本行寺 (徳島県徳島市)

眉山東麓にあって、寺町の真中に、お寺らしく見えない伽藍を
構える本行寺は、1573年頃、阿波の戦国大名・三好長治の
命によって、現在の藍住町に開創されたと伝え、1586年
蜂須賀家政が阿波の大名となって、城下町の整備に伴い、寺町
が形成される時期に、現在地に移ったといわれている。

墓地には、近松門左衛門の<夕霧阿波鳴渡>のモデルとなった
実在の夕霧の墓がある。

<徳島県のお寺一覧>

(1)寺名:本行寺(ほんぎょうじ)
(2)住所:徳島県徳島市寺町21
(3)山号:高雲山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:日永 (6)開創:1573年頃
(7)本尊:大曼荼羅
(8)訪問日:2018年4月21日

1全景(36-1029)(00)本行寺  (2).JPG
                  全景

2本堂(36-1029)(00)本行寺 (2).JPG
                  本堂

3夕霧塚(36-1029)(00)本行寺 (3).JPG
                 夕霧塚