青龍寺 (岡山県新見市) 黒髪山頂付近

かっては阿哲(あてつ)郡と呼ばれた新見市の山並みに、黒髪山
(648m)は位置し、その山頂付近に青龍寺は建つ。
新見市街地から4kmほどの林道を登ると、旧参道があるが、
舗装された林道がお寺まで続き、本堂が見えてきた。

1黒髪山へ(33-4204)青龍寺 (31).JPG
                黒髪山へ

2(33-4204)青龍寺 (32).JPG

3旧参道(33-4204)青龍寺 (29).JPG
                 旧参道

4本堂(33-4204)青龍寺 (8).JPG
                 本堂

本堂の裏手高台に茅葺の観音堂が建ち、そこから脇山道を少し
行くと、<アテツマンサク>の木が樹勢回復治療を終えた姿を
見せていた。
この木は、牧野富太郎によって発見命名された標準木の回復後の
姿である。
 
<岡山県のお寺一覧>

(1)寺名:青龍寺(せいりゅうじ)
(2)住所:岡山県新見市新見2370
(3)山号:黒髪山 (4)宗派:真言宗醍醐派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:9世紀初期
(7)本尊:聖観音
(8)その他
1)観音堂:市指定文化財 17世紀
2)アテツマンサク:市指定天然記念物
3)訪問日:2018年4月30日

11観音堂へ(33-4204)青龍寺 (10).JPG
                観音堂へ

12観音堂へ(33-4204)青龍寺 (13).JPG
                観音堂へ

13観音堂(33-4204)青龍寺 (16).JPG
                 観音堂

14アテツマンサク(33-4204)青龍寺 (21).JPG
       アテツマンサク

15境内から(33-4204)青龍寺 (20).JPG
                境内から