龍護寺 (石川県志賀町)

<世界一長いベンチ>のある増穂浦海岸から北へ、田畑を抜けると、
低い山並みの麓に龍護寺の参道が現れる。
苔むした石段参道の脇には清水が流れ、山寺の風景が癒しの空間を
醸し出し、一気に石段を登る。
龍護寺の開創については、龍の伝説があり、寺名にも残されている。
それは、龍の災いを止めようと実峰禅師が坐禅を組んで、戒を授ける
と、災いが止み、龍の棲んでいた池を埋立て、そこにお堂を建てたとか。
そこからは龍護水が今も湧き出ているとか。

<石川県のお寺一覧>

(1)寺名:龍護寺(りゅうごじ)
(2)住所:石川県志賀町酒見門前67
(3)山号:金谷山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:実峰良秀 (6)開創:1394年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)能登三十三観音霊場第25番 龍王龍神観音
2)薬師如来坐像:県指定文化財 藤原時代 像高120cm
3)訪問日:2020年9月22日

1龍護寺へ(17-2202)龍護寺  (2)1.JPG
                増穂浦海岸

1龍護寺へ(17-2202)龍護寺  (3)1.JPG
              世界一長いベンチ

1龍護寺へ(17-2202)龍護寺 (2).JPG
                龍護寺へ

2周辺(17-2202)龍護寺 (22).JPG
                 周辺

3参道(17-2202)龍護寺 (23).JPG
                 参道

4(17-2202)龍護寺 (7).JPG

5(17-2202)龍護寺 (21).JPG

6山門(17-2202)龍護寺 (11).JPG
                 山門

7(17-2202)龍護寺 (13).JPG

8(17-2202)龍護寺 (16).JPG

9本堂(17-2202)龍護寺 (14).JPG
                 本堂