中喜来観音堂 (徳島県松茂町)

松茂町を南北に通る国道11号に面して建つ中喜来観音堂は、
藍の商売で繁栄した三木氏が、東京浅草寺の観音に深く帰依
し、1877年浅草寺から聖観音を勧請し建立している。
三木氏は1674年から、ここ中喜来(なかぎらい)で藍の
商売を始め、江戸時代後期に江戸へも進出し、浅草観音に
帰依している。

<徳島県のお寺一覧>

(1)堂名:中喜来観音堂(なかぎらいかんのんどう)
(2)住所:徳島県松茂町中喜来東組7-1
(3)建立者:三木光治 (4)建立年代:1877年
(5)本尊:聖観音
(6)訪問日:2017年6月3日

1境内(36-0702)中喜来観音堂 (8).JPG                 境内

2観音堂(36-0702)中喜来観音堂 (2).JPG                 観音堂