妙願寺 (岡山県津山市)

妙願寺は、天正年間(1573~92年)美濃金山城主・森可成の妻 妙向尼が、織田信長の許可を得て、妙向尼の母の菩提を弔うために、 現在の岐阜県可児市兼山に開創したと伝えられている。 妙向尼は浄土真宗の信者で、織田信長と石山本願寺との戦いの和睦に 貢献した人物である。 子供には、本能寺の変で有名な三男森蘭丸がおり、六男の森忠政が …

続きを読むread more