塩谷寺 (石川県能登町)

宇出津港(うしつこう)の奥に位置し、宇出津港を一望できる 高台に建つのが塩谷寺である。 宇出津第2トンネルと第1トンネルの間を海側へ折れると、 境内へ出る。 百日紅の古木が目に付く境内から宇出津港が一望でき、新しい 不動堂が迎えてくれる。 塩谷寺の開創は不詳であるが、かっては山中の山寺であった。 <石川県のお寺一覧> …

続きを読むread more

仏厳寺 (富山県南砺市)

かっては、北陸における浄土真宗の中核寺として大いに 栄えた瑞泉寺の傍に建つのが仏厳寺である。 16世紀後半に開創した上田石見守秀綱は、信濃上田城主で あったが、故あって本願寺直参の武士として、瑞泉寺を守護 することになり、武田信玄からも援軍を依頼されるほどの 立場であった。 ちなみに、その折の信玄書状が仏厳寺に残っているとか…

続きを読むread more

新栄寺 (北海道札幌市) 成田山札幌別院

成田山新勝寺(千葉県成田市)の本尊不動明王を勧請して、 1885年開創されたのが新栄寺の始まりで、1889年 成田山新勝寺の札幌別院となっている。 成田山不動信仰は江戸時代から盛んになり、 全国の成田山別院8ヶ寺の一つで、分院末寺などを含めると 71ヶ寺を数える成田山不動の勢力で、今や不動信仰の 中心となっている。 地蔵信…

続きを読むread more

青龍寺 (岡山県新見市) 黒髪山頂付近

かっては阿哲(あてつ)郡と呼ばれた新見市の山並みに、黒髪山 (648m)は位置し、その山頂付近に青龍寺は建つ。 新見市街地から4kmほどの林道を登ると、旧参道があるが、 舗装された林道がお寺まで続き、本堂が見えてきた。                 黒髪山へ                  旧参道 …

続きを読むread more

金林寺 (高知県馬路村) 馬路薬師堂

太平洋沿いの国道55号から、安田川沿いに県道12号を山間部へ 19kmほど入ると馬路村(うまじむら)に到着する。 馬路村は<ゆずの村>と呼ばれ、全国的にゆずポン酢など、ゆず 加工品でその名を届かせている。 人口800人ほどの村が活性化された見本としても、以前から 訪れたい村であった。                 …

続きを読むread more

願成寺 (愛媛県内子町)

作家大江健三郎の生地内子町にあって、時宗の古刹として かっては大いに栄えたといわれる願成寺が山麓に建つ。 開創は不詳であるが、1271年時宗の開祖一遍上人も訪れたと 伝える。 戦国時代の兵火で焼失したが、1539年再興されている。 なお、一遍上人の生誕地は松山であるが、現在では、愛媛県には 時宗のお寺は2ヶ寺のみである。 …

続きを読むread more

宗泉寺 (香川県丸亀市) 丸亀藩主京極氏ゆかり

丸亀市の寺町ともいえる南条町に建つ宗泉寺は、丸亀藩主京極氏 が、松江藩、龍野藩(兵庫県たつの市)、丸亀藩と移ると共に 移転し、1660年現在地に建立されている。 宗泉寺は、丸亀初代藩主京極高和の実母(玉泉院殿)、 二代藩主高豊の実母(歌覚院殿)、多度津初代藩主京極高通の実母 (芳泉院殿)の墓所があり菩提寺となっている。 …

続きを読むread more

本行寺 (徳島県徳島市)

眉山東麓にあって、寺町の真中に、お寺らしく見えない伽藍を 構える本行寺は、1573年頃、阿波の戦国大名・三好長治の 命によって、現在の藍住町に開創されたと伝え、1586年 蜂須賀家政が阿波の大名となって、城下町の整備に伴い、寺町 が形成される時期に、現在地に移ったといわれている。 墓地には、近松門左衛門の<夕霧阿波鳴渡>の…

続きを読むread more

妙顕寺 (広島県福山市) 

福山市街地を流れる芦田川右岸にあって、彦山の東麓高台に建つ 妙顕寺からは福山市街地を一望できる。 妙顕寺は備後法華三寺といわれ、中国地方では日蓮宗の古刹で、 寺伝では1356年の開創と伝わるが、実際には、それより早い 1323年前ともいわれている。 境内からは芦田川や福山市街地を一望でき、イチョウの大木が その存在感を示…

続きを読むread more

幻住寺 (岡山県美咲町) 山上の名刹

美咲町最北端にあって、津山市に接し、幻住寺山(510m)の 山頂下に建つ幻住寺は809年開創と伝える名刹である。 1332年後醍醐天皇が隠岐島に配流になって、その途次、 津山院庄に逗留した折に、夢の中で幻住寺僧の夢告を受け、 翌年、隠岐島を脱出できたという伝承が残り、後醍醐天皇から 夢中山という山号を受けたとか。 山の尾…

続きを読むread more

本慈院 (鳥取県鳥取市) 芳心寺塔頭

鳥取市街地東部にあって、源太夫山の麓に芳心寺、完龍院と並んで 建つのが本慈院で、芳心寺の塔頭である。 開創は1530年と伝えられているが、現在地に移ったのは、芳心寺 が岡山市から現在地に移った1633年頃と思われる。 妙見菩薩を祀る妙見堂が本慈院の主体で、本堂はその左下に建つ。 <鳥取県のお寺一覧> (1)寺名:本慈…

続きを読むread more

妙願寺 (岡山県津山市)

妙願寺は、天正年間(1573~92年)美濃金山城主・森可成の妻 妙向尼が、織田信長の許可を得て、妙向尼の母の菩提を弔うために、 現在の岐阜県可児市兼山に開創したと伝えられている。 妙向尼は浄土真宗の信者で、織田信長と石山本願寺との戦いの和睦に 貢献した人物である。 子供には、本能寺の変で有名な三男森蘭丸がおり、六男の森忠政が …

続きを読むread more

最御崎寺 (高知県室戸市) 四国八十八ヶ所霊場第24番

室戸岬の高台に建つ最御崎寺は、807年弘法大師空海が 嵯峨天皇の勅願を受けて開創したと伝え、歴代天皇の信仰が 篤かったといわれている。 また、1341年足利尊氏による土佐安国寺となり、大いに 栄えたといわれた。 長い歴史に存在感を示したお寺には、多くの文化財が存在 する四国霊場である。 かっては、岬から登る参道から山門…

続きを読むread more

常福寺 (愛媛県西条市) 西条藩主一柳氏ゆかりの寺

西条市街地南部の郊外にあって、市街地を一望できる山麓に 建つのが常福寺である。 常福寺は、現在の三重県鈴鹿市神戸地区にあったが、一柳直盛が 初代西条藩主として、神戸藩主から西条へ移るに際して、 1636年現在地に移転し、一柳氏の菩提寺となった。 一柳直盛は西条へ向う途中、大坂で亡くなり、墓所は大阪市の 大仙寺にある。 …

続きを読むread more

聖徳院 (香川県宇多津町) 聖徳太子像

青ノ山(224m)を背に建つ聖徳院は、736年法隆寺の僧行信 によって開創されたと伝え、1264年再興されたといわれている。 鎌倉時代の太子信仰の中、聖徳院は太子信仰の聖地ともいわれた。 太子堂に祀られている聖徳太子二歳像(南無仏太子像)は鎌倉時代前期 の像で、最古類に属するといわれている。 太子像には、二歳像(南無仏太子像)…

続きを読むread more

中喜来観音堂 (徳島県松茂町)

松茂町を南北に通る国道11号に面して建つ中喜来観音堂は、 藍の商売で繁栄した三木氏が、東京浅草寺の観音に深く帰依 し、1877年浅草寺から聖観音を勧請し建立している。 三木氏は1674年から、ここ中喜来(なかぎらい)で藍の 商売を始め、江戸時代後期に江戸へも進出し、浅草観音に 帰依している。 <徳島県のお寺一覧> …

続きを読むread more

十林寺 (広島県三次市)

三次市東部の向江田集落の小丘に、十林寺は建つ。 雨を降らせる龍神が祀られ、龍神伝説の残るお寺であるが、 若い住職の快活な話を聞いていると、そうした伝説も今や 過去のものになりつつある。 小像ではあるが、日蓮聖人坐像が祀られ、広島県では貴重な 日蓮聖人像だとか。 <広島県のお寺一覧> (1)寺名:十林寺(じゅうりんじ…

続きを読むread more

本栄寺 (岡山県倉敷市)倉敷美観地区

倉敷美観地区にあって、鶴形山の阿智神社の下に建つのが 本栄寺で、1635年の開創と伝えている。 日蓮宗のお寺によくある<清正堂(加藤清正を祀る)>が あり、清正の日蓮宗における崇拝が窺い知れる。 これは<清正公信仰>といわれ、江戸時代前期から、清正の 菩提寺である本妙寺(熊本市)から始まったといわれている。 清正自身も熱心な…

続きを読むread more

願正寺 (鳥取県鳥取市青谷町) 因幡の源左ゆかり

青谷町(あおやちょう)山根集落の山麓に、日置川を目の前に、 石州瓦の赤い屋根が目立つ願正寺が建っている。 近くに、妙好人(在家の篤信者)と呼ばれた<因幡の源左>の 生家があり、願正寺は菩提寺である。 源左(1842~1930年)は苦難の中にあっても、<ようこそ ようこそ>(ありがとう)と、仏の教えを体現した農民である。 民芸…

続きを読むread more

霊巌寺 (和歌山県古座川町) 熊野曼荼羅霊場第26番

清流古座川(こざがわ)が流れる古座川町南東端にあって、町の 中心集落高池の山間部に立派な楼門を構えるのが霊巌寺である。 霊巌寺は1403年に開創されたと伝え、花まつりで知られる 曹洞宗の禅寺である。 熊野本宮大社などを含む熊野三山を中核とした神仏霊場の 熊野曼荼羅霊場第26番が霊巌寺であり、熊野曼荼羅の版木が 発見されたこと…

続きを読むread more

奈良市のお寺

奈良県奈良市のお寺を紹介 東大寺その1:国宝伽藍(大仏殿・南大門) 東大寺その2:その他の国宝伽藍 東大寺その3:重要文化財伽藍 東大寺その4:その他伽藍 東大寺その5:風景 東大寺その6:塔頭   知足院:東大寺塔頭 奈良の八重桜   観音院:東大寺塔頭 観音院サロン   真言院、勧学院:東大寺塔頭   中性院…

続きを読むread more

元薬寺 (奈良県奈良市上深川町) 題目立

奈良市東部の旧都祁村にあって、大和高原の一画にある上深川集落の 八柱神社の境内に元薬寺は建っており、神仏習合のお寺である。 八柱神社に伝わる<題目立(だいもくたて)>なる奉納芸能は 世界無形文化遺産に指定されている。 元薬寺の宮座講から派生して、少なくとも室町時代末期頃までに 題目立は演じられていたといわれている。 元薬…

続きを読むread more

福田寺 (兵庫県淡路市) 静御前ゆかりの寺

津名港近くの市街地に建つ福田寺には、源義経の愛人・静御前の 伝説が残っている。 源頼朝から追われる身となった義経は、1185年吉野で静御前と 別れ、奥州へ逃れるが、静御前は捕らえられ鎌倉に送られる。 鎌倉で子を出産したが、京へ戻されている。 その後のことは不詳で、各地に伝説が残っている。 その伝説の一つが、静御前は出家し、福…

続きを読むread more

宝珠院 (大阪市北区) 油掛大黒天

北区の寺町通に面して建つ宝珠院には<油掛大黒天>が祀られて いるが、全国的にも、岡山市大黒天神社、岡崎市永泉寺など 20ヶ所に満たない珍しい大黒天である。 油掛地蔵はよく知られており、そこから派生したものだろう。 宝珠院は、弘仁年間(810~824年)弘法大師空海によって、 大川辺に開創されたと伝え、1396年には大阪天満…

続きを読むread more

京都丹波のお寺

京都丹波(亀岡市、南丹市、京丹波町、綾部市、福知山市)のお寺 <京都府亀岡市> 延福寺:<重文>十三重石塔 穴太寺:西国三十三所観音霊場第21番 金剛寺:円山応挙ゆかりの寺 宝林寺:<重文>九重石塔 金輪寺:<重文>五重石塔 法常寺:後水尾天皇ゆかりの寺 谷性寺:明智光秀ゆかりの寺 神蔵寺:亀岡の名刹 千手寺:亀…

続きを読むread more

無量寺 (京都府亀岡市)

無量寺は、1039年天台宗のお寺として開創されたと伝え、 1673年浄土宗のお寺として再興されている。 この地には、810年與能神宮寺が開創され、それを起源として 與能神社が創建されたといわれている。(他にも説あり) 與能神宮寺跡に無量寺は開創されたことになり、隣には 與能神社御旅所がある。 <京都丹波のお寺一覧> …

続きを読むread more

滋賀県湖東地域のお寺一覧

滋賀県湖東地域(近江八幡市、竜王町、安土町、東近江市、日野町、 愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、彦根市)には紅葉で有名な湖東三山 などがある。 龍王寺<雪野寺>(竜王町):大蛇伝説の<重文>梵鐘 正念寺(竜王町):<重文>天部形立像 西光寺(竜王町):鎌倉時代の石塔 西光寺跡(竜王町):<重文>石燈籠・宝篋印塔 真照寺…

続きを読むread more

願福寺 (滋賀県近江八幡市加茂町)

加茂町が<馬の聖地>と呼ばれるのは、天智天皇がこの地に国営の牧場 を造ったことにあるといわれている。 その後、聖武天皇が天平年間(729~749年)に賀茂神社を創建し、 馬場が設けられた。 それと同時期に、行基がこの地に元福寺を開創したと伝え、これが願福寺 の始まりといわれ、大伽藍を備えた大寺であったとか。 戦国時代に焼失し…

続きを読むread more

金剛寺 (兵庫県三木市) 五重塔

三木市大村地区の山間部に広大な境内が広がり、池の傍には五重塔 が建ち、四季折々の花木に彩られる公園のような風景を見せるのが 金剛寺である。 金剛寺は、651年インド渡来の伝説僧・法道仙人が開創したと 伝えるが、天正年間(1573~92年)の三木合戦によって 焼失したが、1665年には伽藍が再興されている。 池の傍に建つ五…

続きを読むread more

海蔵寺 (和歌山県串本町江田) 熊野曼荼羅三十三ヶ所霊場第30番

熊野本宮大社など熊野の神社・仏閣33ヶ所の霊場があり、 その第30番が串本町江田集落の海蔵寺である。 33ヶ所には著名な神社やお寺があるが、小さな無名の 海蔵寺が含まれ、その組み合わせが面白く、熊野三山の 奥深い信仰が窺える。 海蔵寺の開創は不詳であるが、室町時代末期と伝えられ、 江田集落の大庄屋浦氏による開創とか。 …

続きを読むread more

安能寺 (奈良県御杖村) 茅葺山門

奈良県東端に位置し、伊勢本街道(国道369号)が通る御杖村 (みつえむら)は、山間の自然に恵まれた村であるが過疎化が 進む村でもある。 その御杖村の中心地菅野集落の山麓に、茅葺の鐘楼門形式の山門 を構えるのが安能寺である。 安能寺は、弘仁年間(810~824年)、弘法大師空海が 女人高野の候補として開創したと伝えるが、室…

続きを読むread more

お寺の風景 2021年謹賀新年

明けましておめでとうございます 今年は禍を抜ける年になると信じて、もくもく探索を 続けます 2020年末までに、6千ヶ寺余りのお寺を巡り、 今年は千ヶ寺を目標にもくもく探索を計画しています 皆さまのご健勝をお祈り申し上げます 今まで巡ったお寺の風景を取り上げ、新年のご挨拶とします <四季折々>        …

続きを読むread more

容住寺 (兵庫県伊丹市) 聖徳太子伝説の地

伊丹市荒牧地区は、聖徳太子伝説に彩られた地で、聖徳太子が 大阪四天王寺から宝塚中山寺へ向う途次に、荒牧の地で 馬をとめ、柳の下で休息をとった時に霊感を受け、お寺を 開創したと伝わり、荒牧にはこれに因む伝説が残っている。 こうした聖徳太子伝説は各地にあり、鎌倉時代以降の太子 信仰の深まりの中で生まれたものであろう。 容住寺は1…

続きを読むread more

九品寺 (大阪市北区)

天満寺町通に面して建つ九品寺は、奈良時代前半、行基の開創といわれるが、 その詳細は不詳である。 江戸時代中期の儒学者で、大坂における儒学の先駆者といわれる五井持軒 (ごいじけん)の菩提寺である。 <大阪市のお寺一覧> (1)寺名:九品寺(くほんじ) (2)住所:大阪府大阪市北区同心1-4-8 (3)山号:増輝山 (…

続きを読むread more