聖徳院 (香川県宇多津町) 聖徳太子像

青ノ山(224m)を背に建つ聖徳院は、736年法隆寺の僧行信
によって開創されたと伝え、1264年再興されたといわれている。
鎌倉時代の太子信仰の中、聖徳院は太子信仰の聖地ともいわれた。
太子堂に祀られている聖徳太子二歳像(南無仏太子像)は鎌倉時代前期
の像で、最古類に属するといわれている。
太子像には、二歳像(南無仏太子像)、十六歳像(孝養太子像)、
壮年期像(摂政太子像)が主なものである。

また、聖徳院を菅原道真が訪れたともいわれ、天満宮が祀られいる。

<香川県のお寺一覧>

(1)寺名:聖徳院(しょうとくいん)
(2)住所:香川県宇多津町1423-1
(3)山号:慈雲山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:行信 (6)開創:736年
(7)本尊:聖観音、聖徳太子
(8)その他
1)聖徳太子二歳立像:県指定文化財 鎌倉時代前期 像高67cm
2)十一面観音坐像:町指定文化財 14世紀後半
3)地蔵菩薩坐像:町指定文化財 13世紀中頃
4)訪問日:2019年10月5日

1全景(37-0805)(00)聖徳院 (1).JPG
                  全景

2山門(37-0805)(00)聖徳院 (5).JPG
                  山門

3門前(37-0805)(00)聖徳院 (6).JPG
                  門前

4七福神(37-0805)(00)聖徳院 (9).JPG
                 七福神

5境内(37-0805)(00)聖徳院 (21).JPG
                  境内

6境内(37-0805)(00)聖徳院 (19).JPG
                  境内

7太子堂(37-0805)(00)聖徳院 (8).JPG
                 太子堂

8本堂(37-0805)(00)聖徳院 (10).JPG
                  本堂

9天満宮(37-0805)(00)聖徳院 (14).JPG
                 天満宮

10一畑薬師堂(37-0805)(00)聖徳院 (17).JPG
                一畑薬師堂