最御崎寺 (高知県室戸市) 四国八十八ヶ所霊場第24番

室戸岬の高台に建つ最御崎寺は、807年弘法大師空海が
嵯峨天皇の勅願を受けて開創したと伝え、歴代天皇の信仰が
篤かったといわれている。
また、1341年足利尊氏による土佐安国寺となり、大いに
栄えたといわれた。
長い歴史に存在感を示したお寺には、多くの文化財が存在
する四国霊場である。

かっては、岬から登る参道から山門(岬に向って建つ)へ
至っていたが、現在は室戸スカイライン道路から裏参道を
経て、本堂に至る。

<高知県のお寺一覧>

(1)寺名:最御崎寺(ほつみさきじ)
(2)住所:高知県室戸市室戸岬町4058-1
(3)山号:室戸山 (4)宗派:真言宗豊山派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:807年
(7)本尊:虚空蔵菩薩
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第24番
2)重要文化財
  如意輪観音半跏像:藤原時代 像高82cm
  薬師如来坐像:藤原時代 像高86cm
  月光菩薩立像:藤原時代 像高102cm
  漆塗台盤:1379年
3)県指定文化財
  虚空蔵菩薩懸仏
  ヤッコソウ:天然記念物
4)訪問日:2020年4月7日
  
<アプローチ>

4室戸岬灯台(39-0203)最御崎寺   (6).JPG
                室戸岬灯台

1国道55号前方に室戸岬(39-0203)最御崎寺   (2).JPG
             国道55号前方に室戸岬

2室戸スカイライン(39-0203)最御崎寺   (3).JPG
              室戸スカイライン

3室戸市街地を望む(39-0203)最御崎寺   (4).JPG
          スカイライン道路から室戸市街地

5室戸スカイラインから最御崎寺裏参道入口(39-0203)最御崎寺   (1).JPG
          スカイラインから最御崎寺裏参道入口

6お迎え大師像(39-0203)最御崎寺  (5).JPG
               お迎え大師像

7裏参道(39-0203)最御崎寺  (6).JPG
                 裏参道

8遍路道(39-0203)最御崎寺  (34).JPG
                 遍路道

<境内>

11山門(39-0203)最御崎寺 (22).JPG
                  山門

12仁王像(39-0203)最御崎寺  (20).JPG
         仁王像

13境内(39-0203)最御崎寺 (20).JPG
                  境内

14境内(39-0203)最御崎寺  (29).JPG
                  境内

15大師堂(39-0203)最御崎寺 (18).JPG
                 大師堂

16鐘楼(39-0203)最御崎寺 (11).JPG
                  鐘楼

17多宝塔(39-0203)最御崎寺 (7).JPG
                 多宝塔

18本堂(39-0203)最御崎寺 (9).JPG
                  本堂