少林寺 (岐阜県羽島市) 薩摩義士の墓

1754~55年(宝暦年間)に、幕府の命を受けて薩摩藩が木曽三川
の治水工事を行った際、80数名の犠牲者を出した宝暦事件における
犠牲者の一人家山紹珍の墓があるのが少林寺である。
家山紹珍は薩摩藩士永山権四郎の奉公人で、永山が工事に携わっている
間、共に傍に仕えていたが、病死したために、少林寺の住職が葬っている。

少林寺から50mほど西に、自然石に不動明王の梵字が刻まれ、祀られて
いる不動明王は、歯痛や腹痛治癒祈願の信仰があったとか。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:少林寺(しょうりんじ)
(2)住所:岐阜県羽島市竹鼻町狐穴740
(3)山号:面壁山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:拙元 (6)開創:1649年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)家山紹珍墓:県指定史跡
2)白隠筆書跡2件:市指定文化財 江戸時代
3)訪問日:2017年4月30日

1山門(21-0214)少林寺 (7).JPG                 山門

2本堂(21-0214)少林寺 (9).JPG                 本堂

3家山紹珍墓(21-0214)少林寺 (12).JPG
                家山紹珍墓

4不動明王(21-0214)少林寺 (1).JPG
                不動明王

5不動明王石仏(21-0214)少林寺 (3).JPG
               不動明王石仏

6狐穴稲荷神社(21-0214)少林寺 (18).JPG
               狐穴稲荷神社