寺に着く
平地に戻り、池を全面に据える<福厳寺>では、珍しい
陶製の宝篋印塔~石造宝篋印塔が一般的~
寺構えもなかなかのもの

1江岩寺(23-0000)小牧 (1).JPG
                 江岩寺

2福厳寺(23-0000)小牧 (2).JPG
                 福厳寺

3福厳寺陶製宝篋印塔(23-0000)小牧 (3).JPG
              福厳寺陶製宝篋印塔

春日井市に入る
春日井も変化に乏しい風景の中を走る
<林昌院>は秋葉大権現を祀り、幡が林立する様は
秋葉大権現に共通する風景
行者堂のみが残る<行者寺>、その隣の<両社宮神社>
に立ち寄り、紅白の椿

1林昌院(23-0000)林昌院 (1).JPG
                 林昌院

2林昌院石造仁王像(23-0000)林昌院 (2).JPG
         林昌院仁王像

3長福寺(23-0000)林昌院 (3).JPG
                 長福寺

5行者寺(23-0000)林昌院 (5).JPG
                 行者寺

6両社宮神社(23-0000)林昌院 (6).JPG
                両社宮神社

春日井市中心部に建つ<慈眼寺>は、この地域では珍しい
黄檗宗の禅寺なのに、なぜか色鮮やかな弘法大師像が
立つ おそらく黄檗宗になる前は真言宗かも
小野道風ゆかりの<大光寺>、隣には小野氏を祀る
神社あり
<退休寺>を経て、退休寺が管理する<尻冷やし地蔵>
を探す~これまた、もくもく探索の醍醐味~
なんとか見つかる 立派な地蔵尊
台石の下から清水が湧き出て、地蔵尊の尻を濡らしていた
ことから、いつとはなく尻冷やし地蔵と呼んだとか~

1慈眼寺(23-0000)春日井市 (5).JPG
                 慈眼寺

2慈眼寺弘法大師像(23-0000)春日井市 (6).JPG
              慈眼寺弘法大師像

3大光寺(23-0000)春日井市 (1).JPG
                 大光寺

4退休寺(23-0000)春日井市  (2).JPG
                 退休寺

5尻冷やし地蔵堂(23-0000)春日井市  (1).JPG
               尻冷やし地蔵堂

6尻冷やし地蔵尊(23-0000)春日井市 (3).JPG
               尻冷やし地蔵尊

長久手市に入る
<聚福院>では河津桜の見事な咲きっぷりを~
2ヶ寺を経て帰路につく 早めの帰路
万歩計7千歩
もくもく探索満足度70点 変化のない風景

1聚福院(23-0000)長久手 (1).JPG
                 聚福院

2常照寺青石(23-0000)長久手 (2).JPG
                常照寺青石

3安昌寺(23-0000)長久手 (3).JPG
                 安昌寺